アーカイブ

自治会の歴史(追加1)平成22年以降、広報「あすみ」から

「あすみ」130号(2018.5.13発行)に、川上さんに整理して頂いた資料をもとにして、あすみ1号から130号の記事を、次の4区分にして纏めて報告した。

1.基礎作り期(~平成7年頃、会長:飯高・鈴木・小川・鶴見)

2.成長期(平成8年~14年頃、会長:井上・高橋・泉田)

3.広報「あすみ」の最盛期(平成15年~21年頃、会長:森山・片山・寺本)

4.転換期(平成22年~30年、会長:吉川・井出・長谷部・須田・森山)

このうち、基礎作り期と成長期については、『自治会二十年の軌跡』に、6人の会長経験者の座談会としてよく纏められている。編集は7名で行われているが、当時会長だった片山会長は現役時代にコピーライターをしていたと聞いており、編集が巧みである。

続く最盛期までは、順調に自治会の発展の歴史が「あすみ」に記載されている。

今回は、『自治二十年の軌跡』にはない転換期(平成22年~30年、会長:吉川・井出・長谷部・須田・森山)について少し詳しく補強する。この期間は、広報「あすみ」の発行が少なくなっており、これだけでは十分なフォローが出来ないので、総会報告と実行結果を付け加えて纏めた。

この時期の最初である平成22年、吉川会長の時に、自治会活動の大きな潮目の変化が見られる。そして、現在の森山会長の時期に、自治会30年の歴史で最大の問題に直面している。大きく分けて、3つの変化が見られます。

1.平成22年度、吉川会長の時から、「あすみ」の発行回数が大幅に減少した。

2.平成26年度、長谷部会長の時、「あすみ」の発行回数の減少による会員への情報伝達力の低下を補う手段として、ホームぺージの再開と新たにブログの提案がなされ、実行に移った。しかし、平成28年度須田会長の時に、会長側から総会にブログ閉鎖の提案がなされた。総会で大きな議論を巻き起こし、1年継続審議となり、平成29年度の総会で、廃案となり、従来通り、ホームページ・ブログの継続が認められた。

3.平成29年度、森山会長の時、会則の大幅改定自治会館建て替えプロジェクト自治会の法人化という自治会30年の歴史で最大と思われる問題が役員会の多数決結果ということで、提案され、大きな議論となった。会則の改訂は、一部変更はあったが、大筋は総会の決議として承認された。法人化と自治会建替えプロジェクトについては、平成30年度に検討されることになった。しかし、必要情報の共有が不十分と考え、筆者は広報担当の立場から、ブログに情報の提供を行っている。IT委員代表も、ホームページのリンク先の「新あすみが丘エクスプローラー」に情報を提供している。

以下、各会長について、特記事項を少し詳しく述べる。

1.吉川会長:従来年4回~6回発行されていた、「あすみ」の発行回数を2回に限定した。珍しく「あすみ」に会長挨拶を一度も書いていないのいで、運営方針は分からない。

2.井出会長:「できるだけ役員の意見を尊重し、役員会がオープンで効率的に進めるように努める」という方針で進めた。

3.長谷部会長:会員間の風通しが悪いと感じ、ホームページの再開ブログの新設を提案し、実行した。

4.須田会長:ブログの廃止を総会に提案した。

5.森山会長:自治会30年の歴史のおいて、最大と思われる会則の大幅改定を主導し、実行した。自治会館建て替えプロジェクト自治会の法人化の提案を主導中。

次回「あすみが丘第一自治会30年野あゆみ」と関連付けて述べる。(つづく)

 

 

 

あすみが丘の夏を彩るアオイ科の花(2)

もう少し足を伸ばしてみました。3種類追加します。DSCF1794

アオイ:あすみが丘3丁目で見かけました。

名前が特定できませんが、背丈以上に伸びています。

この他に、タチアオイ、ゼニアオイもありますが、

時期が過ぎていました。

フヨウ:平川町の梨園で見付けました。DSCF1807

私の故郷は四国の田舎ですが、自生状態で見られました。

あすみが丘の住宅地ではあまり見かけません。

日本を代表するような花です。

富士山のことを芙蓉峰というのをご存知の方もおられるでしょう。

オクラ:5丁目の南にある貸農園で栽培されています。DSCF1790

上記5種と違って毎年、種を播いて作る一年草です。

これもアオイ科です。花が上記5種と似ているでしょう。

同属にトロロアオイがあります。

和紙を作るときの糊剤に使います。

オクラもトロロアオイもネバネバが特徴です。

あすみが丘の夏を彩るアオイ科の花(1)

あすみが丘の夏には、サルスベリの花が目立ちますが、下の方に目をやると、アオイ科の花もよく見かけます。アオイ科の花は、5枚の花弁とその真ん中にある「おしべ筒」が特徴です。みな、あさ開いて、夕方には萎む一日花です。ふだん、気が付かないかもしれませんが、あすみが丘の夏ではあちこちで見かけます。まず、我が家の庭から3種。

ムクゲ:門の脇に咲いています。DSCF1791

以前は、創造の杜にたくさんありましたが、

最近は減っているようです。

なつ、韓国を訪れた時に、たくさん見かけましたが、韓国の国花です。

モミジアオイ:我が家では、大きな鉢に植えています。

DSCF1805秋には、根元から刈ってしまいますが、春になると枝が伸びてきて、毎年、花を楽しんでいます。

 

 

 

ハイビスカス;東南アジア、ハワイで見かける美しい花です。

マレーシアの国花、ハワイの州花です。DSCF1793

我が家では、園芸店が夏休みに入る前に、安売りの鉢物を買ってきました。

大きめの鉢に植え替えると、よく咲きます。

ハワイで見かけるように、大きくはなりません。

広報担当副会長投稿

 

 

 

 

 

 

 

 

集会所建替について考える8つのキーワード

8つのキーワードから、建替問題を考えてみた。判断は皆さんに任せる。(記載は広報担当副会長)。

1.最初のキーワードは、緑地帯活用の可能性

集会所建替プロジェクトは、緑地帯活用の可能性から始まった。活用できれば、現集会所より広い敷地が取れ、30周年事業としても相応しいということでの提案であった。建替プロジェクトと法人化問題は1か月ほどの短期間検討結果の提案であり、十分に練られたものではないと思う。これに対して総会で、「法人化は不要。緑地の活用が出来ない」という意見が出された。

それから、5ヵ月を経た。その後の検討経過の報告が望まれる。もし、当面の建替が難しそうというのならば、現集会所のリフォームプロジェクトに絞る選択肢もあり得る。場合によっては、役員および会員に無駄な作業を強いることがなく望ましいかもしれない。勇気を持って方針変更しても、責められるものではないと思う。

参考)平成29年総会議事録6ページ

2.30年前のあすみが丘都市計画における〈あすみが丘プラザ〉と自治会集会所の役割分担

昭和40年以降、千葉市内で、土地区画整理組合によってなされた40ヘクタール以上の住宅開発は6件ある。良好な住宅団地の供給と公共設備の整備が行われた。

あすみが丘はその代表的な街である。その中で、土気南(あすみが丘)は314ヘクタールで最大規模であり、土気東(あすみが丘)は85ヘクタールでそれに次ぐ。

あすみが丘では、文化・同好会・スポーツ活動の拠点として〈あすみが丘プラザ〉と、自治会活動の中心として5つの自治会集会所が作られた。もともと集会所は集会が主目的で、親睦・同好会については、人数が制限されている。

参考)「千葉市の街づくりにたずさわって」編集委員会編『千葉市の街づくりにたずさわって~百万都市の基礎はこうしてできた~』

3.広報『あすみ』から見る自治会活動の変遷と会員のライフスタイルの多様化

広報『あすみ』によると、平成21年頃までは、自治会の親睦活動は活発であった。しかし、その後は低調になっている。会員のライフスタイルが多様化しており、自治会活動に割く時間が減っていると思われる。建替プロジェクトを考える場合は、よく調査することが必要である。

参考)『あすみ第130号』武山広報担当副会長

4.自治会活動を数量的に捉える必要性

現代は、データで議論する時代である。

先輩たちを含め、会員諸氏が長年にわたって積み立ててきた高額の資金を使う場合は、それにより会員の何パーセントが恩恵を受けるか、数量的に捉えておく必要がある。

いま建替えるとなると、高齢者親睦がまず考えられる。現在自治会員は約650世帯、1400人くらいだろう。高齢者親睦で参加する人は精々20人程度だと思う。既存の集会所については、少人数でも積極的に活用すべきだ。しかし、新築建替の場合は、慎重に検討する必要がある。ブロック別の活用度調査も必要だろう。

自治会集会所が老朽化した場合の建替は、会員全体に貢献する。後の世代に問題を託して、40周年か45周年記念事業で考えればよい。

5.リフォームの場合

現在の集会所をベースにしたリフォームの場合は、費用も限定されており、あまり厳密に考える必要はないだろう。リフォームは増える高齢者会員対策である。バリアフリー・トイレ改造などがそれにあたる。

6.自治会でしかできないこと、自治会では難しそうなこと

千葉市町内会自治会連絡協議会に挙げられている自治会活動の基本アイテムは次の各項である。

〈自主防災組織・環境美化活動・親睦イベント(夏祭りなど)・防犯パトロール・見守り活動・広報誌・ホームページ〉

これらについては、第一自治会は模範的である。しかし、防犯パトロールと見守り隊につについては、参加者の減少が懸念されている。

アンケートには、「デイサービスに関連する在宅介護的使用など」が記載されているが、身内にこのような対象者を持った者には、自治会が関与することは難しいと思うだろう。地域の社会的デイサービス施設の多くは、送り迎え・食事・入浴など自治会では望めない条件が整ったところが多いと思われる。慎重な調査が必要である。

参考)千葉市土気地区(第23地区)町内会自治会連絡協議会

7.土気・あすみが丘全体で考える

千葉市の都市計画の責任者だった専門家からのアドバイスだが、あすみが丘第一自治会という狭い地域で考えると難しい問題も、あすみが丘・あすみが丘東・周辺の土気地域の全体から考えると解決できる問題があるだろうということです。

参考になるのに、佐倉市ユーカリが丘の例がある。ここは〈老いない街〉としての特定の世代に人口が遍在しないような都市計画がなされている。あすみが丘の場合は、5丁目は高齢化が進んでいるが、あすみが丘8丁目やあすみが丘東は若い街であり、全体として捉えれば、まだ高齢化が進んでいるとばかりは言えない。また、最近の傾向として、地域内の近距離の住み替えが進んでいるという。Gターンと呼ばれている。第一自治会でも、最近近隣地区から移住してきた若年層が見受けられる。

一方、あすみが丘で近年みられる大きな変化は、有料老人ホーム・特老・デイサービスセンターなどの高齢者施設の増加である。さらに、土気子供ルームの空き施設を活用した〈カフェたんぽぽ〉のような居場所作りもある。ここでは、駐車場も使える。あすみが丘は高齢者には優しい地域ともいえる。

しかし、将来を見通すと、高齢者施設はまだ足りないかもしれしれない。国土交通省の白書では、東京近隣の3県(埼玉・千葉・神奈川)の空き地空き家率の増加が指摘されている。あすみが丘ではこの現象はまだ顕著には現れていないが、あすみが丘の周辺地域ではすでに空き地空き家の増加というスポンジ化現象が起こっている。この土地は将来、高齢者施設への活用が考えられる可能性がある。

参考)2018年版首都圏白書(国土交通省)

大月敏雄『街をすみこなす―超高齢社会の居場所づくり』(岩波新書、2017年)

8.コンパクトシティ構想で考える土気・あすみが丘

千葉市の資料には、あすみが丘そのものを書いたものはないが、「生活・環境調和ゾーン(郊外部)」には、あすみが丘の環境そっくりのことが書かれている。

「最近ガーデニングを始めた」、「複数の自動車が持てるスペースがある」、「市民農園を楽しむ」、「元気なシニア向けのコミュニティタウン」、{自転車レーン」、「地域の歴史探訪」、「利便性のいい場所が手ごろな価格で買えるようになり、若者が移ってきた」など。

千葉市:集約型都市構造について(2018年5月30日更新)

富岡徹『人口減少時代の都市―成熟型の街づくりへ』(中公新書、2018年)

 

あすみが丘5丁目にお住まいだった日本画の巨匠・田淵俊夫さん

あすみが丘の文化度を高めておられたもう一人を紹介します。

あすみが丘5丁目のプレステージに住んでおられた日本画の巨匠・田淵俊夫画伯です。創造の杜が見えるお宅にお住まいでした。

平山郁夫先生のお弟子さんで、東京芸大の副学長をされており、2017年に75歳で日本芸術院賞を受賞されました。

昨年6月に、奈良・薬師寺の食堂(じきどう)に『阿弥陀三尊浄土図』の巨大な絵が収められました。千年先までも残るような大作です。5年間の制作過程がNHKで放映されました。非常に大きな絵で、あすみが丘のお宅のアトリエには入りきらず、東京に引っ越されたのかもしれません。

薬師寺食堂再建5年の日々

田淵さんの奥さまが、うちの家内の高校同級生の妹さんということで、田淵さんとはちょっとした知り合いです。いつも、院展や個展のご案内を頂いています。

個展では、親しくお話をさせて頂いたことがありますが、気さくな方で楽しい時間が過ごせます。個展に、ススキのある秋の風景を出されていましたが、なんとなく土気の風景を感じました。お聞きすると、ワンハンドレッドヒルズの奥の谷津田の風景をスケッチしたとのことでした。

墨で書かれた桜の花は不思議なことに、ほんのりと桜色を感じました。

広報担当副会長

 

両陛下の肖像画を描いた野田画伯とホキ美術館

5月21日、野田弘志画伯が描いた両陛下の肖像画が収められた、と宮内庁から報道がありました。

両陛下肖像画

私たちは、この肖像画を今すぐに、見ることは出来ません。しかし、野田弘志画伯が描いた素晴らしい肖像画のいくつかを、あすみが丘東にある「ホキ美術館」で鑑賞することが出来ます。野田画伯は「ホキ美術館」を飾る主要画家のお一人です。

今展示されているのは、詩人・谷川俊太郎さん、ノーベル化学賞受賞の野依良治さんの肖像画です。この他に、ホキ美術館の創始者の保木将夫さんの肖像画をありますが、今は展示されていません。

谷川俊太郎さんと野田弘志画伯のギャラリートークがありました。ご覧ください。

谷川俊太郎Ⅹ野田弘志:美術と自然と教育と

谷川俊太郎さんは、前にも紹介しましたが、土気南小学校の入学式、卒業式でも校長先生のお話に引用されるように親しまれている詩人です。

野依良治さんとは、たまたま先月お話をする機会がありました。野田画伯とはお知り合いだそうです。

保木將夫さんは、ワンハンドレッドヒルズの元・第一自治会会長の寺本さんのお宅の隣に住んでおられます。私は美術館収蔵の絵について、時どきお話をする仲です。サマーフェスティバルにはいつも協賛金を頂いています。ホキ美術館には、あすみが丘の文化度を高めて頂いています。

広報担当副会長

 

千葉市コンパクトシティ構想と土気地区

会長の「集会所建替に係るアンケートのお願いについて」の始めに、千葉市の「コンパクトシティ・プラス・ネットワークの街」構想が引用されています。
全国で展開されてきたコンパクトシティ構想およびその千葉市版については、勉強されている人も少なからずいると思いますが、それと土気地区の関係について、説明できる人は多くないと思います。実は、私もその一人です。そこで、広報担当として、少し解説します。次をクリックしてください。これが、千葉市のコンパクトシティ構想です

千葉市:集約的都市構造について

「都市機能を集約した複数の拠点が公共交通と連携した多心型の都市構造」がポイントです。一極集中ではなく、多核的構造です。このような構造を「団子と串」構造ともいいます。千葉市の場合は、千葉都心、幕張副都心、蘇我新都心の3都心を中心にして、幕張・稲毛・都賀・鎌取のJR駅周辺に4重要地域拠点を配置しています。その他に、9地域拠点を設けています。千葉から東京よりのJR京葉線・総武線の5駅周辺、市原寄りの浜野周辺、外房線の誉田・土気周辺、モノレールの千城台周辺の9拠点です。この3+4+9の拠点に人の流れを集約して、財政健全化を図ろうとしています。各地点の計画と問題点を簡単に纏めます。

千葉都心:千葉駅周辺の開発が進行中。問題点として、三越・パルコ跡地の再利用。

幕張副都心:ショッピング・娯楽・ビジネス・研究・教育のセンターとしての総合的計画。新駅の建設。

蘇我新都心:工場跡地の再開発。娯楽・スポーツ・ショッピングの総合センター。

重要地域拠点として鎌取:緑区の中心として、人口は増加中。

さて、我が土気・あすみが丘地域はどうなるのでしょうか? 千葉市の計画が、我々の地域にプラスになるのか否かもはっきりしません。いわんや、自治会とどう関係するかも分かりません。住民の我々自身が考えねばならない問題です。キーワードは次の諸点です。

1)我が自治会も高齢化が進んでいますが、まだ、地域は良い住宅地を維持しています。

2)70歳過ぎるまで仕事を続ける人が多くなり、また女性の従業率も上がり、自治会活動に時間が割ける人が減っています

3)あすみが丘東の新しい住宅地には、若い人が移り住んでいます。

4)あすみが丘周辺には、高齢者向け施設が増えています。

5)あすみが丘5丁目より先に開発された住宅地では、一層高齢化が進む一方、空き地も増えています。

 

どうしたらよいか、皆で考えましょう。次回もっと詳しく議論します。広報担当副会長

 

(やさしい参考文献)

諸富徹『人口減少時代の都市』(中公新書、2018年)

 

都市工学の専門家からのアドバイス

『あすみが丘第一自治会 30年のあゆみ』に筆者が書いた「千葉市人口統計表から読み取るあすみが丘5丁目」を、友人で千葉市の都市計画の元ヘッドだったHさんに送りました。
20年前の人口統計と現在を比較して、その変化の大きいことに驚き、20年先の自治会、さらに広くあすみが丘全体の長期計画を考えると、変化はもっと大きいだろうと考え、コメントをお願いしました。
次のような参考になりそうな意見を頂きましたので、紹介します。

キーワード的にまとめると次の2点です。

1.一自治会では解決が難しくても、広域で考えると解決できることが多いのではないか。

以下筆者の意見ですが、今朝の日経新聞に「高齢者の高齢化、最も深刻」という記事がありました。今後5年先、団塊の世代の人たちは、75歳以上の後期高齢者になります。15年後で考えると、団塊の世代の人たちは85歳になります。
あすみが丘5丁目という狭い視点に立つと、対策が取れそうにありませんが、あすみが丘全体という広い視点に立つと、最近の老人施設の建設に見るように、対策がありそうです。
また、駅の北側の古い町内などをみると、空き地が増えてきて、まだ老人施設を作る余裕がありそうです。
駐車場もたっぷりとれて、ゆったりしたデイサービスセンタ―も出来そうです。
都心ではこのような空き地はなく、通勤距離が遠い土気周辺は反って将来性があるということです。自治会に限定せず、広い視野で考えましょう。私たちが死んだ後のことですが。

2.「都会田舎」

あすみが丘に住んで感じるのは、都会と田園が隣り合っていることです。第一自治会第5ブロックのすぐ隣には、自然豊かな谷津田があります。
これは、子育てをする若い世代が、また見直してくれる可能性があるとともに、老人施設などを作る空き地がまだあるということにもなります。この特徴を生かした将来計画が望まれます。

広報担当副会長

 

点字ブロック

またまた、親切をした話。
一昨日、土気駅前でバスを降りると、白杖をついて中年女性がいました。
小雨が降っていたせいか、点字ブロックを見失ったようで,とんでもない方に歩き出しました。
うしろから、「駅へ行くのですか」と声を掛けると、「そうです」という。
点字ブロックのところまで、連れて行ってあげると、駅へ向かい改札を通って行きました。
ちょっと、手助けすると、無事行けるのですね。
広報担当副会長

近隣の自治会(9)まとめ

近隣の自治会の活動を纏めてみました。

あすみが丘第一自治会も含め、近隣の自治会活動の基本は、次の諸点です。いずれも、地域に密着して屋外活動です。

自治会ごとに、活動に濃度の差がありますが、第一自治会は歴史に支えられ、街の安全、福祉のために、トップクラスの活動をしています。歴史だけでなく、第一自治会管轄の地域の街並が整っているのも、これらの活動に有利に働いています。
1.各自治会の共通の基本は「防犯パトロール」。(筆者は週1回)
2.高齢化が問題になっている自治会ではそれに「見守り隊」。(筆者は月1回)
3.各自治体の管轄地域の公園等の「環境美化活動」。(筆者は年2、3回)
4.「親睦イベント」としてのサマーフェスティバル。(筆者は毎年寄付金を出し、ボランティア活動や行事に参加)
5.行政からの指導での「自主防災組織」編成。(筆者は年1回の避難訓練参加)

次に、自治会館の活用状態を見てみました。外部からの観察だけでは、十分な情報は得られませんが、玄関脇の予定表などをみていると、第一自治会は、よく活用していると思います。手持ちの施設をフルに活用することは好ましい限りです。広報誌、ホームページの活動は、第一自治会はトップクラスです。

高齢者親睦のための「いきいきサロン」の活用も好ましいことです。ただ、全体の会員から見ると、「いきいきサロン」の参加者はほんの一握りだと思います。

最近は、高齢者のライフスタイルが多様化し、自治会行事への参加は必ずしも多くはありません。自治会館の建て替えのような多額の出費を要することは、老朽化が問題化した場合は別にして、よくよく議論をした方が良いでしょう。

五木寛之の『百歳人生を生きるヒント』という本をお読みになった方もいると思います。その中に、「80代の自分ファースト」という章があります。我がままに生きろと言っているのではありません。現役時代は、多かれ少なかれ、人から命令され、人に命令し、窮屈な思いをしてきたが、人生残り少なくなったら、自分をもっと大切にして、残りの人生を楽しもうということです。私が常に思っていたことが書かれています。今の自治会は、窮屈なところがあります。

もっと自由なところで人生を楽しみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。