骨折


W杯で活躍が期待されたコートジボワールのスーパーストライカー・ドログバ選手…。
日本代表戦で肘の骨折をしてしまいましたね。
翌日の手術が成功はしたものの全治4週間とのこと、出場は微妙ですね。
というか全治4週間というのは驚きです。早いです。まあ折れ方にもよるのでしょうね。
犬猫の骨折の治癒期間は場所と折れ方、その後の治療法にもよりますが、一般的には
10週間程度と言われております。結構時間がかかるんですよ。
小型犬の飼育頭数の増加に伴い前肢の骨折は多くなっています。
椅子やソファーから飛び降りて降りて折れたという子に何度となく遭遇してます。
本当に気をつけてくださいね。

このレントゲン写真は、昨年、他院より紹介いただいたチワワの子の前肢骨折の術後写真です。折れている場所は中央やや左側の矢印部分です。骨の厚みは4mmぐらいです。今はすっかりよくなって元気に走り回ってくれてます。
ちなみにドログバ選手が折れたのは「Drogba?」のあたりかな?
この骨が尺骨です。肘を曲げて、飛び出していて、触れる…そう、それです。
ただでさえ厳しいGroup Gで、ドログバなしでの予選突破は難しそうですね。
(Group Eの心配はさておきますね(-_- )/といいつつガンバレ日本!)
MAKUHARI Beans Petclinic
http://www.beans.jpn.org

Motto

今回は当院のモットーを。
1.わかりやすい診療。
2.動物の気持ちを考える。
3.治療の主役は飼い主さん。
4.日々勉強。
1,2 ,4 は当たり前で、モットーして揚げるのも恥ずかしいところですが、初心忘れるべからずということで、お許しください。
3番目の「治療の主役は飼い主さん」については「?」かもしれませんが、
「その子の異常に気付いてくれる。」
「その子を病院に連れてきてくれる。」
「その子にお薬を飲ませてくれる。」
これらのことをしてくれるのは当たり前なんですが常に飼い主さんです。
もちろん獣医師、看護師が異常に気付くこともありますが、病院にその子を連れて来てもらえないことには治療はスタートしません。手術をするにしても同様です。高価なよく効くお薬でも飲ませてもらわないことには意味がありません。
そんな訳で治療の主役はやっぱり飼い主さんなんです。
わからない時にお手伝いするのは動物病院の仕事です。
何でもどうぞお気軽にご相談ください。

やんちゃ盛りの”金時”です。日向ぼっこ中…。
MAKUHARI Beans Petclinic
http://www.beans.jpn.org

暑さじわり


徐々にというか、いきなり暑さ増しております。
真っ昼間のお散歩は意外と暑いのでご注意を。
↓ちょっとこんなのも見ておいてください。
http://www.beans.jpn.org/mame.html
気温の上昇は吸血節足動物たちの活動性を増加させます。蚊、ノミ、マダニの吸血3兄弟?の対策をしてください。特に蚊が伝搬するフィラリア予防は必ずしてあげてください。この地域では5月から12月までの予防が推奨されております。
明日から病院の前に看板を置かせていただきます。
お散歩中にもチラッと見ていただける情報を、と思いまして。
「看板に『ランチ始めました。』って書いてたら、また知らないおっちゃんが入ってくるぞ。」という突っ込みもあるかと思いますが、敢えてのカフェ看板です(^-^)
MAKUHARI Beans Petclinic
http://www.beans.jpn.org

『幕張ビーンズ・ペットクリニック』Blog開設しました。


幕張町5丁目の動物病院です。昨年2月に開業したばかりの動物病院です。
場所はCARKEYSさんの向かいでらーめん「開」さんと新聞屋さんの間です。
それほど目立った外観でなく、なまじ小綺麗にしたもんで、地域の皆さんに動物病院だと気付かれないこともしばしば。
下校途中の小学生たちに美容院と間違えられてしまったり…(-_-;
場所がわからなかった方から「目立たないよ!」と注意されてしまったり…(-_-;;
どこぞのカフェと間違えられて夜遅くに酔っ払いのおじさんが入ってこようとしたり…(-_-;;;
もう少しうまく存在をお伝えできればと思い、
『幕張エリアでBlogと言えばマクスタ!!』
ということでBlogを開設いたしました。
そのうち、美味しいHotdog食べながら「ああ、あそこね。」
なんて言ってもらえるようになれば嬉しいなと思っております。
病院からのお知らせや情報をホームページと連動して、お伝えできればと考えております。
http://www.beans.jpn.org
↓携帯より閲覧されている方はMobile Siteをご覧ください。
http://www.beans.jpn.org/i
**********************************************
動物病院という性質上、コメントなどでの質問によるトラブルが発生する事例が多くあります。そのため当Blogではコメント、トラックバックの受け付けを致しておりません。申し訳ありませんが病気に関するご質問、ご相談はお電話で、予防などに関するお問い合わせに関してはメールでもお受致しております。

幕張5丁目の動物病院。外科、内科を丁寧に診察・説明します。