2020年 新人職員の声

実習生だった頃も就職した今も、つばきホームで子どもたちと関わっています。saikyou

日々関わっている中でたくさんの困難にぶつかります。

そのつど子どもたちと話し合いをし、お互いに気持ちをすっきりさせていく中で少しずつ信頼関係を築いていけているのかなと感じます。

間近で子どもたちの成長を見られるのが魅力的な仕事です。

 


 

短大banndouで児童養護施設に興味を持ち、双葉で実習させていただき入職しました。

子どもとの関りで辛い事や悩む事はありますが、子どもの成長を一番ちかくで寄り添い見守る事ができるこの仕事はやりがいと魅力にあふれた仕事だなと思います。

今後も子どもとの関り一つ一つを大切にし気持ちに寄り添える職員を目指していきたいと思います。

 


 

 

本年度から房総双葉学園に入職しました。

福祉に関しては右も左も分からないところからスタートし、さらに新型コロナウィルスの影響で大変な毎日を送ってきました。kase

しかし、頼れる先輩方のサポートもあり一番たいへんな時期はぶじに乗り切ることができました。

今ふりかえると、大変な日々ではありましたが今では自身の成長を実感しています。

今後も、努力を怠らず子どもたちに常にていねいな関わりができるような職員を目指していきたいと思います。

 


 

suenaga

初めて会った時、緊張していた私に、一緒に遊ぼうと誘ってくれた子どもたち。

好きな遊びや有名人の話をする子どもたちの笑顔に次第に緊張がほぐれていきました。

楽しい事ばかりではなく、大変なこともたくさんある仕事ですが、子どもから学ぶことも多く、子どもと一緒に自分も成長できる素敵な仕事だと思っています。

 


 

 

苦手な料理作りも子どもたちに励まされてようやく慣れてきましたが、satouまだまだ子どもたちの好みがつかめずドキドキしながら料理をしています。
台所で料理をしていると子どもは何気ない会話をしてきます。
子どもからの声掛けで励まされり、自信になったりしてやりがいを感じています。

 

 


 

tajiri

他の職場を経験した後双葉学園に入職しました。仕事経験はあるもののやはり双葉1年目。
経験のある職員の方たちに教わりながら、楽しさを見つけている毎日です。
園の子ども達と喜怒哀楽を共にすることは私の糧になっています。