「守られた秋吉台」 山口紀行 その5

 約三億年前に海底にあった珊瑚礁は、
度重なる地殻変動により、陸地と化し
ます。
 地上部はカルスト台地となり、地下
部には鍾乳洞ができます。
 種々の植物や動物も生息し出します。
 遅れてやってきたヒトは、農地(ドリ
ーネ耕作)として活用したり、石灰岩を
大理石として利用します。
 秋吉台は、長い間、自然の楽園でし
た。

 その秋吉台の姿を破壊する動きが、表
面化します。
 アメリカ軍が、秋吉台を爆撃演習地に
すると、表明したのです。

 爆撃演習地となれば、秋吉台の自然は
根底から破壊されます。
 父祖の代から秋吉台と共に日々を過ご
してきた地元の人々は、爆撃演習地絶対
反対を決議します。
 研究者など様々な分野の人々も合流し
て、猛烈な反対運動が繰り広げられます。

 その結果、アメリカ軍は秋吉台の爆撃
演習地化計画を撤回します。
 秋吉台は、全域が国定公園に指定され、
末永く自然が保護されることとなります。

 秋吉台科学博物館には、秋吉台の成り
立ちや自然の説明に加え、爆撃演習地反
対闘争の軌跡も大きく紹介されています。

守られた秋吉台
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     前回の問題 解答
 世界男女平等ランキング(2018年)におい
て、第六位とされているアフリカの国は、
ルワンダです。

 
      今日の問題 
 日本にあるカルスト台地の中で、面積
が最も広いのは、どこでしょう。

 

   夢を実現する学習塾  開 進 学 園
      ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です