リーダー電子工業の原点発見

リーダー電子株式会社が、まだ 大松電気株式会社の頃の測定器で、
倉庫の片隅に埋もれていたのを発見しました。

スィーマースコープと言う機種で、大松電気の主力製品でした。

当時のカタログも見つかりました。


当店の先代が、昭和30年ごろ、テレビの制作に必要が有って
目黒区の創業まもない大松電気に出向いて、購入したものです。

当時まだ白黒テレビの放送が始まったばかりで、東京タワーは
建設中?の頃です。

大卒の初任給が1万円台の頃、この測定器を購入したとは
先代のテレビジョン技術に対する情熱には、頭が下がります。

関連記事はこちら
NTSC方式を変換CBS方式で受信したカラーテレビ

You may also like...

1 Response

  1. ムラ より:

    お父様のお顔  お母様のお顔が思い出されます。懐かしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です