VHSビデオの修理

HR-F13と言うビクターのビデオの
の修理です。
IMG_5805

症状は、ギャーッと音がして早送り、
巻き戻しが出来ないが他は正常です。
IMG_5806

この症状は、メカの状態をコンピューター
に知らせる為のロータリースイッチが
接触不良になってギヤーが噛み合わない
状態でモータが回ってしまう場合が
ほとんどなのでまずそこから点検
IMG_5811

分解してみたら、やはり接点が汚れてる
IMG_5814

2000番のラッピングコンパウンドを
爪楊枝の先につけて汚れを落として
IMG_5825

ナノカーボン接点復活剤を塗布
IMG_5854
これで完了と組み上げて運転したら
全く同じ症状です!??

改めて、メカの動作を確認するために
分解して手動でメカをFF.REWモードに
してみると、ギヤーが噛み合いません。
なんと、ギヤーを押し上げるスプリングが
有りません!!
IMG_5857
内部に落ちていないか確認しましたが
見つかりませんでした。

スプリングのジャンクの中から適当な
サイズのものを探して
IMG_5858

形を作って取り付けました。
IMG_5859
これで完璧に動作をしてくれました。

You may also like...

4 Responses

  1. mamaれんじゃー より:

    そういえばビデオテープ…最近見かけなくなりましたね。
    我が家にも眠っているビデオデッキがあります…
    もう新しく買うことはない(買えないのかな?)と思うので
    直してくださるお店があると心強いです。
    そういえば昔のビデオテープ…随分長い間見てないな…

    • オイッチニ より:

      mamaれんじゃーさん
      長い間見ていないテープはカビが繁殖している事が多いので
      再生する前にテープに白い斑点がないか気をつけてください。
      レコーダーを何ヶ月も使っていない場合は、万一絡んだり
      切れたりしても差し支えないテープで、試してから使わないと
      テープを痛めてしまうことがあります。

  2. オイッチニ より:

    田舎のおっちゃんさん  いつもご覧頂いて有難うございます。

    設計の初期段階ではバネを付けるはずだったのが、プラスチックの力だけで
    押せることが分かり、バネを省略した結果、プラスチックの経年変化で
    この部分の力が弱くなり、症状が現れたのかもしれません。

    此処を押さなけれギヤーが噛み合わないことが解り、バネを掛ける為の
    構造が有ったので、バネを作って取り付けました。
    あらかじめ知っていたわけではありませんでした(^^ゞ

  3. 田舎のおっちゃん より:

    こんばんは。

    修理の腕もさることながら、そこに、そんな形のバネが付いているって、知っているところがすごいです。流石プロですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です