Category Archives: ▼3~5歳児【幼児組】の保育

合同礼拝~サムソンのひみつ~ (3.4.5歳児 幼児組)

平成30年8月3日(金)

今週はいつも水曜日の合同礼拝を金曜日に捧げました。

 

 

DSC03954

今日のお聖話は園長先生から「サムソンのひみつ」です。

DSC03952

サムソンは地上で最も力の強い人でした。サムソンは生まれながらのナジル人として、髪にかみそりをあてる事を神さまから禁じられていました。髪にかみそりをあてないでいるならば、ナジル人としての立場を保ち、神により奇跡的に強められると約束されていました。サムソンはその当時の神の民であったイスラエル人を敵から救出するために、神さまから力を与えられたのです。

サムソンがペリシテ人のデリラという女を愛するようになると、ペリシテ人たちは彼女を利用して、サムソンから怪力の秘密聞き出そうと考えました。デリラは何度もサムソンに強さの秘密をたずねましたが、三度でたらめを教え、彼は本当のことを教えませんでした。

DSC03953

しかし、ある日とうとう、一度も切ったことがない髪が強さの秘密だと話してしまいました。ペリシテ人はサムソンの髪を切り落として力を奪うと、両目をえぐり牢屋に投げ込んでしまいました。しばらくして、ペリシテ人の領主たちはサムソンを大勢の人々の前につれてきました。

弱ったふりをしたサムソンですが、実は再び髪が伸びていたサムソンは、建物を支える柱に寄りかかると力任せにそれを押し倒し、崩してしまいました。こうして多くの人たちが、サムソンと共に建物の下敷きになって死んだのでした。サムソンはペリシテの人たちに復讐をして、ペリシテ人が滅ぶのと一緒に自分も死なせて下さい、と神さまにお願いをして、神さまはそれを認めてサムソンは死ぬことになりました。

 

やられたらやり返すを繰り返していたら、人は幸せになることが出来ません。神さまも喜びません。逆にやられて黙っていても何の解決にもなりません。みなさんもやられたらやり返すのではなく、みんなでお話をして仲直りが出来る人になれるようにとお約束をしてお礼拝を終えました。

 

 



みんな大好き‼ プール遊び (2歳児ほし組)

平成30年8月1日(木)

 

 

3号館乳児棟でも7月の後半からプール遊びがはじまりました。プール前の体操では「エビカニックス」で体を動かし準備体操です。

DSCN4566

3号館の中庭で大好きな水遊びがスタート!夏ならではの遊びを満喫しています。

今年のほし組さんは、水を怖がるお友達がいなくおもちゃを使って遊んだり、お友達同士水を掛け合って楽しんでいます。先生にも「いくよ~」といってはおもちゃを水鉄砲の様に掛けてキャーキャー、ゲラゲラと笑っているお友達です。

DSCN4570

お気に入りの玩具で夢中になって遊んでいます。

DSCN4572

DSCN4574

DSCN4575

容器に入れた水を一生懸命出している様子です。水が空になるともう一度水を入れ、キャップの取り外し、取り付けもできるようになりました。

DSCN4577

今年の夏は猛暑続きですが、子ども達にとって夏は魅力的な季節で、楽しい遊びがいっぱいです。これからも四季の移り変わりを子どもたちと共に楽しみながら過ごしていきたいと思います。

 



1学期終業礼拝(幼児組)

平成30年7月20日(金)

今日は一学期最後の合同礼拝です。

4月から新たに認定こども園としてスタートし、新しい先生やお友だちと出会い、沢山遊ぶ中で大きく成長することが出来ました。そして今日ここに無事に一学期を終え、終業礼拝をまもることが出来ました。

 

今日のお聖話はモーセの後継者「ヨシュア」のお話しでした。

イスラエルの人々はモーセの後継者であるヨシュアに導かれてヨルダン川を渡りました。最初に見える大きな町エリコはとても古い町で、高い城壁に囲まれていました。しかし、神さまのお言葉に従って神の箱と一緒に毎日、町のまわりを1周しました。7日目になると、7周した後に角笛を吹き鳴らしました。すると、エリコの城壁は崩れてしまいました。こうして、神さまに導かれ、イスラエルの人々はそれぞれの部族の領地、「安住の地」を与えられたのでした。

DSC03768

DSC03770

DSC03773

礼拝の最後には、先生たちから夏を楽しく過ごすためのお約束を聞きました。連日続く酷暑に気を付けながら、みなさんが楽しい夏を過ごせるようにお祈りいたします。

そして、明日は一学期の締めくくり、夕涼み会です!みんなで沢山汗をかいて先生・友だちと元気に楽しみましょう!

明日7月21日(土)は15:30~模擬店、17:00~17:15園児集合になっていますので、ぜひ模擬店を楽しんで頂き、集合時間に遅れないように登園をお願い致します。

DSC03774

 

 

 



第1回夕涼み会予行練習(3.4.5歳児幼児組・満3歳児もも組・2歳児ほし組)

平成30年7月12日(木)

今日は夕涼み会の予行練習でした。雨や暑さが心配されましたが、少しく曇り気味みで、ほどよいお天気に恵まれました。神様に守られていることに感謝します。

 

DSCN4380

みんなで集まって元気に夏のお歌を歌い、暑さに負けずに、うちわや花笠、バチなどの手具を上手に使い元気いっぱいおどる子どもたち。

 

DSCN4384

 

2歳児・3歳児クラスの親子踊りでは、年長のお兄さんお姉さんがお家の人の役になって手を引いてあげたり、一緒に踊る姿はとても微笑ましく、年長さんに甘えるお友だちもいたり、異年齢の交流を持ちながら楽しく踊りに参加する事が出来ました。

DSCN4374

DSCN4375

DSCN4383

最後のプログラムは年長組の南中ソーランです!

DSCN4385

体を思い切り動かし力強い波をつくったり、年長さんらしいたくましさも出てきました。

DSCN4386

DSCN4388

 

夕涼み会は1学期のまとめとして、みんなで大きな声を出して、いっしょに汗をかいて盛り上がることを目的としています。4月からいっしょになった新しい先生や新しいお友だちとの一致感や関係の深まり具合を見て頂けたらと思います。

DSCN4377       

 

昭苑こども園第1回夕涼み会は 平成30年7月21日(土) 幼児棟園庭で行われます。

当日15:30~連絡委員会主催で模擬店が開催されます。パン屋さん、飲み物屋さん、ゲームコーナーなどを予定しています。

17時園児集合し盆踊大会の始まりです。

みんなで汗を流し、大きな声を出して踊った後は花火大会を予定しています。

未就園児や卒園児が参加できるプログラムや、会場にいる方みんなで楽しんで頂けるプログラムも用意しています。親子のふれあいや、親同士の交流・親睦の場にもなればと願っています。この機会に、一人でも多くの知人・友人を増やして下さい。

 

 

 

 



合同礼拝・7,8月合同誕生日会(幼児組)

平成30年7月11日(水)

 

今日の合同礼拝の聖話は先週の続き「モーセ物語後編」でした。今週はモーセたちがエジプトからイスラエルに向かって出発するところから始まります。

DSCN3619

モーセが先頭に立ち、イスラエルに向かう途中、道に迷わないように「昼は雲の柱・夜は火の柱」をたててくださり神さまは導いてくださったのです。しかし、後からエジプトの兵士たちが追いかけてきて海に追いやられてしまいました。

そこでモーセは静かに神さまにお祈りを捧げ、両手を海の方にかざすと、海が二つに割れモーセ達は海を渡り、兵隊から逃れることが出来たのでした!!そして旅を続けていくうちに食料がなくなりみんなから不満が出てきました。

どんな時でも神さまを信じるモーセは神さまにお祈りを捧げると空から「マナ」が降ってきてみんなを助けてくれたのでした。旅の途中のシナイの山のふもとに差し掛かると、神さまはモーセにシナイの山に登るようにおっしゃいました。

モーセは山に登ると神さまから「10の戒め」を頂き、神さまとの大切な約束を人々に伝えていったのでした。聖話の最後に、先生方からモーセさんの讃美歌「ナイルのきしの」を聞き、神さまの愛を十分に与えられているにもかかわらず、目先の困難に不満を繰り替えすイスラエルの人々から、わがままを捨てて神さまに従うことの大切さを学びました!

DSC03733

礼拝後は楽しみにしていたお誕生日会です!

7月8月合同で行い22名のお友だちをお祝いすることが出来ました。とても元気にお歌も歌えました!

DSCN3626

 

そして学年ごとに大きく成長した姿を発表する時間です!

DSC03744

年長組は…「言葉あそび」です!清音・濁音・半濁音をはっきりと発音し、そのあとには沢山のことわざを発表しました。最後には♪あいうえおほしさま♪も歌え、楽しく50音を覚えています!

 

DSC03749

年中組は「ピアニー奏」でした!まずは指遊びで1~5の指をしっかりと動かし、1オクターブを吹いてみました!正しい指使いを覚えながらこれからも楽しく遊んでいきましょう!!

 

DSC03751

年少組はカスタネットを使った「リズム打ち」です。キラキラ星のリズムに合わせて上手にカスタネットを打つことが出来ました!

7・8月生まれのお友だち、お誕生日おめでとうございます。これからも神さまに守られて子ども達一人ひとりが大きく成長していくことをお祈りいたします。

 

 

 



モーセものがたり上(幼児組の合同礼拝)

平成30年7月4日(水)

毎週水曜日は合同礼拝の日です。今日のお聖話は「モーセ物語(前編)」でした。

エジプトのパロ王に奴隷にされ、つらい仕事をさせられたり苦しめられていたイスラエル民族。パロ王がイスラエル民族の乳児を殺せという命令を出しました。ちょうどその時、ある家庭で赤ちゃんが生まれ、家族は悩んだ末見つかって殺される前にナイル川の岸に葦の籠の中に隠しました。そこでなんとパロ王の娘に救われ、育てられ大きく成長し、イスラエルの人々を救うモーセのお話しです。

神さまはどんな困難の中にある人でも助けてくれること、どんな時でも神さまを信じることの大切さを知りました。「モーセ物語の後編」への期待を膨らませ、静かに礼拝のときを持つことが出来ました。

DSC03669

DSC03670

そして、礼拝の後には、昨日皮を剥いたとうもろこしをみんなで食べました。

自分たちが剥いたことでいつも以上に張り切ってぺろりと食べることができました。とうもろこしが苦手なお友達だちも「一口食べてみようかな」と挑戦していました。「苦手なものでも自分で作業をするとおいしく食べられる!」と笑顔でお話ししてくれたお友だちもいました。

DSC03674

toumorokosi

ぜひご家庭でも、子どもと一緒に食育活動を通して、食事の大切さや栄養素の話をしながら様々な食材に触れ、楽しんでみてください。



幼児組:トウモロコシの皮むきに挑戦!

平成30年7月3日(水)

本日は幼児組全クラスでトウモロコシの皮むきをしました。

 

年少さんでは、むいてもむいても皮が出てきて少し心配になった子もいました。

DSC03630

でも、一生懸命むいたら、きれいな黄色い実がたくさん出てお喜びです。

DSC03636 

 

年中さんは、3人くらのグループで1つのとうもろこしをお友達と仲良くむくことが出来ました。

DSC03646 

むけた時には笑顔がキラリと光りました。

 

年長さんは、丁寧にむくことが出来ました。

DSC03659 DSC03663

雌しべの髭まできれいにとって、さすがです!!

 

どの学年も、皮をむいて自分たちの知っている黄色いトウモロコシの実が出てきたのを見て、とても喜んでいました。

DSC03637DSC03658DSC03666 

普段はなかなか触れることのない調理前の野菜の姿を見ることができ、また1つ成長した子どもたちでした。

とうもろこしは明日の給食でみんなで頂きます。

 

 

 



幼児組6月のお誕生会(誕生児保護者参観)

平成30年6月27日(水)

きょうは、合同礼拝と6月生まれの誕生会が行われ、誕生児の保護者の方が参観に来られました。

お聖話は理事長先生から、「ヨセフ物語」をして頂きました。『夢とき』の力が備わっているヨセフが、どんな困難や試練にも屈することなく成長していくお話しです。自分一人の力ではなく神様がいつも一緒にいて下さり、道を備えて下さることに気付き神への信仰をより深めていくヨセフの姿を見ることが出来ました。

 

DSC03592DSC03593

 

DSC03594DSC03595

礼拝の後は、楽しみにしていた誕生会です!今月は、14名のお友達が誕生日を迎えました。

 

DSC03597DSC03598

 

お歌も上手に歌えましたね♪

DSC03601

 

年長さんは、♪かえるのうたをハーモニカで演奏。吸ったりはいたり、一生懸命な姿はさすが年長さんです!6月のお聖話で聞いた♪ノアの箱舟も上手でした。

DSC03602DSC03604

 

年中さんは、早口言葉で「かえるぴょこぴょこ・・・」を発表!だんだんスピードアップで楽しく言葉遊びが出来ました!

DSC03605DSC03606

 

年少さんは、♪かえるのうたとカスタネットでリズム打ちを発表してくれました。拍子打ちもとても上手で、みんな揃って打つことが出来ました!

DSC03611DSC03612

 

先生からのプレゼントは・・・「けがを しない!」という大型絵本。廊下で、お部屋で、園庭で・・・みんなはお約束守ってるかな?大丈夫かな?言葉をかけあいながら、楽しくお約束が出来ました!

DSC03615

6月生まれのお友だち、お誕生日おめでとうございます。これからも神様の大きな愛に守られて、すくすくと成長していくことを職員一同願っています。



合同礼拝:ヤコブ物語 (幼児組)

平成30年6月20日(水)

毎週水曜日は合同礼拝の日です。恵みの雨に感謝をしながら、心静かにお礼拝を持つことができました。

DSC03560

今日のお聖話は「ヤコブ物語」です。3号館乳児棟の主幹保育教諭・喜多山先生がお話をしてくれました。兄エサウと父イサクをだまして長子の権利を奪ったヤコブですが、神様は最終的にヤコブにイスラエル(努力して頑張り通すの意)の名を与え、神さまがアブラハムに与えた約束が実現する系図に加えました。悪いことをしても悔い改めて神さまに従う正しい道に戻った人には神さまの豊かな祝福があるというお話です。

 

礼拝の後にはみんなで園内の水道、お手洗いの蛇口や排水レバーの使い方の再確認をしていきました。トイレや水道の色々な使い方を知り、家庭や園内だけでなく公共施設等、どこへ行っても困らないようにお約束しました。

 

 

 



幼児組合同礼拝(3.4.5.歳児)

平成30年6月13日(水)

今日は、幼児組の合同礼拝の日でした。

DSC03486

今日のお聖話は主幹保育教諭の土屋先生から「アブラハムとイサク」です。

アブラハムが100歳、妻のサラが90歳の時に神さまから授かった大切な息子のイサクを捧げなさいという、大変な試練を与えられたのでした。しかし神さまを信じているアブラハムはお言葉通りに息子イサクをつれてモリヤの山へいきました。そしてイサクを捧げようとした時に、神さまの声が聞こえ、イサクのかわりにヤギを用意して下さり、アブラハムとイサクは山をおりたのでした。どんなに大変な時にでも神さまを信じて御言葉に従うアブラハムは「信仰の父」と呼ばれるようになりました。

DSC03489

 

お礼拝のあとは園長先生から正しい手洗いの仕方を「あわわてあらい」の歌で教えていただきました。

DSC03493

手には見えない汚れやばい菌がたくさんついていますが…

DSC03492

6月は健康な体のため日々の習慣が大切なことを子どもたちに伝えています。好き嫌いをなくしたり、食後の歯磨きをしたり、手をきれいに洗う習慣が子どもたちに定着するようにご家庭でもご協力頂けたら幸いです。



Next page →