6764c69c372455942d4a7b78cd9536f3_m

お釈迦様はなぜ金色なのか

たまにゴルフもするセラピスト、ナツコです。

 

先日、久々にゴルフへ行ってきました⛳️

言うまでもなく、全身筋肉痛です

20代バブル期に始めたゴルフ。

30〜40代はほとんどしていなかったこともあり、まったくのド下手ですが、行くと楽しい。

森林浴ができるのも魅力の一つです。

お天気も良く、太陽の日差しを浴びながら自然の声や空気に五感を傾けてきました。

海へ行っても山へ行っても、ついつい日焼け対策を忘れがちなので、色白とは無縁になってしまいました。

美白命・化粧品マニア・ネイル&ファッション大好きだった20〜40代。

50代になってやっと、自然体でいることの素敵さがわかってきました。

自然の風景をバックにした時に違和感なく溶け込める自分を目指しています(笑)

 

私は仏教徒で、時間があればお説法をたまに聴きにいきます。

人間は、悟りを開くと何も欲がなくなるそうです。

なので、お釈迦様は身をまとっている布以外に何も身につけていません。

お釈迦様といえば金色の像を想像してしまうのは私だけでしょうか。

ネットで調べると、木や石などで作られているものもあるのですが、黄金色に光り輝いているものも多いです。

欲がないのにゴールド・・・

お釈迦様が亡くなった(入滅した)際、皮膚の色が金色に変化したと言われているので、そのためでしょうか。

なんとなく、違和感があった私ですが、ある日ふと気付きました。

お釈迦様が金色なのは、内から輝いていることを意味しているのだ、と。

心が愛で満たされている人は、誰にでも優しく、内側から輝いている。

何も着飾らなくても、その人の内面が愛で満たされていれば光り輝いているということでしょう。

はい、私が着飾らなくなった理由は、お釈迦様の教えを勉強し始めてからでした〜

これからも、海水浴、森林浴、日光浴、月光浴など、自然と対話しながら内面を磨いていきたいと思っています。

※お釈迦様が金色なのは、ネット上を探せば諸説あります。

 


sjyauDbG3fnsapx1538479182_1538479238 (1)

ヒプノセラピー(催眠療法)により自然治癒力を高め、心と体を健康にするお手伝いをしています。

前世療法/年齢退行療法/暗示セラピー/対話セラピー/子宮セラピー/インナーチャイルドセラピー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です