VHS-Cビデオカセットアダプター修理の続き

先日のVHS-Cカセットアダプターの修理で
テープを差し込むと蓋を閉める前に
モーターが動き出してしまい、テープを
噛み込んでしまいました。
蓋とモーターコントロールの関係を
調べる為に再度分解して動作を解析

この板バネがへの字に曲がっているため
蓋が閉まるまでコントロールスイッチを
ロック出来ない状態になっていました。
IMG_6123
板バネが曲がった原因は、故障でツマミが
ロックされているのに、ツマミを無理に
スライドさせた為でした。

板バネを伸ばせばよいのですが、
レバーに溶着されていて外せません!
IMG_6122

しかたがないので、溶着ダボの頭を
ドリルで取り除き外します。
IMG_6124

板バネを伸ばそうとすると、真っ直ぐに
伸ばすのは結構難しいです。
IMG_6125

板バネの取付は、ダボの位置に1.4mmの
ドリルで穴を開けて、1.5mmのタッピング
ネジで固定しました。
IMG_6126

これで、Cカセを入れても、蓋を閉めるまで
ローディングが始まりません。
IMG_6138

カセット蓋を閉めると、この位置まで
テープが引き出されローディング完了です。
IMG_6140
VHSデッキに入れて動作確認して終了です。
パナのアダプターの機構が解ったのが、
今回の最大の収穫でした。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です