KYZ73の修理・・超困難・・完璧修理

KYZ73の修理を、多数手がけた中で
今回は、予想以上に困難でした。
ボタンの反応が悪くなったらしく
ご自分でボタンの代わりになりそうな
プラスチックの小片をシリコンゴムの
ようなもので、接着してあります。
IMG_9732

内側を開けて見るとこの通り
ゴム部分がぐちゃぐちゃです
IMG_9735

基板の側は、タクトスイッチにゴム状の
糊が張り付いて、スイッチの動きが
悪くなっていましたが、糊の除去と
分解手直しで、解決しました。
IMG_9746

光硬化型の接着剤で、ボディーの割れを
接着。
IMG_9776

基板を固定するダボを修復。
黒い楕円形は、新しく取付たボタンで、
翌朝まで
接着剤の完全硬化を待ちます。
IMG_9783

ONボタンは、取り除いて新たに作成
して取り付けるのですが、取り付ける
スペースが無いので、削って確保
IMG_9778

このようにはめました。
IMG_9779

開閉ボタンも全く利用できないので、
テレビのリモコンから調達したボタンを
取り付けたのですが、押し込む深さが
深すぎて、ボタンが剥がれそうで、更に
感触が非常に悪いので、試行錯誤の結果
ボタンのスイッチに触れる側の表面に
0.8mm厚の硬質プラスチックを接着して
解決しました。
その結果シリコンゴムに各種素材を
接着する方法を習得できたので、
今後の仕事に役に立ちます。
今回、これが最大の収穫かもしれません
IMG_9785

接着剤の硬化を待って、翌日の朝に
これで終了!と、ケースを閉じて
テストしたら・・?!
時々動作がおかしい・・・・・
再度分解して外部電源をつないで
基板をひねると症状が出たり・・
出なかったり・・何処をひねっても
症状が変化して断線箇所が不明
拡大鏡で見ても見つからない・・
翌日、
改めて挑戦・・
この状況はICのピンの半田浮きの
場合があるので、再ハンダしたら
やっと安定しました。
組み立てて完了しましたが、作業に没頭
して写真を撮り忘れた・・・・
難しいと、ついムキになってしまって
採算度外視 に なってしまうのですが
いつも、喜んで下さる依頼者さんの
気持ちが伝わってきて、いやされます。

関連記事はこちら
シリコンゴムの接着方法を模索する

You may also like...

4 Responses

  1. バーク より:

    リモコン修理、ありがとうございました。作動状況も含め、完璧に仕上げていただきました。ブログで修理過程を拝見し、あらゆる面からご検討いただいたことがわかり、改めて感謝いたします。今後は大切に使わせていただきますが、再びお世話になることがございましたら、よろしくお願いします。

    • オイッチニ より:

      ご満足いただけて、なによりです。
      ゲート本体が壊れるまでがんばりましょう(^-^;)
      今後ともよろしく。

  2. 張子の虎 より:

    どのような修理も不可能を可能にしてしまいますね!  驚きと尊敬です。

    • オイッチニ より:

      どの様な・・といえるのは、このリモコンと、ビクターのFS-1、
      カシオのデジタルホーンの3機種だけですが、
      このリモコンのIC不良だけは直せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です