サンバル試作報告

Posted on Posted in 千葉市ムスリム対応飲食店情報

突然ですが、みなさんは「サンバル」というものをご存知ですか?

サンバル」とは、サンバルソースとも呼ばれるチリソースの一種です。辛いものから甘いものまでさまざまな味があり、市販品にはシーフード味など多岐に渡ります。
17,000を超える島々からなるインドネシアのサンバルの味わいはバラエティー豊かで、例えばジャワ島のサンバルは、赤トマトと砂糖を使用しているため甘く、スマトラ島は緑トマトを使用し塩が多めで緑唐辛子を使用するため辛いそうです。

 

ムスリムの食事とサンバルには深い関係性があります。日本でいう醤油のイメージに近く、調味料として欠かせません。
千葉市のムスリム対応飲食店では、既にサンバルを購入し提供いただいているお店もありますが、是非フレッシュで千葉市ならではのサンバルを召し上がっていただきたい。
そこで、この度千葉市在住のムスリムに監修してもらい、サンバルを試作しました。

 

 

サンバルの作り方4

材料
△唐辛子 10g-生唐辛子、乾燥唐辛子代用可能(お湯でふやかす)
△トマト 1個-フレッシュトマト、トマト缶代用可能
△玉ねぎ 1/3-赤玉ねぎが日本では入手しにくいので通常の玉ねぎ代用
△ニンニク 1/3
◯砂糖 大1
◯塩 小1
◯白胡椒 少々
⚫油 適量-植物性油使用

 

調理方法
1、乾燥唐辛子(輪切りタイプ)をお湯につけて柔らかくする。
2、乾燥唐辛子が柔らかくなったら、△の材料をフードプロセッサ-に入れて、ゆっくり荒めに細かく切りミックス
3、油が温まってから、△がブラウンになるまで炒めつつ◯で味を調える。

※ホームメイドサンバルの賞味期限は2週間ほどです。

 

 

ご協力いただいたインドネシア人留学生より「日本ではサンバルが食べられないと諦めていたので食事と共に出てきたら本当に嬉しい。今回の様に調理したサンバルはフレッシュで味わい深く市販品と全く違う。ムスリムにとって最高のサプライズです。」
また、幕張本郷にあるビジネスホテルメイプルイン幕張に宿泊していたインドネシア人旅行客に朝食の際、このサンバルを試食頂いたところ皆さん大喜びで、朝食をとらないであろうと思われたお客様も、サンバルがあると知るとご飯にのせて召し上がっていたようです。
サンバルが千葉市ムスリム対応飲食店のおもてなしの一つとなったら嬉しいですね。

 

5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です