溶岩大地の島 ハワイ島

すっかり秋の肌寒い日本を離れ常夏の島ハワイに行って来ました。

ハワイと言っても今回は自然に満ちた島、ハワイ島に行って来ました。

JAL直行便が就航され、成田ーコナ間が7時間程のフライトで飛べます。

小さいコナ空港に降り立つと先ず目に入ってきたのが黒いコンクリート・・・と思っていたら黒い溶岩だそうです。

空港からホテルに向かうバスの中からもずーっと黒い溶岩大地が広がっています。

今回の旅行はこの自然に満ちたハワイを満喫したいと思い、キラウェア火山を歩いたり、マウナケアでスターウォッチングをしたり、そしてもちろん常夏の海で遊んだり・・・と

滞在したホテルもカイルア・コナの地域にあり、海やショッピングやレストランやどこへでも歩いて行け、とても便利でした。

DSC_0383

DSC_0377

島内一周のツアーにも参加し、黒い溶岩からできた黒い砂の海岸では大きなウミガメが何匹も海辺を歩いていました。

DSC_0405

DSC_0401

そして火口から噴煙が上がっている火山を見たり、ジャングルの中をトレッキングして小さな滝、アカカ滝を見に行ったり。

DSC_0409

DSC_0426

今回最大の目的でもあったマウナケアのスターウォッチング。4205mもの高さのあるマウナケアの頂上から星を観察するもの。

頂上まで車で登れるので観光客にとても人気のあるスポットです。

ただ4000m以上の高度に慣れるためには頂上に行く途中で何回も休憩を取りながら登って行きます。

最後の休憩地点は標高2800mの鬼塚ビジターセンターです。そこで夕食のお弁当を食べ、いざ頂上に向かいます。

所が・・・私たちが行った日は朝から雲は多かったのですがマウナケアの頂上は雲がないでしょうという事で出発しました。

そして鬼塚センターで食事をした後、レンジャーからの報告が入り、

頂上はヒョウが降っていて道路が凍結しているため頂上への道は封鎖になりました!!  何という事だ!!

がっかりです・・・でも自然には刃向えません。これもハワイ島の自然なのです。

すっかりあきらめて帰って来ました。又挑戦しようと心に決め・・・

DSC_0438

そして翌日は気持ちを切り替え、折角のハワイ・・ホテルのプライベートビーチで思う存分楽しみました。

泳いでいる足元に魚が沢山泳いでいました。やっぱり海も良いですね~。

1510544730885

DSC_0373

自然がいっぱいのハワイ島、又是非来たいと思います。

そして、ハワイ島の夕日は格別にきれいでした。

DSC_0484

今年の紅葉は栂池高原で

夏に白馬の栂池高原に行った時に泊まったホテルの人から聞いた紅葉のスポットを求めて先週白馬に行って来ました。

一つは小谷温泉にある隠れたスポット、鎌池の水面に映る紅葉。

美しかったです!

DSC_0297

DSC_0297

DSC_0283

DSC_0283

 

そしてもう一つは夏にも歩いた栂池高原の紅葉です。

真っ盛りの素晴らしい紅葉を見る事ができました。
特にゴンドラからの景色は絶景でした!

 

DSC_0307

DSC_0307

DSC_0325

DSC_0325

DSC_0329

DSC_0329

DSC_0341

DSC_0341

DSC_0345

DSC_0345

今年は夏も秋も栂池の景色を満喫することができました。

こんなに絶景の紅葉は又来年も行きたくなりますね。

 

オリエンタルな香り・・・パチュリ

今日から9月ですね。

今年の夏は前半の猛暑から始まり8月に入ると突然涼しくなったり・・・と気温の変化に体が追い付かず体調を崩された方も多いのではないかと思います。

この2~3日は気温も20度前後、もう既に秋の気配ですね。

身体は何だかホッとする感じですが、今までの激しい夏の疲れが一気に出てくる時期でもありますよね。

そこで最近サロンにお越しいただくお客様にお奨めしているアロマがあります。

それは「パチュリ」です。

 

Patchouli

 

多年生のシソ科の植物で70㎝程に生育し、東南アジアが主な産地です。

オリエンタル調で、東洋的なイメージが強い重い香りです。 土を思わせる温かみのある甘い香り・・・

例えて言えば墨汁のような香りです。

緊張や不安やイライラしている気持ちをふーっと和らげてくれ、気持ちをグラウンディングさせ安定させてくれます。

又パチュリ精油には身体を温めると同時に消炎する作用もあり、過労やストレスからの疲れを取り除いてくれます。

この夏の猛暑や激しい温度変化から来る体の疲れやストレスを癒すためにとても良いアロマとしてお勧めしています。

個性的な香りの精油なので人によっては好き嫌いがあるかも知れませんね。

サロンでは先ず何も言わずにパチュリの香りを嗅いで頂き好きな香りかどうかをお聞きします。

皆さん「良い香りですね、何の香りですか」と言われます。

きっとこの夏の疲れが溜まっている皆さんの体が求めていらっしゃる香りなのだと思います。

パチュリはベースノートと言って香りを長く持続する働きもあります。

少しコットンに落としてお部屋に置いておくだけでもずっとパチュリの香りで気持ちが静かになり癒されます。

或いは寝る前にキャリアオイルに落として手足を少しマッサージしてあげると心身共にとても落ち着き安らぎます。

 

fukouritu

 

夏の疲れが溜まったこの季節に是非パチュリをお試しください。

 

八方尾根を歩く

白馬での三日目は標高2000mを超える八方尾根を歩きました。

歩くと言っても殆ど登山と言った方が良いかも知れません。

八方池山荘までは6人乗りゴンドラリフト1台と4人乗りリフトを2台乗り継いで行きます。

リフトなので解放感抜群!! 自然の中を空中散歩しているようでした。

八方池山荘から第2ケルン、第3ケルンを超えて八方池までの2時間30分コースを歩きました。

DSC_0174

DSC_0174

八方尾根も今は随分と整備されていてずっと木道で歩ける所と岩がゴロゴロ出ている登山道コースがあります。

私たちはもちろん木道コースを歩きました。と言っても第2ケルンから八方池までは相当険しい登山道で岩がゴロゴロ・・・

でも、何とかたどり着いた八方池は美しかった!!

DSC_0166

 

DSC_0152

この日は雲が多く周りの白馬の山々が見えなかったのが残念でした。

晴れている日は八方尾根から見える山々が素晴らしいそうです!

登りの時には余裕がなかった高山植物ウォッチングも下りの道で沢山撮影することができました。

栂池では見られなかった高山植物が沢山咲いていました。

DSC_0131

DSC_0127

DSC_0128

DSC_0125

DSC_0126

DSC_0124

DSC_0169

DSC_0160

DSC_0168

 

可愛らしい、珍しい高山植物を見ていると山歩きの疲れも一気に吹き飛びます。

今回も自然から一杯元気をもらってリフレッシュすることができました。

今度は紅葉の時期も美しいと聞きました。又行きたくなりますね。

 

高山植物の宝庫・栂池自然園を散策

栂池高原の麓にあるベルグハウスの朝はさすがに涼しく爽やかです。

2日目はいよいよ標高1800m程の栂池自然園を散策しました。

と言っても自然園まではゴンドラとロープ―ウェイを乗り継いで行きます(*^_^*)

ゴンドラは2つ乗り継いで途中のロープ―ウェイの駅まで行きますが、乗車時間は何と20分程。日本一長いゴンドラと聞きました!

更にロープ―ウェイも2基乗り継ぐと白馬の山々に囲まれた広大な草原、湿原の栂池自然園に到着します。

 

DSC_0108

DSC_0101

山々にはいたる所に雪渓が見えます。今年は去年に比べて雪が多いそうです。

自然園の中にもまだ雪が残っている所もありました。

 

DSC_0089

自然園のトレッキングコースは色々有り、私たちは全体を一周する3時間30分コースを選びました。

途中でお弁当を食べたり、休んだり、のんびりと歩くつもりでした・・・。

所が一周コースには周りの山々を一面に見渡せる展望台も含まれていて、途中は散策ではなく、殆ど登山の様でした。

なかなかきつい所もあり、汗だくにもなりましたが、山々に囲まれた自然園を歩くのはとても気持ちの良いものでした。

DSC_0063

 

DSC_0077

 

特に自然園は高山植物の宝庫です。7月はその種類も最も多い季節。

沢山の可愛いお花を楽しむことができました。

DSC_0084

                 サンカヨウ

DSC_0083

                イワカガミ

DSC_0082

                アカモノ

DSC_0072

                 キヌガサソウ

DSC_0070

               ヒオウギアヤメ

DSC_0118

ミヤマキンポウゲ

DSC_0085

               シラネアオイ

高山植物はこの他にも沢山ありました。7月のこの時点で50種類程のお花が咲いているそうです。

結局夕方近くまで自然園に滞在、又ロープ―ウェイとゴンドラを乗り継いで麓のベルグハウスに帰って行きました。

翌日はもっと標高の高い八方尾根まで行きます。もちろんロープ―ウェイとリフトを乗り継いでですが・・・・(*^_^*)

次回のブログでご紹介します。

 

白馬の山々へ

久しぶりのブログ更新です。

皆様、暑い夏を如何お過ごしでしょうか?

私は一足早い夏休みを7月半ばに取り、猛暑を逃れて白馬に行って来ました。

白馬の栂池高原にあるホテルに3泊し、周りの山々を歩いて来ました。

「星降る高原の小さなホテル」と銘打っているホテル白馬ベルグハウスはとても居心地がよく、お料理も毎晩違うメニューを丹精込めて作ってくれます。

最初の夜は近くの高台で星空を観賞、夜空に長く伸びるポインターで流星群や沢山の星を説明してくれました。正に天然のプラネタリュウムです!

 

星空

 

その後は近くの水田にいる蛍も観賞。源氏蛍と平家蛍を同時に見る事ができ、その違いも良く分かりました。

源氏蛍は光が大きくて強いものです。飛び方も元気よくぴょんぴょん飛んでる感じです。

それに比べて平家蛍は光も小さくやわらかです。飛び方はとても静かで、スーッと消えていく感じです。

天然のプラネタリュウムも蛍の鑑賞も初めてだったのでとても感激しました。

このホテルは毎晩星空観賞や蛍観賞ツアーに無料で連れて行ってくれます。

又泊まりたいお勧めのホテルです。  サイトをご参照ください。 https://www.tsugaike.jp/

 

ベルグハウス

 

次の朝からはいよいよ栂池高原を歩きます。

次回のブログに載せますので是非ご覧くださいね。

 

ユーカリの木

オーストラリアに多く生息し、コアラが好んで食べるユーカリの木。

家の庭にも生息しています(^-^)

3年前に20cm程の苗木を植えたユーカリの木は今は2m程に成長!どんどん伸びています。

ユーカリは葉の形が丸くて可愛いですよね。

でもどんどん伸びて行く枝の先には可憐なふわふわの葉が付いています。

どんどん伸びていますが、あまり高く伸びると困るので時々剪定した枝をブーケにしてサロンのお客様に差し上げています。

ユーカリは珍しいらしく、とても喜んで下さいます。

小さい枝を切って花瓶にさすだけで、ユーカリの丸い葉っぱが可愛いですね(^-^)

そのまま挿しておいてもあまり香りはしませんが、葉を少しちぎってみるとあのユーカリの爽やかな香りで気分もスッキリ。

梅雨の鬱陶しい季節にピッタリですね。

IMG_6571

 

IMG_6573

IMG_6577

オリジナルロゼット

皆さんはロゼットをご存じでしょうか?
私はつい先日まで知りませんでした。

 

ロゼットとは、元々ヨーロッパの文化で、名誉や役職を表す為のリボンを使った勲章のことだそうです。

 

日本ではよく入学式や卒業式で来賓の方達が紅白のものを付けていますよね。
でも今日本ではオリジナルのロゼット作りがブームのようです。

 

先日リピーターで来て下さっているお客様から思いがけずアージュルポゼのロゼットを頂きました!

 

名前を見てみると、アージュルポゼのロゴが入っています。
インターネットからロゴをコピー印刷してロゼットに入れて作って下さったそうです。
そしてリボンの色はサロンのイメージで白とブラウンだそうです。
嬉しい❣️
感激ひとしおですね💕

 

早速サロンに飾りたいと思います。
或いは胸に付けようかな(^-^)

 

オリジナルのロゼットを作れるなんて素敵ですね。ありがとうございました。

 

IMG_6504

 

IMG_6501

 

ハーブが楽しい季節です

この季節は園芸屋さんに行くと色とりどりのお花だけではなく、ハーブの苗の種類も豊富になります。
サロンでお客様に出しているフレッシュハーブティーにも少し新しいハーブを加えようと、早速苗を買って来ました。
私が今最も好きな香りの一つマジョラムスウィーツのハーブ苗を見つけたのです!
葉っぱを擦って見ると…正にあのマジョラムの香りです。
そしてもう一つはシソ科でミントの香りがするカラミンサ・ネペタ。初めて見つけたハーブですが、香りも良く、可愛らしい小さなお花も咲くそうです。
こんな可愛らしいハーブを増やしたフレッシュハーブティー、お客様に喜んで頂ける事うけあいです。

 

そして色々なハーブを見ている内に観賞用のハーブの寄せ植えも作りたくなり…早速作ってしまいました!
種類はローズマリー、ミント、カラミンサ・ネペタ、レッドルビンバジル、そして飾りにツルニチニチソウ。
ハーブはやっぱり楽しいですね!

 

IMG_6491IMG_6482

 

薔薇の競演@京成ばら園

家から車で約30分の京成ばら園が今満開と聞き、観に行って来ました。

正に園内は薔薇の競演!

何百種類もの薔薇がそれぞれに咲き誇っていました。

アーチに仕立てられたものやフェンスに仕立てられたもの

ばら3

ばら1

ばら4

ばら2

ばら12

ばら11

そして何百種類もの薔薇が独自の色合いと美しい形を見せびらかすように、誇らしげに咲いていました。

 

ばら9

ばら7

ばら5

ばら10

ばら6

ばら8

 

すっかり薔薇の美しさに魅せられた、薔薇に酔った一日でした。

京成ばら園では5月いっぱい位いまではこの豪華な薔薇の競演が楽しめると思います。

皆様も是非!