タグ別アーカイブ: 動物病院

ぶーちゃん&8月のトリミングのお客様vol.1

こんにちは、勤務医の蔵野です

 

今日もおりこうわんこの紹介です

 

 ぶーちゃん 

 

生後3か月のフレンチブルドッグ男子です

スタッフの気配に気づくと、大きなお耳をこちらに向けて大歓迎今後の成長が楽しみです

 

 

さて、8月のトリミングのお写真更新です

今月のスタジオは、ひまわりがテーマです

ワンちゃん達の笑顔と、黄色いお花の相性が抜群の仕上がりとなっていますので、今後の更新もお楽しみに

IMG_9685 ↑ポロンちゃん

 

IMG_9684 ↑るいちゃん

 

IMG_9683 ↑ウィルちゃん

 

IMG_9682 ↑凡ちゃん

 

IMG_9690 ↑太陽ちゃん

 

IMG_9686 ↑ニーナちゃん

 

IMG_9688 ↑小梅ちゃん

 

IMG_9700 ↑ギャビーちゃん

 

IMG_9701 ↑アンちゃん

 

IMG_9708 ↑ももちゃん

 

IMG_9697 ↑コムギちゃん

 

IMG_9699 ↑元気ちゃん

 

IMG_9698 ↑メリちゃん

 

IMG_9709↑ちょこまるちゃん

 

幕張ビーンズ・ペットクリニック

熱中症について

こんにちは、勤務医の蔵野です

 

先日、梅雨が明け、猛暑が続いていますね

海!キャンプ!花火!

…といきたいところですが、暑さが非常に苦手でしてクーラーのきいた室内でばかり過ごしています

 

さて、この猛暑。私たち人間だけでなく、動物たちにも熱中症の危険がすぐ近くまで当院にも、熱中症疑いの動物が多く運び込まれています。

 

発症した状況は様々…

日中のお散歩

長時間のドッグラン

エアコンのつけ忘れ

うっかり外へ締め出し

いつも通りの生活

 

発症しやすい要因として、高温環境での運動は勿論のこと、適温の室内でも、熱中症になる可能性は十分にあります

実際、救急搬送されたヒトの患者さんのうち、1/3~1/2ほどが室内で発症したとの報告もあります。

 

では、実際に熱中症を疑う症状はどのようなものでしょうか。

高体温

呼吸促拍

元気・食欲低下

血尿・血便

意識障害

けいれん発作

このような症状が見られた場合、まずは首・脇・股にタオルで包んだ保冷剤や氷を当ててください。その後、お近くの動物病院へ連絡をお願いします。

熱中症の初期治療のポイントは、「いかに短時間で高体温から抜け出すことができるか」です

 

そのためには、どのように体温を下げるべきかを知り、その準備しておくことが大切です

 

冷凍庫には保冷剤を準備し、お散歩中も携帯

首・脇・股にタオルで包んだ保冷剤や氷を当てがう

全身に水道水をスプレー散布

軽く濡らした身体に、風を当てる

 

どの方法にしても「体温を過度に下げすぎない」ことも重要です

「氷水のお風呂に入れる」と記載している書籍もありますが、急激な血管収縮を引き起こす可能性があるので、お勧めはしません。

 

また大前提として、

室温・湿度管理に気を配る

屋外での活動はほどほどに

日中のお散歩は控え、早朝などに短時間

 

熱中症は生命に関わる可能性があり、緊急性の高い病気です

今年も猛暑が続いております。今まで以上に熱中症予防に心がけて頂けると幸いです

りつ君&7月のトリミングのお客様vol.3

こんにちは、勤務医の蔵野です

 

今日もお利口わんこの紹介です

 

 りつ君 

凛々しいお座りと大きなお耳がカッコいいビーグル男子

ビーグル好きとすると、お鼻と上唇の間のほわほわした毛がたまりません(笑)

その好奇心旺盛な姿は「いつかお空を飛べるはず大賞」を授与したいと思います

 

現在、生後5か月ですが、3か月の頃の写真も公開いたします

 

勿論どのわんこも可愛いですが…

ビーグルは『ビーグルにしかない可愛さ』が愛おしくて仕方ないですね

 

 

それでは、7月のトリミングのお写真更新です

IMG_9535↑キュウちゃん

 

IMG_9537 ↑シャルルちゃん

 

IMG_9555 ↑メリちゃん

 

IMG_9554 ↑メープルちゃん

 

IMG_9549 ↑カレンちゃん

 

IMG_9536 ↑クレアちゃん

 

IMG_9550 ↑茶郎ちゃん

 

IMG_9552 ↑くるみちゃん

 

IMG_9546↑ロンちゃん

 

IMG_9548↑ポロンちゃん

 

お写真はvol.4へ続きます

アイドルきんちゃん

こんにちは、勤務医の蔵野です

 

今日のきんちゃんはこちらです

猫舎をのぞくとアイドル握手会が開催されていました

パッドをぷにぷにしても動じないきんちゃん…

思う存分握手させてもらいました

ちなみに、握手券1枚につき1粒のごはんが必要ですのでお気を付け下さい(笑)

療法食リニューアル&7月のトリミングのお客様vol.1

こんにちは、勤務医の蔵野です

 

当院でも取り扱っております、ロイヤルカナン療法食リニューアルのお知らせです

現在:pHコントロール → 新製品:ユリナリーS/O

と名称が変更になりました。製品によっては大きく変更があるものもありますので、詳しくはロイヤルカナンHPをご覧ください

 

また9月頃には皮膚疾患用療法食のリニューアルも予定されています。詳細が決まりましたら、またお知らせいたします

 

さて、7月のトリミングのお写真更新です

7月のテーマは『海の仲間たち』です

 

IMG_9510↑ロンちゃん

 

IMG_9511 ↑チップちゃん

 

IMG_9515 ↑コムギちゃん

 

IMG_9518 1 ↑秀助ちゃん

 

IMG_9512 ↑九ちゃん

 

IMG_9527 ↑マックンちゃん

 

IMG_9524 ↑ちょこまるちゃん

 

IMG_9519↑トッティちゃん

 

IMG_9526n↑のあちゃん

 

 

vol.2へと続きます

待合室での過ごし方&6月のトリミングのお客様vol.4

こんにちは、勤務医の蔵野です

 

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが…

2018年1月、当院はCat Friendly Clinic ( Gold Level )を取得しました

 

Cat Friendly Clinicとは:

猫にやさしい動物病院の”道しるべ”として国際ねこ医学会(isfm:international Society of Feline Medicine)によって確立された国際基準の規格によって認定された病院のことで、世界的に普及しております。

当院は、今後も猫ちゃん・わんちゃん・うさぎさん…

【すべての動物たちにやさしい病院づくり】を心がけてまいります。

 

 

そこで当院からお願いです

 

わんちゃんのご家族へ

必ずリードを装着し、リードを短く持ってください。フリクションタイプをご利用の場合は、必ずロックをお願いします。

またはキャリー・カートに入れていただき、飛び出さないように扉を閉めてください。

他のわんちゃんが苦手で吠えてしまうなど心配の方は、車でお待ち頂くことも可能ですので、お声掛けください。

 

ねこちゃんのご家族へ

当院の待合室は一部ねこちゃん専用となっております。待合室の中には、キャリーを目隠しするためのブランケットがありますので、遠慮なくご利用ください。

ねこちゃん専用待合室に扉はありますが、必ずキャリーに入れて下さい待合室内でキャリーからねこちゃんを出すことのないようお願いします。

また、ねこちゃんの中には非常にストレスを感じやすい子もいます。自宅で洗濯ネットに入れた上で来院されると、よりストレスをかけずに診察できるかを思います。

 

うさぎさん・ハムスターさんのご家族へ

うさぎさん・ハムさんは非常に敏感・臆病な動物です。

大きな物音などに驚いて予想外の行動を示す子もいます。しっかりと蓋ができるキャリーに入れてください。ねこちゃん待合室でお待ち頂くことが可能です。

 

 

毎日、動物病院には様々な動物やそのご家族が来院されます。

その中には、動物病院が大好きなわんちゃん・外出が苦手な猫ちゃん・体調の優れないうさぎさん。皆さま様々な事情をお持ちです。

来院される全ての方が快適に過ごせるよう、ご協力をお願いします

 

春の予防期間に伴い、診察が混み合う場合がございます。大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いします。

またトリミングで来院の際、予防薬の処方やフィラリアの血液検査などを一緒に承ることも可能です。お待ちいただく時間の短縮にもなりますので、ご希望の方はお申し付けください

 

 

トリミング室からのお知らせ

 

ただ今、8月いっぱいまでのご予約を承っております

7月のご予約がほぼ埋まってきている状況です。

8月の土曜・日曜のご予約もほぼ空きのない状態です。

皆様のご希望に沿うことができずに申し訳ない気持ちですが、ご理解いただけますと幸いです。

また7月1日になりましたら、9月のトリミングのご予約が開始いたします。

よろしくお願いいたします

 

それでは、6月のトリミングのお写真更新です

 

IMG_9444↑アンリちゃん

 

IMG_9461 ↑ホルガちゃん

 

IMG_9460 ↑むぎちゃん

 

IMG_9465 1 ↑ちび太郎ちゃん

 

IMG_9463 1 ↑マックちゃん

 

IMG_9464 ↑ハリ-ちゃん

 

IMG_9470 ↑ウィルちゃん

 

IMG_9469 ↑chicoちゃん

 

IMG_9468 ↑ポロンちゃん

 

IMG_9467↑ぷりんちゃん

 

vol.5へと続きます

だいちゃん&6月のトリミングのお客様vol.3

こんにちは、勤務医の蔵野です

 

今日もお利口わんこの紹介です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 だいちゃん 

艶やかなロングコートが美しいポメラニアン男子

毎回来院されるとスタッフみんなにご挨拶、そして帰宅を拒否…スタッフは一緒にお外までお見送りです

その頑なな姿に「帰りたくない大賞」を授与したいと思います

 

 

それでは、6月のトリミングのお写真更新です

IMG_9448↑シュガーちゃん

 

IMG_9449 ↑クッキーちゃん

 

IMG_9450 ↑アンちゃん

 

IMG_9452 ↑秀助ちゃん

 

IMG_9451↑マロンちゃん

 

IMG_9431 ↑キャンディちゃん

 

IMG_9454 ↑ムサシちゃん

 

IMG_9455 ↑レノンちゃん

 

IMG_9456 ↑チビちゃん

 

IMG_9459 ↑チロルちゃん

 

IMG_9458↑ジョンちゃん

 

IMG_9457↑さくらちゃん

 

IMG_9440↑じゃじゃ丸ちゃん

 

幕張ビーンズ・ペットクリニック

 

6月のトリミングのお客様vol.2

vol.1からの続きです

 

 

IMG_9403↑ラムネちゃん

 

IMG_9398↑ハナちゃん

 

IMG_9415↑マヨちゃん

 

IMG_9441↑モンドちゃん

 

IMG_9437↑クッキーちゃん

 

IMG_9429↑モスビーちゃん

 

IMG_9435↑マックンちゃん


IMG_9436
↑ペピーちゃん

 

IMG_9431↑キャンディちゃん

 

 

ボルト君&5月のトリミングのお客様vol.1

こんにちは、勤務医の蔵野です

 

 

今日もお利口わんこの紹介です

 

 ボルト君 

ツヤツヤの豊かな被毛と、真っ黒なお鼻が凛々しい男の子

診察室に入るときは少しへっぴり腰になっちゃうけど、よく頑張りましたたくさんおやつも貰えて少し自慢げです

 

その勇敢な姿に「がんばった大賞」を授与したいと思います

 

 

春の予防期間に伴い、診察が混み合う場合がございます。大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いします。

またトリミングで来院の際、予防薬の処方やフィラリアの血液検査などを一緒に承ることも可能です。お待ちいただく時間の短縮にもなりますので、ご希望の方はお申し付けください

 

 

さて、5月のトリミングで来てくれたワンちゃんたちのお写真の更新です

更新が遅くなり、すみません

5月のテーマは『こどもの日鯉のぼり』です

IMG_9300↑マックンちゃん

 

IMG_9305 ↑ムギちゃん

 

IMG_9306↑あおちゃん

 

IMG_9302↑のあちゃん

 

IMG_9304↑コムギちゃん

 

IMG_9303 ↑ペピーちゃん

 

IMG_9301 ↑ウィルちゃん

 

IMG_9311 ↑銀ちゃん

 

IMG_9314 ↑ムクちゃん

 

IMG_9315↑秀助ちゃん

 

 

vol.2へと続きます