カテゴリー別アーカイブ: 講師大野木のぼやき

ハロウィン仕様

代表の大野木です!

9月も半ばということで、エントランスの飾りを変えました。

ちょっと時期が早いかも知れませんが、ハロウィン仕様です!

 

いきなりドドーン!とやりすぎるのはアレなので、ハロウィンの雰囲気を少しだけ匂わしつつ、エントランス以外もこの雰囲気を侵食していこうかなと思っております(笑)

 

ファイル_000 (4)

 

ファイル_001 (4)

 

ファイル_002 (1)

 

小学生の生徒さん、特に女の子の生徒さんはお入りいただいて早々、食いついてくれます。反応していただけるとこちらもうれしくなりますね♪

どんな風に侵食していこうか迷い中ですが、そんな悩みも楽しんでいこうと思います。

是非、教室の変わりようを楽しみにしてください!

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

講師共演JAZZライブ 9.28@新検見川【越中音酒場 はなぞの座】

 

代表の大野木です!

仲田副代表のクミコカーロ先生のJAZZライブです。

21272515_1335531029890660_1345044190356109649_n

 

クミコ先生は先日に2ndアルバムをリリースしたそうで、CDはライブ会場で手に入れることができるとのことです。

美味しいお酒とジャズで贅沢な時間を堪能してください♪

クミコ先生の2ndアルバムの詳細はこちら

 

ライブ詳細です

2017.9.28(THU)@ 越中音酒場 はなぞの座

【JAZZ Live@はのぞの座】

19:30~2SESSION
Charge¥1.500(おつまみ&ドリンク付き)

Member
Kumiko Kahlo(pf&vo)
仲田シンヤ(gt)
山縣真梨子(Trb&Vo)

 
越中音酒場 はなぞの座

 

千葉県千葉市花見川区花園1-8-7
TEL 043-307-7207

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

クミコカーロ先生「2ndアルバム【INSOLENCE】リリース!」

 

代表の大野木です!

ピアノ講師のクミコカーロ先生が本日9/7に自身の2ndアルバム【INSOLENCE】をリリースされました!

 

20663777_1971892879766292_6172193727408879332_n (1)

 

 

視聴用のMVも素敵ですね♪

 

お洒落でかっこよくて素敵すぎますね。

ライブ会場、オフィシャルサイトで購入できるとのことです!

実はピアノの生徒さん以外でも、クミコ先生のファンは多いんです。

ジャズを全く聴いたことない生徒さんが虜になってしまうぐらいなんです。

歌が素晴らしいのは、同じミュージシャンとしてもちろんのことなんですが、ジャズを全く聴かない方に届くというのは、本当にすごいことだなと思います。

さすがクミコ先生です。

僕も共演させていただくときは、演奏するのをやめてずっとクミコ先生の歌を聴いていたいっていつも思います(笑)

教室にも近々CDを飾らせていただきます!

 

是非是非、オフィシャルサイトやライブ会場に足を運んでください♪

アルバムの曲目などの詳細、クミコ先生のプロフィールはこちらから見れます!

 

クミコ先生のライブスケジュールです、地元でもある北海道と千葉など行ったり来たり、お忙しいですね。

千葉、都内でのライブを是非チェックしてください♪

 

【北海道・青森】
⬛9/2(土)名寄イオンシュッピングセンター
⬛9/9(土)青森・廣田神社
⬛9/10(日)札幌・豊平館トークリサイタル🎀
⬛12/10(土)青森公演

【千葉・都内】
⬛9/28(木)新検見川・はなぞの座
⬛10/7(土)稲毛・ロックバーフルハウス
⬛10/15(日)幕張・Bar Nisha🎀
⬛10/21(土)イオン幕張新都心🎀
⬛10/23(月)稲毛・メンフィス🎀
⬛11/5(日)志津・ 美浜🎀
⬛11/14(火)六本木・サテンドール
⬛11/25(土)船橋・ 時ノ音🎀
⬛12/17(日)西船橋・テンアンドハーフカフェ🎀

 

 

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

前ノリと後ノリって何?

 

代表の大野木です。

19849143_2005429886186770_2023568414_n

 

 

「前ノリ」、「後ノリ」、音楽をやっていないとなかなかわからない用語ですね。

ミュージシャン同士良く使う専門用語でもあります。

わかりやすく説明しているサイトから引用させていただきました。

「前ノリ」というのは、
メトロノーム的なジャストのタイミングよりも、少し前に音をだして
リズムを刻むことをいい、
逆に「後ノリ」というのは、
ジャストのタイミングよりも、少しタイミングを遅らせてリズムを刻むことを言います。

逆にメトロノームの音にしっかりと合わせてリズムを取ることをジャストと言います。

 

基本的にはメトロノームの「カチッ」という音に合わせるのですが、「少し前に音を出す」、「少しだけ遅らせて音を出す」、この少しがとても難しいです。ハッキリ言うとミクロ単位になります。

少しと言っても人によって感覚が違いますよね、アマチュアの人が「後ノリ」でリズムをとろうとしても、プロから見るとただリズムがずれているということになります。

一般的には、ロックなどの激しい音楽が「前ノリ」、ブラックミュージックなどが「後ノリ」で演奏していると言われております。

意識して演奏している場合もありますが、ロックなどは疾走感を出すために突っ込む感じの「前ノリ」、ブラックミュージックなどはテンポを保ったまま重たい感じを出すので「後ノリ」という風に勝手にそうなっていくのかなと思います。

この「前ノリ」と「後ノリ」はやはり、ベースとドラムが中心となって作り出すことが多いです。

僕は基本的にジャストで弾くことを心がけていますが、共演するベーシスト、ドラマーによって前ノリ気味、後ノリ気味に変えて演奏します。というか勝手にそうなっていきます。たまに自分でも気付いてないで後ノリ気味になったりしてますが、、、

そういうときは頭で考えず、体で感じる。というような考えでやればおのずと合ってくるような気がします。

ここで大事なのは、まずはジャストでしっかりと合わせられる、リズムを刻めることが大前提になります。ジャストで捉えることができなければ、「前ノリ」、「後ノリ」は難しいと思います。むしろ、ただリズムがずれているだけということになります。

ここまでを説明しておきながら言うのもなんですが、人によっては「前ノリ」、「後ノリ」なんて無い、と言っているプロの方もいます。

要は音価(音の長さ)でそう聴こえるだけであると言っております。

この動画は結構わかりやすいですね。

 

う~ん、なるほど。

とは思いますが、やはり「前ノリ」、「後ノリ」は曲の雰囲気によってあると感じてしまいます。

僕自身意識しなくても、体が勝手になっているので。

でももしかしたら、「前ノリ」のときは音価が短いだけだったりして(笑)

 

とういうことで、超一流のプレイヤーの方々もまずは、ジャストで捉えることが一番大事と仰っております。

また気が向いたら、この「前ノリ」、「後ノリ」での僕の失敗談を書こうと思います。

それではこの辺で、、、

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

【若いときの難儀は必要か?】

代表の大野木です。

maipure

 

【若いときの難儀は必要か?】

 

30代半ばのお前が言うのは早いだろって突っ込まれそうですが(笑)

 

 

「若い時の苦労は買ってでもせよ」なんてよく言われたりしますよね、、、

 

あくまで僕の意見ですが、

 

苦労は避けれるなら避けたほうがいい

 

と思います。

 

言い方を変えると、本人は夢中で必死で何かをやっていて、苦労などとは思ってないけど、周りから見たら大変な苦労をしている。

本人は努力とかそんなの考えもせずにただただ、夢中でやっている。これも周りから見れば努力者と言えるでしょう。

こんな風になれば苦労を自然と避けているとも言えて、理想的ではないかと思います。

 

これを楽器を始めるということに置き換えると、やはり楽器やり始めは何もかも新鮮で楽しくて、壁にぶつかることはあっても、夢中で乗り越えている生徒さんが多数です。

生徒さんは努力しているというよりは、必死で、夢中で弾いているという感じです。生徒さん誰一人として、努力してます、苦労してますなんてあまり言わないです。

でも僕ら講師からしたら、いつもお仕事などで忙しいのに、こんな弾けるようになってすごい。と思うわけです。

僕ら講師から見ると、努力してるなと感じるわけです。

ただ、半年、1年ぐらい続けると、停滞期(スランプ)がきます。

この停滞期のときに悩まれる生徒さん、モチベーションが上がらない生徒さんなどいらっしゃいます。

ですが、停滞期がなぜ来るかと言えば、上手くなっているからです。順調に上達している証拠なのです。汗水流して弾いてきた勲章と言ってもいいでしょう。

ここで踏ん張れる生徒さんはその後も長続きすることが多く、そして常に弾くことを楽しむことができると思います。

停滞期のときこそ、僕ら講師の出番と言ってもいいでしょう。と言っても僕らができるのは生徒さんの話をじっくり聞いて、少しでもためになるアドバイスぐらいです。

続けていれば停滞期は必ず抜けれます。

職務怠慢みたいな言い方になってしまいますが、やり始めた生徒さんは何も言わなくても見る見る成長していきます。

話は変わりますが、50.60代の生徒さんはかなりのレベルの高さで弾ける方が多いです。

皆さんに共通していることは、学生時代に弾いていたということです。

社会人になって余裕が出てきて、20年以上ブランクがある方でも、やはりものすごく弾けているのです。

自分では全然弾けていないと謙遜されますが、、、

プロから見ても、昔相当弾いていたなということがわかります。

 

そういう方は若いときに難儀をしていたということになります。

ご本人はそれを難儀と思わずにただ楽しんでいただけかもしれませんし、本当に難儀だったかもしれません。

ただ、ご本人の口からは、ものすごく努力した、苦労したとは言いません。

「ちょっと弾いていたくらいです」なんて言う方が多いですが、そのちょっとがものすごい練習量だと思います。

この謙遜振りには、ただただ尊敬しかありません。

 

自分も楽器を始めた頃は、ただ必死に弾いていて、バンドもやっていたので弾けなければ周りに迷惑がかかってしまうとプレッシャーもあったのでしょう。

思い返せば、その必死で夢中なのがそのときは頭では感じていなかったかもしれませんが、楽しかったんだと思います。

 

最後に一つ言えることは

 

若いうちに難儀をしても損はない

 

必ずどこかで報われるときがくるはずです。

 

 

と言っても自分を追い込みすぎず、楽しんで弾いてもらえればと思います。

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

「親子三代夏祭り」野外ライブレポ!

代表の大野木です!

ファイル_003 (3)

 

先日の19日は野外ステージでのライブでした!
去年も出演した親子三代夏祭りの前夜祭でのライブ、ステージが広くて気持ちよかったですー
ただ、僕らの前ぐらいから小雨がパラパラと、、、
本番中に雨が少し強くなってきましたが、傘を差しながら見てくれたお客さんに感謝感謝です。

ステージは屋根つきでしたが、風も少し吹いていたので、小雨を浴びながらの演奏も稀少でなんだか楽しかったです(笑)

ということでメンバーさんの写真も含めてをざっとどうぞ

 

ファイル_004 (2)

ファイル_001 (2) ファイル_002 (2) ファイル_003 (2)

 

 

今回の機材はフェンダーUSAのストラトにアンプはツインリバーブ、エフェクターはBOSSが勢ぞろい(笑)
オーバードライブ、ブルースドライバー、コーラス、ディレイ、チューナーというラインナップです。

ファイル_001 (3) ファイル_000 (3)

 

そしてそして一仕事の後は美味しそうな屋台メニューとビール。
ホタテが美味しかった!
台湾カキ氷も初めて食べたけど衝撃でした。
満足でございます。

ファイル_004 (1) ファイル_000 (1) ファイル_001 (1) ファイル_003 (1) ファイル_002 (1)
ちなみに雨の中ライブってのは生まれて初めてかも、いい経験になりました。

やはりお祭りの雰囲気はいいですね!

とても楽しい1日でした。

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

明後日は野外ライブです!

 

代表の大野木です!

503ライブ7

 

ここ最近はずっと雨続きで気温も8月してはかなり低かったですね。

猛暑よりはいいですが、ここまで気温の変化が激しいと体調の管理が大変です、、、

 

明後日は千葉中央公園の特設ステージで野外ライブです!

親子三代夏祭りの前夜祭です。

 

ただ、天気が心配ですねー

予報だと曇り、雨が降らないのを祈るばかりです。

 

出番は17:40~です!

僕が参加するバンド「FANCLUB」での出演です。

前後にもいろいろなバンド、パフォーマーがステージに立ちます。

そして屋台もたくさん出て、とてもいい感じです。

 

昨年も出演して存分に楽しませていただきました、今年ももっともっと楽しもうと思います!

 

ライブ詳細です!

 

8/19(SUN)@千葉中央公園 野外特設ステージ

【出演時間】 17:40~18:00

千葉中央公園

〒260-0013 千葉市中央区中央1-12

「親子三代夏祭り」

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

左手はバタバタさせてもいいの?

 

代表の大野木です。

 

41

 

ギター、ベース主にをやっている方に向けての記事です。

とあるネット記事で左手はバタバタさせたほうがいいというのを拝見しました。

ネットや教則本では左手はバタバタさせてないようにと書いてあることが多いですね。

なぜかというと、やはりバタついていると無駄な動きになってしまいます。

あと見た目がとてもかっこ悪いのです。

バタつかず、シュッと弾いてるほうが断然カッコいいような気がします。

アコギでも左手はバタつかずにコードチェンジすると見栄えもいいですし、なによりノイズが出ずらくなります。まさに理想のコードチェンジと言えます。

もちろん、エレキギターでの単音弾きでも一緒ですね。クリーントーンならなおさらノイズを気にしなくてはいけません。

ちなみに自分の周りには、左手をバタつかせていて演奏が上手な人というのは見たことがありません。

ジャズ系をやっている人はみんな左手がシュっとしているような気がします。

ただ、バタついていてもノイズも出ずに、無駄なく弾けていると言うことであればそれはそれでいいと思います。否定する気はありません。

気になるのは、バタついてもOkという記事を書いた方は、まず最初にバタつかないようにやってからこの答えにたどり着いたのではないかと思われます。

何も知らずにバタつかせて練習というのはあまりおすすめできません。

ギターは右手が大事とも言われますが、もちろん左手も大事です。

 

僕も難しい押さえ方、テンポの速い曲は完全にノイズを出さずにというのは難しいです。

箇所によってはバタついてくるところもあります。

 

ではバタつかせなくする方法はどうしたらよいか?

次回で説明しようと思います!

ではこの辺りで、、、

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

JAZZはなんで難しいの?

 

代表の大野木です。

JAZZはなぜ難しいのか?

o1728230413774257518

 

ロック小僧の僕も20代半ばまでは全く弾けなくて敬遠しておりましたが、弾けるようになると、とても面白いのです。

今までの音楽人生、ギター人生が一変したような感じでした。

難しい理由はなんなのか、なるべく簡単に説明したいと思います。

 

①押さえるコード、弾くコードが複雑

②ジャズのリズム(スウィング)がとりずらい

③key(調)がいちいち変わる

④アドリブができない

⑤楽譜が読めない、理論がわからない

 

 

①の「押さえるコード、弾くコードが複雑」ですが、やはりロック、ポップスなどに比べるとテンションが入ったりして複雑になり難しいです。ですが、その複雑さがあのお洒落な感じ、不安定で緊張感のあるサウンドを生み出していると言えます。

最近のポップス、いわゆるJ-popも結構難しいコードを使っていたりします。ジャズっぽい感じの曲だなと思ったらその可能性は大いにあります。

 

②の「ジャズのリズム(スウィング)がとりずらい」ですが、これは僕は一番苦労したかもしれません。

ジャズミュージシャンは皆、リズムが一番大事だと口をそろえて言います。ではどうすれば、リズムがとれるようになるのか?

この動画と同じ手拍子をしてください(笑)

絶対皆さんできるはずです、これが一番手っ取り早いです。

 

1,2,3,4とカウントを数えて、2と4のところで手拍子をするのです。

細かいことを言えば切りがないですが、これを身につけてあとはいろんなジャズを聴くことです。

 

③の「key(調)がいちいち変わる」ですが、これもやっかいな話ですね。。。

今のJ-popにはあまり見られないですが、昔の曲(懐メロ)は最後のサビで半音上がっていく(転調)という手法が良く用いられてます。昔の曲をカラオケで歌うと最後の方はkeyが高くなって声出すのがきつくなってくる、そんな経験したことがあるかと思います。

音楽的な話ですが、keyが変わるということは、弾くスケールもそれに合わせて変えていかなければいけないとうことになります。

ジャズはこの部分転調(keyが変わっては戻ること)が多く見られます。keyが変わらなければ1つのスケールでアドリブができるので、部分転調しているとそういうわけにはいきません。

この辺りがやはり難しいと思わせてしまいますね。

 

④の「アドリブ」ができないですが、僕も昔は大いに悩みました。

理論が大嫌いだった僕は、そこかしこに流れてくる曲にとりあえず音を合わせる、ということをひたすらやっておりました。

ですが、ペンタトニックスクールという魔法のようなスケールを弾けるようになってからは大分救われたような気がします。

ただ、ペンタトニックスケールだけではジャズはできないことに気がつき挫折を味わいます。。。

ペンタトニックスケールはロックなどの音楽にはとても効果的ですが、ジャズの場合はそうはいきません。

ジャズの場合はコードトーン、その他いろいろなスケールが必要になります。それが弾けてやっとジャズっぽくなります(わざとロックっぽく弾くジャズミュージシャンもいます)

教室に来ていただく生徒さんでもペンタトニックスケールでアドリブは弾けるけど、ジャズのアドリブができないというのはたくさんいらっしゃいますね。

 

⑤の「楽譜がよめない、理論がわからない」ですが、先ほども書いたとおり僕は楽譜、理論がとても大嫌いなロック野郎でした(笑)

「ロックに楽譜なんて、理論なんていらない!、」若気の至りでしょうか、こんなアホなことをほざいておりました。。。

音楽の専門学校で楽譜の読み方、理論などを習い、何とか理解して、それを実践に使えたときには、「もっと早くから、楽譜のこと、理論を学んでおけばよかった」と後悔に尽きませんでした。

僕は凡人中の凡人ですから、学ばなければ行き詰ってしまう。こんな当たり前の事も知らずにのうのうとギターを弾いておりました。理論を学べば、いろいろなアプローチの仕方もわかり、いろんな音楽も聴こうとなります。

やはりそういうことをしていく上で、感性は磨かれていくのだなと思いました。

逆に理論がわからなくても、弾けてしまえばそれでいいと思います。

それはまさしく天才というやつですね。

ただ、その天才であってもまた学べば、もっともっと天才になるんだと思います。

理論を敬遠している方は多いと思いますが、最初だけほんの少し努力すれば、また違った世界が見えてくると思います。

その時努力は報われた、その努力は無駄ではなかったというのが感じられると思います。

もちろん、レッスンではその理論をそれだけわかりやすく、これ以上にないぐらい噛み砕いて、一人一人違ったアプローチで伝えております。

 

ということでJAZZが難しい理由を挙げてきましたが、細かいことを言えばもっともっとあります(笑)

切りがないので気が向いたらまた続きを書こうかと思います。

では今日はこの辺りで、、、

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

8/19@親子三代夏祭り野外ライブ 出演時間決定!

 

代表の大野木です!

 

19849143_2005429886186770_2023568414_n

 

8/19の野外ライブの出演時間が決定しました!

 

出番は17:40~18:00

 

です!

8/19は親子三代夏祭りの前夜祭となります。

ライブ、パフォーマンスは12:30ごろからやっております!

屋台などもたくさん出ていてとても賑わっております。

 

お祭りの雰囲気を味わいながら、ゆったりと見ていただけたらと思います!

僕が参加しているバンド「FANCLUB」での出演となります。

出番(17:40~)の1、2時間前に来ていただき、屋台の食べ物、お酒などを楽しんでからのライブ鑑賞をおすすめします!

僕も一仕事終えたら、あの祭りの雰囲気を存分に味わいたいと思います。

 

ライブ詳細です!

 

8/19(SUN)@千葉中央公園 野外特設ステージ

【出演時間】 17:40~18:00

千葉中央公園

〒260-0013 千葉市中央区中央1-12

「親子三代夏祭り」

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad