講師ライブ 6.10(SAT)@ Sound Stream SAKURA

 

代表の大野木です!

気温が温かくなってくると不思議とライブが増えてきます。

そう、1.2.3月はミュージシャンってあまりライブがないというか、イベントがないんですね。。。

まさに冬眠(笑)

 

ということで6/10(土)はワタクシ大野木がライブでございます!

僕が参加しているバンド「FANCLUB」でライブハウスでガッツリとエレキ弾きますよ!

場所は佐倉にある「Sound Stream」というライブハウスです。

フロアも広くて、ライブハウスなのにフードなども充実している素敵なライブハウスです。

ライブ自体は18:30~やってますが、「FANCLUB」は21:10~の出番です!そう、トリなんですー

全部で5つアーティスト、バンドさんが出ますよー

是非是非お越しください!

 

ライブ詳細です!

img001

 

 

6/10(SAT)@Sound Stream SAKURA

【明日はハレノヒ】

ACT
・FANCLUB
・渡邉せん
・ヒトイロ
・フィルフリーク
・sharon sleep in you are

open 18:00
start 18:30

Adv¥2000
Sound Stream SAKURA
〒285-0846
千葉県佐倉市上志津1785-3 岩井ビル2F

TEL&FAX:043-463-5963

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

長野に行きました。

長野

講師の仲田です。
5月なのに暑い!暑すぎる!
というわけで避暑してきましたw

長野県松本市に行って参りました。

遊びと仕事半分半分くらいですかねw

とあるプライベートパーティに呼んで頂き、かの有名な某メジャーアーティストさんにもお会いしました。

それ以外はギター工房の見学や信州名物を食べたり、食ったりして、松本城に潜入し、長野に勤務中の千葉大ジャズ研の年下の先輩とお会いしたり、それはそれは十二分に満喫して参りました。

松本市周辺は日本で最も乾燥した地区らしく楽器の工房が多々あります。

その中で現在
メインとして使わせて頂いているエレキギター、Momose~Custon Craft Guitars~の工房、飛鳥ファクトリー、及びディバイザーさんに伺いました。
deviser

Momoseのエレキギターを買ってから色々な繋がりが出来ましたw
その中でも同じディバイザーで制作しているバッカスのエンドーサー様であります、Soul Kitchenのベーシスト、古川伊織さんとの出会い、そこからメンバーの方やその周りのミュージシャンの方々にお会い出来たのも大きなご縁となっております。
自分の機材などを定期的にメンテナンスしてくれているPon’s Factoryの杉山君にお会いできたのもこちらのご縁です。

そんな非常に思い入れのある楽器メーカーと、職人さんがNCルーターを使わずに楽器を製作している姿などを目にし、感動いたしました。

ぜひ、また機会がありましたらお伺いさせて頂きたいと思います。

株式会社ディバイザー

Pon’s Factory

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

【ジャズライブ】レポート

 

代表の大野木です!

先日は代々木BarWにてライブでした!

521ライブ8

521ライブ9

 

ジャズスタンダード中心にインスト、歌もの、そして僕のオリジナルも2曲ほどやらせていただきました。
とても緊張感のある演奏でしたが、2ステージからはお客さんも温まってきて雰囲気もとてもいい感じでした。
1ステージと2ステージの間には飛び入りセッションなんかもやりました、思った以上に参加していただき感謝でございます。
よく考えると、お客さんは歌い手さんや楽器できる方ばかりでしたね。
嬉しことに満員御礼、夜遅くまで見ていただき本当に感謝でございます。

521ライブ2 521ライブ3 521ライブ4

521ライブ11

オリジナルも久しぶりにやりましたが、うれしい感想いただけるともっとやらなきゃなと思いました。。。
歌ものは当日合わせ、サウンドチェック時のリハと本番では全く別物の曲になりました。これだからジャズは面白いです。
ボーカルのコンノさん、ベースの星野徹君、2人と出会ったのは6、7年前ぐらいで、当時はわりとsoul、popsをやることが多いですが、時が経てばお洒落なワインバーでジャズができるようになりました(笑)
同世代の2人が音楽を続けているというのは自分にとってもすごく励みになったりします。
そしてこの2人とジャズライブが出来たのは、今後の音楽生活にもとてもいい影響があると感じてます。

ちなみに今回の機材はGibsonES-175のフルアコとフェンダーのベースアンプ。このベースアンプにつなぐととてもいい音します。

18527847_1302780556509521_1069196972031473026_n 18557424_1302780559842854_6644982045210631429_n

 

今回の会場【代々木BarW】では8/27にまたライブやります!
素敵な歌い手さん、ギタリストの方とご一緒させていただきます、詳細分かり次第またアップします!
【Set List】
1st.
Myself (大野木Original)
Stella by Starlight
Overjoyed
On a Clear Day
Bye Bye Blackbird
2nd.
Midnight Forever 大野木(Original)
I Hear a Rhapsody
Street Life
Speak Low

 

18581779_887269324747378_3530324215811194062_n
acted by
Gt. Tsutomu Onogi
Ba. Toru Hoshino
Vo. Akiko Konno

2017.5.21
at BarW, Yoyogi, Tokyo

 

ライブ終了後はこんなアホっ面で乾杯(笑)

521ライブ10

 

 

 

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

【振り向く事も逃げ出す事もそれもまた勇気】

18156832_10154257190497101_2321411676074101184_n

講師の仲田です。
作曲、編曲などのお仕事が増えて参りました。
個人的には元々職人気質な事もありますし、外に出て云々というのはあまり得意ではないんです。
なので割と天職だなあと思っております。
そして、微力ながら日本の音楽シーンに貢献したいと思っております。
まずは手の届く範囲で演奏も制作も一生懸命頑張りたいと思います。

閑話休題

Twitterで【ウルスラ】について書いたら意外と知らないようでして(笑)

魔女の宅急便に出てくる19歳の女の子。
黒猫の人形を拾ってくれたジジの恩人です(笑)

飛ぶ事が出来なくなったキキとの会話、なかなか今見てみると良い事言ってるなぁと思うんです。
13歳と19歳の女の子同士の会話とは思えない(笑)

スランプになったら、ジタバタしてみて、それでもダメなら1回止めちゃえば良い。

それでもやりたくなったら勝手にやるもんだ。

おっさん同士の会話かよ(笑)

齢31歳になりましたが、こんなクソガキですが、幾度となく挫折を経験しましたし、理不尽な事もありました。

しかし、その度に何か殻を破れた気がします。

そう考えると自立や環境が人を成長させるのかもしれません。

年齢に縛られた考え方でなくて、環境や周りがその人を成長させるのかもしれません。

それが早いか遅いかは重要ではなくて、そこにいつか気が付けるかが大事なのかもしれません。

ジブリ作品史上、最強のチャラ男、トンボさんも、キキをこう口説いています。

才能を活かした仕事だろ?素敵だよ。

と。。。

落ち込んだ女の子につけ込んだとんでもない奴ですね。

しかし、誰しもが何かしらの「才能」があるのは間違いなくて、遅かれ早かれきっとそれに気付くんです。

僕(私)はなんの才能もないし。。。

と仰られますけど、そんなことないです。
既に様々な才能を発揮されてここまで来られています。
その理由としてその人と全く同じ順路で人生を辿った人など絶対にいないと言いきれるからです。

あなただからこの人生を踏めている。
立派な才能だと思いませんか?

さて、そんな魔女宅ですが
写真のキキとウルスラ
実は両方とも高山みなみさんという声優さんが声を当てていらっしゃいます。
名探偵コナンのコナンくんです(笑)

トンボさんの声は山口勝平さんなので、新一くんですね。

今でこそ超有名なお2人ですが、沢山の苦難を乗り越えて来たというのは何かで見た気がします。
(何かは忘れた)

というわけで。。。
コナンくんのテーマ曲弾きました(笑)
名探偵コナンのテーマを弾いてみた
今回の映画ではヒロインの毛利蘭さんよりも西側のヒロイン、遠山和葉さんが大変なご活躍をされておりますが、彼女を演じているのが宮村優子さん。
どうやら声の大きな病気をされたようでしたが、無事に復活をされました。
宮村優子さんは新世紀エヴァンゲリオンのアスカさんを演じられた事でも有名ですね。
因みに灰原哀ちゃんの声優さんが、林原めぐみさん。エヴァンゲリオンのレイちゃんですね。

なかなかゴールデンなメンツなんではないでしょうかw

彼女達もまた様々な苦難を乗り越えて来られたのでしょう。

人には、どんな立場であれ、様々な葛藤があると思いますので、どうしても辛い時は、逃げ出しても立ち止まっても良いと思っています。
僕はそう思えるようになって凄く楽になりました。

26歳の時に1度大ブレーキを踏みましたけど、今はそこで1回お休みして、収入以外は、良い方向に持っていけたと思います。

ミュージカル【魔女の宅急便】も宜しくお願いします(笑)

大先輩の泉拓真さんも出演されます。
先日動画にて共演させて頂きました。
Beauty & the Beast

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

「美女と野獣」

C96fl83VwAAW6K8

講師の仲田です。

あまり趣味のない僕ですが
本を読む事と映画を観ることがとにかく好きですw

あまりに人と関わらない趣味ですし陰気なもんですが、好きなものは仕方がないw

というわけでもう告知されてから
本当にずっと、ずっと楽しみにしていた「美女と野獣」観て来ましたよ。

内容なんてもう完璧に知っているのに、まさかの大号泣でしたw

作品のクオリティもですけど、劇中歌、ダンスどれも最高にカッコ良い!

何よりも主演もエマワトソンが可愛い!可愛すぎる!

エマワトソンはハリーポッターシリーズのハーマイオニーグレンジャー役で一気に有名になりましたね。

当時は可愛い系でしたが、大人になりホンマモンの美人になってしまいました。。。

ネタバレしない程度に申し上げると新たな設定で一気に世界観が重圧になりました。

そしてテーマソングを謳うのはあのアリアナグランデ!もうね、エンディングロールの時にかかるんですけどカッコ良かったですw

語彙力ないレビューで申し訳ございませんw

因みに5/10現在で既に3回拝見しましたw

美女と野獣というタイトルですけど
野獣イケメンでした。

オススメでーす!

ヴォーカル株式会社様とコラボでYoutube動画チャンネル第三弾でも映画【美女と野獣】より“Beauty and the Beast”を演奏させて頂いております。
今回は泉拓真さんと浅野実奈子さんにご協力頂きました。
まさかのボサノヴァ、まさかの野外ロケでした。

是非ご覧ください!

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

お洒落なワインバーで

 

代表の大野木です!

5/21に都内にあるお洒落なワインバーでジャズライブやります!

このブログで宣伝しようと思っていたらあっという間に1週間切りました。。。

そう、今週の日曜でございます。

自分のアメブロでは書いていたんですが、すっかり忘れてました。

 

会場は代々木にある「BarW」という素敵なバーです。

なんともジャズが合いそうです。

P024340397_480

 

ジャズだからなんだか一見堅そうな感じかとは思いますが、お酒を飲みながらリラックスして楽しめます。

ちなみにライブのメンバーは僕と同世代のミュージシャンです。30代半ばになると音楽を続けてるってあまりいないんですよね、なのでこのメンバーでライブできるのがとてもうれしかったりします。

先日、リハーサルをしましたが、ベースの彼はこんなこともするお茶目な一面もあります。というかお茶目を通りすぎてる(笑)

516リハ

 

 

さあ、どこが顔でしょうか?笑

 

↓普通のときはこちら

トール君

 

彼とは何年か振りに音を合わせましたが、なんだかとても懐かしい感じがしました。

しかも、僕のオリジナル曲を覚えてくれてた!

これはうれしかったです。

 

出会った頃はエレべも弾いておりましたが、今ではウッドを弾いて絵にかいたようなジャズメンになってます。

 

いや、上の写真は絵に描いたようではないな。。。

なんとも陽気なベーシストです。

 

さて5/21のライブでは飛び入り的なセッションもあるかもです!

 

ライブ楽しみです。

 

21日今週の日曜は是非代々木にお越しください!

 

ライブ詳細です!

 

5/21(SUN)@代々木BarW

【大野木努×星野徹×コンノアキコ】Special Live!

521写真

幅広い方面で活躍する3人が初のコラボ、
かなりレアなステージになること間違いなしです。

お洒落なワインバーでジャジーな雰囲気を味わってください。
オリジナル曲、ジャズスタンダードなどをお届けします。

Open 18:30
Start 19:00 (2 stage 入替なし)

Music charge : ¥2000(要予約)

Vo : コンノアキコ
Guitar : 大野木努
Bass : 星野徹

代々木BarW
http://r.gnavi.co.jp/b310800/

〒151-0053  東京都渋谷区代々木1-45-6 豊田ビルB1
TEL 03-3375-6061

 

 

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

ミュージシャンとしてここ10年で最もためになったこと

 

代表の大野木です。

 

718ライブ

 

僕がミュージシャンとして、音楽家として、ここ10年で最もためになったこと。

 

それは

 

クラシックと演歌を教えたこと

 

です。

 

 

 

どういうことかと言いますと、、、

2011年~2016年の5年間、都内の音楽院講師として着任しました。

着任した当時は、クラシック、演歌などは全くやったことがなく、知識ゼロの状態でした。

着任する前は、どんなジャンルを教えるのかは特に聞いておらず、そして僕も確認しておらず、、、

 

講師の仕事をいただけるなんて、ありがたいと思い、即決でした。

 

即決したのはいいのですが、なんとクラシックギター、演歌ギターをやっている生徒さんがいるとのこと。

 

クラシック、演歌の知識ゼロの自分が教えるなんて、とんでない。

この時は生きてきた中で最大のピンチだったかもしれません。

 

 

最大のピンチだったにもかかわらず、同じギターだから何とかなる。というなんとも楽観的な決断をしてしまった自分、今考えると恐ろしいです。。。

若いってのもあったんでしょうが、自分の性格が良くも悪くもって感じです(笑)

 

さて、まったくの知識ゼロなので、クラシックギター、演歌ギターを習いに行こうと、近隣の教室をネットで探したりもしました。

ですが、教則本などを見て、これは独学のほうが早いと思い、そこからは猛練習、猛勉強の日々でした。

 

やはり、ギターはギターで同じなので本質は変わらない。

 

楽譜、装飾音符の読み方、弾き方、その辺りは変わってきますが、やはりギター、これはいけそうだなと感じました。

もちろん、先人の演奏などもたくさん聴きました。そしてクラシックギター、演歌ギターの歴史についても勉強しました。

クラシックギターといえば「現代ギター」ですね。

 

4910034810925

 

毎月出ているの本ですが、これは本当にとても勉強になりました。

 

そして弾いて、教えているうちにクラシックや演歌の面白さなどもわかってきました。

生徒さんも僕が元々エレキギター弾いていたことを知っていたので、優しく接していただいたのには、とても助けられました。

それでも僕は「講師なのにそんなことも知らないの?」と言われないよう必死でした。

 

そして、クラシックや演歌の現場も体験させていただき、そのジャンルにはそのジャンルのルールがある。

これも大変勉強になりました。

 

演歌の現場で、浅草公会堂というとても大きいステージに立てたことはとてもいい経験になりました。

大大大先輩との共演は自分の経験値がとても上がったように思えました。

 

ちなみに演歌ギターで代表的なのは、古賀メロディーこと古賀政男さんです。

まさにジャパニーズブルースです。

 

 

音楽で仕事しているので、やはりいろいろなジャンルを知っておいて損はないなと思いました。

もちろん、音楽で仕事をしている方に強制でクラシックや演歌をやれと言っているわけではありません。

 

僕自身、クラシックや演歌を弾いてみて、単純に視野がとても広くなったような気がします。

 

どんなジャンルにもいい面、悪い面はあり、好き嫌いは人それぞれ。

やり始めたときは本当に本当に大変でしたが、このクラシックと演歌のお陰でその他の現場でもどっしりと構えて仕事ができるようになったと思います。

言い方を変えれば、度胸が少しついたのかなと思います。

 

新しい発見や驚きは、とても楽しいです。

苦しいけど、そこに楽しさを見出せた。

その辺りは自分の性格を褒めてあげようかなと思いました(笑)

 

あとは単純に箱ギターとナイロン弦の良さに、さらに気付いたこと。

音楽院にはとてもとても良いギターが置いてあったのでそれに触れたことはすごいよかったなと思いました。

そしてギターとは関係ないですが、60代以上の生徒さんが多かったので、目上の方と接して人間性も少しは磨かれたかなと思います。

人生の大先輩のお話はとてもとても勉強になります。

 

この経験は自分が60、70代で音楽続けていて、やっぱりクラシックと演歌やってて良かったなときっと思えるはず。

経験に勝るものはないといいますが、まさにこのことだと思います。

すべては周りの方のお陰、5年間音楽院で講師をさせていただいたことに感謝です。

 

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

【紅に染まったこの俺を慰める奴はもう居ない】

17952853_10154232289792101_605441398002438714_n

講師の仲田です。

GW何してたかなあと思いましたが、普通にレッスンやってBGM演奏の仕事をして、作家業をしていました。
いつも通りですね。

というわけで観て参りました。

名探偵コナン
~から紅の恋歌~

ネタバレになるので内容は伏せさせて頂きますが、序盤にめっちゃくちゃシュールなシーンがあり、笑いそうになりました。

我が家には三種の神器のうちの1つ、テレビがありません。
なので毎週、コナンくんに会うことは出来ないのですが、劇場版名探偵コナンは、今回で21作目なのですが、必ず劇場で拝見しております。

21年前。。。
まだ小学生だったなぁ。。。

名探偵コナンのTV版では提供先に東京〇スがあるので、爆発させられないのですが、映画版はないので毎回何かしらの大爆発があります。

そこも楽しみの一つです。

そう言えば劇場版ポケットモンスターは今年で20周年だそうです。
こちらは1度も劇場で拝見した事はありませんが、どうやら初代ポケモン達のストーリーになるみたいなので観にいきたい気がします。
主人公のサトシくんが某電気を発生させる黄色いネズミさんに、とち狂って友達になろうとすることから始まるストーリー。
きっとポケモンの世界のブリーダー達は良い人が多いんでしょうね。
僕だったら火、水、電気属性のモンスターを真っ先にに捕まえて、生活に役立てようと考えてしまうと思います。
荒んだ心に武器(ポケモン)は危険ですね。

更になんと20th仕様の「目指せポケモンマスター」がリリースされるそうです。
周年毎にとんでもないメンバーで演奏してますし、今年はそこも楽しみですね。

どうでも良い事なのですが
名探偵コナンにでてくる少年探偵団の円谷光彦くんとポケモンのピカチューさんが同じ声優さんですね。

超一線級でやっている声優さんの芸の幅は本当に凄いですね。

マサラタウンのテーマを弾いてみた

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

【声にならない言葉でも】

18034367_10154241400597101_7013710048868926228_n

 

講師の仲田です。

DTM環境を一新しました。

今まではLogicを使っておりましたが、今の仕事の状況を踏まえて半年ほど、構想を練り投資しました。

まだまだ使い方に不明な事が多いですが頑張りたいと思います。

さてさて、今年のゴールデンウィークは最大で9日間もあったそうです。すげー!

5月2日は忌野清志郎さん、hideさんの命日です。
別にロックンロールやってるわけでもV系でもありませが、日本の音楽に軌跡を遺した偉大な先輩方。
彼らの足元にも及びませんが、自分の出来る範囲で、傍にいてくれる皆さんに笑われて生きて行ければと思います。

5月5日の子供の日でしたね。
見た目は大人、頭脳は子供の日も是非制定してもらいたいです。
19歳になったばかりのお友達に
1回り上であると言うと、話し方が軽い、見た目が軽いと言われました。
いつか、言葉を発すること無く滲み出る大人オーラ出せるように頑張りたいと思います。
土台無理な話なのはわかっとります。
名探偵コナンの新一くんは17歳の高校二年生。
連載当初は、高校生なんて大人やー!
って思ってましたがあっという間にダブルスコア近くまで年齢を重ねました。
しかし、精神年齢は全く追い付く事を知らず、心の年齢は野原しんのすけさん(5歳)と大した変わらないんじゃねーか。。。と思う次第です。
ちなみに野原しんのすけさんが我々地球人と同じ年齢の取り方をした場合、同い年だったりします。
さて、そんな子供の日ですが、我らがSoul KitchenのうどんタイマーPさんが子供の日生まれだそうです。まだロンドンにいらっしゃるのかしら?
彼も見た目も心もまさに若々しく青年のようだなぁと思います。ちょっと年の離れたお兄ちゃんみたいな存在は(姉はいるのでお腹いっぱいです)自分からすると凄く嬉しいです。
ちなみにスーパージャズベーシスト、ロンカーターも5月5日産まれです。
実の家族含めて、良いアニキ、アネゴ、弟、妹たち、友人、先輩、師匠方々にお会いできている生活に子供の私は感謝しています。
子供の日は、子供の健やかな成長を祝う日です。
しかし、僕のような見た目は大人、頭脳は子供は、皆さんに生かされているということを否応なしに感じております。
なので、この場をお借りしてありがとうとお伝えしたいと思います。

Soul Kitchen

Ron Carter

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

僕の音楽専門学校時代の恥ずかしい話

代表の大野木です!

 

大野木_1

 

 

今回は自分をさらけ出そうと思います(笑)

 

音楽専門学校時代の恥ずかしい話、

それは、、、

 

・1年目はほぼ学校に行っていなかった

 

 

厳密に言うと、3分の2は行ってなかったと言ったほうが正しいかもです。要は半分も行ってないのです。

とても高い学費を親に払ってもらっているのに、全くの自覚なし。

何故行かなかったのか?

今考えると2,3つほど理由があります(理由と言うか言い訳です)

・周りのレベルについていけてなかった

・ギター以外の授業は不要だと思ってた

・遊びたかった

 

高校生からギターを初めて、バンドも組んで、3年間ライブをいっぱいして自信満々で専門学校に入ったら、上手い人がいっぱいいました。

そりゃそうです、上には上がいますから。きっと自信を無くしてしまったんだと思います。

エレキギター科で入学しましたが、授業はキーボード、リズムトレーニング、理論など、ギター以外もありまして、、、

「なんでギター以外のことをやらなきゃいけないんだよ!」と嘆いていた当時、いやいや、バカですね。我ながら馬鹿を通り越してまさにお粗末な話です。

今になって思うのは、ほかの授業もこの先、絶対役に立ってくるということ。だけど当時は目の前のことしか見れなかった、若かったのかもしれないけど、我慢してでもしっかりと授業受けていればと悔いが残ります。

高校卒業後、1年空いて専門学校に入りましたが、地元や高校の友達などは皆、大学生になり、それなりにキャンパスライフを楽しんでいました。

そのキャンパスライフが羨ましかったんです、なので自分も遊びたかった。う~ん、中学生みたいな言い訳ですね(笑)

当時の専門学校にはもちろん、女性などあまりおらず、男性ばかり(エレキギターですからね)

サークルなんてすごくいい響きで本当に羨ましかった。サークルで合宿に行ったなんて、絶対楽しそう。とずっと思ってました。

なので授業そっちのけで友達と夜な夜な遊んだりしていました。きっと自分もその仲間に入りたかったんだと思います。

今思うと、親にとても高い入学金を払ってもらっているというのに、プロを目指すと言って入れてもらったのにこの有様。本当にけしからんですね、タイムスリップして当時の自分をどついてやりたいくらいです。親のお金で行かせてもらっているという自覚すらない、救いようがないです。おそらく迷いもあったんだと思います。

そんな劣等感まみれの1年目を過ごしました。

でも2年目は心を入れ替えて、ちゃんと授業に出て卒業しました。(単位とかはなかったので留年はありません)

ちなみに、同期入学はおそらく200人ぐらい、卒業時は50人以下だったと思います。そう、皆脱落していくのです。気づけば一人いなくなり二人いなくなりと。

そう、授業についていけず去っていくのです。今思うと、音楽ってのは改めて厳しい道なんだなと思います。

専門学生から15年ほど経ちますが、まさか自分が教室を運営して、たくさんの生徒さん、先生たちに囲まれてギターを教えて、いろんなジャンルを弾いて仕事ができるなんて、当時は1ミリも思っておりませんでした。

専門学校の入学当時は、絶対バンドで売れてやるって思ってましたらかね。

人の未来というものは、誰にも予想ができません。本人が一番ビックリしてますから(笑)

ということで、僕のサボり癖、怠け癖が垣間見えたのではないかと思います。今は少しマシになりました(笑)

真面目にやられている方は本当に尊敬です。。。

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad