【最初に知っておくべきフルートの違い】その②

 

サックス&フルート講師の石神有規です。

image1

 

前回のその①では「洋銀製」、「銀製」の違いを説明しました。

今回は「カバードキー」、「リングキー」について書いていきたいと思います。

 

【カバードキーvsリングキー】

 

↓カバードキー

フルートコラム

指で押さえるキーの部分に穴が開いていないのが、カバードキーです。
手が小さい方や、指の細い方は否応なくこれを使うしかないようです。
入門用の洋銀製フルートはほとんどがカバードキーです。
そして、キーが直線に並んでいないオフセットと言われる配列になっています。

 

↓リングキー

フルートコラム2

 

キーに穴が開いているのが、リングキーです。
キーが直線に並んでいるインラインが多いですが、オフセットもあります。
高音域や特殊な音を出すときに便利なので、プロの演奏家はリングキーを使っている方が多いです。

 

次回は「C足部管」、「H足部管」について書いていこうと思います。

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

【最初に知っておくべきフルートの違い】その①

 

はじめまして、サックス&フルート講師の石神有規です。

image1

 

 

フルートという楽器は、

ピアノ、ギター、バイオリン、フルート…

たぶん4番目くらいによく知られた楽器だと思います。

いざフルートを始めようと楽器屋に行く。または、ネットで検索すると一万円台から何百万円もするものまであります。しかも見た目は同じ!?金色のは高い!

どんな楽器でも同じですが、経験者に選んでもらうのが一番だと思います。

ここではまず最初に知っておくべき“フルートの違い”を述べたいと思います。

 

【洋銀製vs銀製】

 

 

【洋銀製】

入門用の安価なフルートは洋銀製が多いです。銀メッキをかけられていることが多く、見た目は銀製と同じです。吹いた時の抵抗感が軽く、ちょっとかたい音がします。音量が出しにくい傾向があります。
いい意味で軽い演奏がしやすく、マイクのりもいいようです。
持ち替え楽器やマイクを使う演奏者には、十分な楽器かもしれません。
【銀製】

中級、上級者向けの楽器は銀製、金製、プラチナ製、木製などがあります。
全部銀で出来た総銀製の楽器は、はじめの一本にもお勧めできます。
ただ、中古で安くても30万円で、できれば50~60万円の予算がほしいです。
総銀製の楽器は、どのメーカーも素晴らしく、音色や操作性など、はっきりした個性を持っている楽器が多いです。

この違いをしっかりと判断したうえで、自分に合う楽器を見つけていきたいですね。

次回は「リングキー」、「カバードキー」について書いていきます。

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

【トロンボーンという楽器】その②

皆さま、こんにちは♪

トロンボーン、pBone(プラスチックトロンボーン)講師の山縣真梨子(やまがたまりこ)です。

p Bone 真梨子

 

前回の【その①】はトロンボーンの活躍の場なども書きました。

 

今回は音の出し方について説明していきます。

————————————————————————————-

音の出し方としては、
マウスピースと呼ばれる吹き口のなかで、唇を震わせ息を流すことで、音を鳴らすことができます。

音程は、その唇の形やスライドの長さで、決まるのです。
同じスライドの長さで(ポジション)、違う音が出るので、

とてもメロウな「トローン」とした音色から、
ブラスの重厚な「ボーン」という音色までを出すことができます。
だから、「トロン ボーン」(笑)(Jokeです。)

そして、なによりも、トロンボーンは、「コミュニケーション楽器」と感じます。周りの人との協調性を持ってハーモニーを奏でるのが得意ですし、主役にもなり得ますが、縁の下の力持ち的な渋くカッコイイ立ち位置にあるように思います。

お子様の情操教育や、老後の楽しみとしても、いかがでしょうか。(^.^)

Jazz’nに、しばらくpBoneをお試し用に置いていますから、どうぞ皆様触ってみてください(^.^)

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

【トロンボーンという楽器】その①

 

皆さま、こんにちは♪

トロンボーン、pBone(プラスチックトロンボーン)講師の山縣真梨子(やまがたまりこ)です。

山縣tb4

 

 

トロンボーンという楽器は、見たこと、聴いたこと、触れたことはございますか?
なにより、スライドの動きが特徴的で、ほかに類を見ない楽器です。

 

a72001530d0aa251810198103771af06_s

 

日本で、トロンボーンを知らない方に説明するときは、「がちょ〜ん」の谷啓さんのことをお話しますと、皆さまわかってくれます。

三、四人並んで、アンサンブル(合わせて演奏)すると、スライドの動きがカッコよくて、見た目からしても【カッコよい】楽器なのです。何を隠そう、私は、まさにその見た目に魅了されて、「トロンボーンがやりたい!」と思った1人です。

また、音域も他の管楽器と比べ広く、人の声に近い音色で、アンサンブルに適した楽器ともいえます。また、昔は教会で使われていましたから、「神聖な楽器」とも言われています。
そして、クラシックのオーケストラ(大抵、向かって右奥にいる!)でも、ジャズのビッグバンドオーケストラ(中段にいる!)や小編成バンドでも、スカやロックバンドでも使用されています。

そうなんです、意外にもトロンボーンの活躍の場はたくさんあるのです!

 

次回は音の出し方について書こうと思います♪

 

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

レコーディングって楽しいNo.2

rec2

rec3

副代表の仲田です。

前回はDTMの話を中心にさせて頂きました。

DTMを始めるとびっくりするのですが、音源が作れるようになります。

何を当たり前の事を言っているのかと思うかもしれませんが、これって凄いことなんです。
しかも全パートばらばらに録音出来るし、音量やバランスなども後で修正できる。
プラグインなどを揃え始めるとよりリアルな音源や、上質なエフェクターなんかも使えます。

もうね、凄い感動しますよw

そんなわけですと、あれ?これレコスタ行く必要なくないか?と錯覚します。

いや、動画投稿レベルなら充分かもしれませんが、販売クオリティになるとそうも行きません。

スマホにイヤフォンでは違いはわからないかもしれませんが、上質なオーディオ機器で聴いたときにまず圧倒的に差が出ます。
あとはマスタリングという作業なのですが、音圧やその他諸々がやはり違います。

なぜかってそりゃレコーディングでずっと今でも使われている機械を使っているんです。
その額がもう目を疑う価格なわけです。。。

NEVE ( ニーヴ ) / 1073DPD

マイクプリアンプでこの価格…

こういうのがゴロンとあるのがレコーディングスタジオです。

別にプロを目指していないとか趣味で楽しめれば…
と思う方もいると思うんですけど、あえて声を大にして言いたいんです。

一度でも本物を体験してください。

衝撃的だと思います。
こんなに違うのかってなります。ドライ(エフェクトかけてない)の状態ですら感動するくらい良い音です。
自分の演奏とは思えない…いえ、それは違いますねw

本物を知ればご自分のお持ちのソフトなどでそれに近い音にしようと近付けようとする事ができます。

それが一番の収穫なのです。

現在は高級アウトボードのモデリングしたものとかもあります。
しかし、それは実機を知った上だと思うんです。

モデリングしたもの、実機、プラグインソフトそれぞれの良いものをしっかりわかって使うとよりレコーディングって楽しくなります。

良い音に際限はありません。なので自分の腕、楽器、声ももちろん大きな要素です。
その性能を充分発揮できる環境で録音をする。
それを知った上で、自分のレコーディング環境でいかに近付け、かつ必要なものを買い足していきましょう。

レコーディングは本当に楽しいです。

仲間のレコーディングスタジオをご紹介します。
mulogicstudio

Studio KPP

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

レコーディングって楽しいNo.1

rec

副代表の仲田です。

2018年のNAMMショーも盛り上がっておりましたね。一度で良いから行ってみたいですね。
個人的にはGT-1000とかRiotのミニが気になります。そのSuhrからレスポールタイプも発表されました。
機材欲は止まらないですねw

さてさて、最近ではレコーディングを多くさせて頂く機会を頂いてます。

ネット納品から写真のようにレコーディングスタジオにお伺いして録音したりと色々…

レコーディングと言うと難しそうとかお金が凄く掛かりそうというイメージがあると思います。
もちろん、プロレコーディングスタジオには1機○百万円の機材もありますし、ミックス、マスタリングなどの技術は一朝一夕で身に付くものではありません。

ただ、それと同時にPCやソフトの改善があり、今では安価でDTM(デスクトップミュージック)が始められるようになりました。
例えばMacであればガレージバンドというソフトが付いておりますし、それの上位機種であるLogicも2万5千円くらいだったと思います。

主に音楽制作にはマックと言われておりましたが、最近はwindowsで制作をしている人も多く見受けられます。
CubaseやSTUDIO ONEなどの高性能のDAW(デジタルオーディオワークステーション)もWinに対応しております。

なのでPCがあればもう音楽制作は始められるんです。一昔までは考えられなかった価格で超高音質なものがです。

もちろん、インターフェイスやマイクなども必要になりますが、安価で良いものは大量にあります。
FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett Solo Studio G2

TASCAM ( タスカム ) / US-4X4TP-SC

なんとオールインワンパックみたいなのも今はあるようで羨ましい限りです…w

使い方やプラグインとかは後から考えましょうw

まずは録音するというものがどういうものなのかを体験してみてください。

最初はクリックに合わせる事の難しさや今までと何もかもが違うので戸惑うかもしれません。

しかしやってみてわかることもきっとあると思います。

今の時代は誰でも気軽にレコーディングが出来る時代になり、様々な動画投稿サイトにも公開することがしやすくなりました。

折角なら一生懸命作って公開してみませんか?

そして、今回は個人で出来る範囲について書きました。

疑問に思った方もいると思います。

じゃあ、レコーディングスタジオ行かなくてよくね?
と。。。

次回は
何故レコーディングスタジオで録音を経験すべきかを書いて行こうと思います。

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

【講師ライブ】@3.4(SUN) 代々木BarW

 

代表の大野木です!

僕が出演するライブがあります。

ご一緒させて頂くのは、男性ボーカリスト、しかもジャズです。

男性ジャズボーカリストはかなり珍しいですね、僕も今までは本当に数えるくらいです。

一度セッションでご一緒させていただいたご縁でライブさせていただきます。

男性のkeyはまた女性とは違って、曲の雰囲気も変わってきます。

とても楽しみです!

ちなみに告知をしたばかりですが、予約の席が残り僅かとなっております。

いやいや、ありがたいことですね。

 

ライブ詳細です!

Image (2)

 

 

3/4(SUN)@代々木BarW

【Jazzl Live!】

Open 18:30 (2 stage 入替なし)
Start 1st stage 19:00 ~ 2nd stage 20:00~

Music charge : ¥2000(要予約)

Vo : 佐藤 崇
Guitar : 大野木 努
代々木BarW
http://r.gnavi.co.jp/b310800/

〒151-0053  東京都渋谷区代々木1-45-6 豊田ビルB1
TEL 03-3375-6061

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

溝の口劇場

mizonokuchi

副代表の仲田です。

新年からあっという間にひと月過ぎました。毎年思いますが時間の流れが速すぎる気がします。

さて、そんな先日は去年新しく出来ました溝の口劇場という所で開催されました新年会に行って参りました。

作曲家、プレーヤー、役者、声優さんなど色んな分野の方々がいらしてとても有意義で楽しい会でした。

引きこもってばかりいました年末年始ですがこの日を境にきちんと今年も自分の足で出向き、自分の目と耳と感覚を信じて
色んな人達とお仕事していければと思っております。

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

サックス、フルート講師【石神有規】先生 プロフィール

 

代表の大野木です!

2018年2月よりサックス、フルート講師【石神有規】先生が着任しました。

以下がプロフィールとなります、よろしくお願いします。

 

image1

 

 

 

石神 有規(37歳)
Yuuki Ishigami

サックス、フルート講師

中学、高校と吹奏楽部に所属しサックス、クラリネット等を担当。
高校ではパンクロックバンドでギター、サックス、ボーカルを担当する。
高校卒業後、ANミュージックスクールに入学し、そこで出会った人脈から、ジャズ、ソウル、R&B、クラブ系のバンドでライブ活動をする。
その他に、ジャズバンドでバーやレストランのバックミュージック、社交ダンスの伴奏、老人ホームの慰問演奏等をする。
ジャズサックスを山中良之、川嶋哲郎。
クラシックフルートをみつとみ俊郎。
ジャズギターを坂東ヒロミチ。
ロックギターを水上聖に師事。
現在、ライブハウス、バー、レストラン等でジャズを中心に活動中。

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad