サックス【マウスピース、リードの選び方】

 

サックス&フルート講師の石神有規です。

image1

 

 

前回は「音色」「抵抗感」について書きました。

今回はマウスピース、リードについて説明します。

 

【マウスピース】

楽器に取り付けて直接息を吹き込む部分です。
音を出せるようになるまでは、クラシック向きの、音の出しやすいマウスピースを使いますが、
もし、ジャズやロックをやるのであれば、マウスピースを変えた方がいいです。
↓ハードラバー

サックス4

 

暗い音、柔らかい音を出しやすいものが多いです。吹き方で、明るく、鋭い音も出せます。

 

↓メタル

サックス5

大きな音を出しやすいものが多いです。

メタルマウスピースならではのエッジのようなもがあると思います。

 

↓リガチャー

リードをマウスピースに固定するものです。意外と思われるかもしれませんが、音色や吹き心地にかなり影響します。

正締め(ネジが下)

サックス6

リードの振動を妨げます。その分楽器が鳴るような気がします。

 

逆締め(ネジが上)

サックス7

 

現在主流で、色々なものがあります。
抵抗感が弱いものが多いです。

 

【リード】

サックスの音はリードで決まります。
駄目なリードで、良い音を出すのは大変です。

リードの種類、硬さは無数と言っていいほどあります。

使っているマウスピース、出したい音、息の量でリードを選ぶわけですが、

とりあえず、バンドーレンのトラディショナルをお勧めします。

サックス8

 

名前の通り、伝統的なリードです。
実際にサックスを選ぶのは、ある程度吹けるようになってからがいいですよね。

ジャズンのレッスンでは、無料で楽器を貸し出しております。

楽器の選定も喜んでやります!

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です