カテゴリー別アーカイブ: コラム

【サックス】種類と選び方

☆夏のキャンペーン実施中☆
6/30までに無料体験レッスン申込みの方には、入会金¥1000割引&初回月レッスン料金¥1000割引致します!

 

 

こんにちは!サックス講師の柄澤です♩

 

w_i512aq_400x400

 

前回は音の出し方についてお話ししたのですが、今回は初めてサックスをやってみたい!という方に向けて、楽器や備品の選び方についてお話ししたいと思います!

なかなか知られていないのですが、実はサックスは8種類に分かれています。
・ソプリロサクソフォーン
・ソプラニーノサクソフォーン
・ソプラノサクソフォーン
・アルトサクソフォーン
・テナーサクソフォーン
・バリトンサクソフォーン
・バスサクソフォーン
・コントラバスサクソフォーン
↑この8種類ですね。(気になる方は調べてみてください!とんでもないものが見られます。)

上から音が高い順番に並べているのですが、基本的にみなさんがイメージするようなサックスは
アルトサクソフォーン、テナーサクソフォーン
になります!

アルトは吹奏楽などでメロディを担当することが多く、まさに花形!のポジションです。
一方テナーは少し音が低く、人の声に近い音を出せる渋い楽器ですね。ジャズではテナーの方が好きな方が多いのではないでしょうか?

どれを選べばいいのか分からない!という方にはアルトをオススメしております。
1番スタンダードで音も出しやすく、他のサックスに興味を持った時には移行しやすいですね!

そして吹くには欠かすことの出来ないリード!
リードにも色々種類があり、厚さも存在します。
基本的には数字が上がっていくごとにリードが厚くなり、抵抗感も増し、息が入りづらく感じます。
2 ・2 1/2 ・3 ・3 1/2 の4種類があるのですが、私のオススメはこちら↓です!

・バンドレン トラディショナル(青箱とも呼ばれてます)
厚さは2 1/2が初めての方には音が出しやすいです!

ぜひ参考にしてみて下さい♩
ジャズンでは楽器の貸し出し等も行っておりますので、気になった方はお気軽にお問い合わせください!
次回は練習方法についてお話ししたいと思います。

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

カホン(打楽器)の魅力

☆夏のキャンペーン実施中☆
6/30までに無料体験レッスン申込みの方には、入会金¥1000割引&初回月レッスン料金¥1000割引致します!

 

こんにちは!カホン講師の日隈です。

カホン(Cajon)とは「引き出し、箱」という意味で、全体が木で出来ている箱型のラテン系パーカッションのことです。
人がまたがって演奏する独特な演奏スタイルのため、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか^^

 

8B4C20EB-F77F-4CCC-BAFB-7225A44B037C

 

 

最近、路上ライヴでカホンを演奏している人をよく見かけます。
僕自身もアコースティック系のシンガーソングライターさんのサポートでカホンを演奏する機会が多いです。

カホンはドラムを叩けない初心者の人でもトライしやすいところが魅力の1つだと思います。

そして、ドラムを叩くときと同じようにリズムを叩くのもありですが、実はこの楽器、結構奥が深く、大きさや材質によって音が変化し、叩く箇所や叩きかたでさまざまな音が出せるのです。
そのため、パーカションを長くやってこられた方が奏でるカホンの演奏は一味違ったりします。。

叩けば叩くほど色々な音が出せるようになっていくので、初心者のうちも楽しめますし
レベルアップするとさらに楽しくなり「自分だけが奏でる世界に1つだけの楽器」と思えるくらい愛着が湧いてきて、本当に魅力的な楽器なんです!

最近は特にたくさんの種類が出てきて、最初にまずどれを買えばいいのかわからない。。という方もいらっしゃると思います。
そういった相談も遠慮なくお申し付けください☆

カホンで心地の良いリズムを一緒に刻みましょう!

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

ドラムという楽器

☆夏のキャンペーン実施中☆
6/30までに無料体験レッスン申込みの方には、入会金¥1000割引&初回月レッスン料金¥1000割引致します!

 

こんにちは!ドラム講師の日隈です。

1AB499D0-232E-48FF-A071-A8C08105416A

 

 

皆さんはドラムに対してどのようなイメージがあるでしょうか?

ドカドカと大きな音で迫力がある楽器、手足4本が同時に動いて複雑そう。。
そう思われてる方も少なくないのではないかと思います。

確かに音は大きい音が鳴る楽器ではありますが、実は繊細な楽器でもあるんです。
というのも、バンドを組んだりすると1人で演奏しているわけではないので、自分の音だけでなくベースやボーカル、ギター等の音をよく聴かなければなりません。
そして音だけではなく、メンバーのテンションやノリを観察したりもします。

もちろん、リズムの基盤を作ってあげるのがドラムの役割ですし、リズムキープすることもすごく大切なことです。
楽しく演奏できるようになるためには、そういった練習も必要です。

しかし、それ以上に演奏に気持ちを込めたり、バンドメンバーで想いを1つにして演奏することが僕は大切だと考えます。
なぜなら、そういう熱い想いが1つになり、演奏自体も1つに合わさった時、そこにはものすごいエネルギーが生まれ、それが聴いている人にも必ず伝わるからです!
僕はそういった音楽の魔法が存在すると思ってます笑
(スピリチュアルっぽくなってたらすいません。。。)

また、ドラムは自分の本来の性格が演奏にそのまま出る魅力的な楽器でもあります。

「難しそうな楽器」と身構えず、自分だけの音が鳴らせるように練習し、楽しくドラムを演奏しましょう!

是非是非、お気軽に無料体験レッスンにお越しください!

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

コラム【サックスって難しい?】

☆夏のキャンペーン実施中☆
6/30までに無料体験レッスン申込みの方には、入会金¥1000割引&初回月レッスン料金¥1000割引致します!

 

こんにちは、サックス講師の柄澤です♩

w_i512aq_400x400
前回はサックスについて紹介させて頂きましたが、今回はもう少し深く掘り下げてみたいと思います。

サックスは息を使って音を出すため、「大変そう〜」とか、「肺活量すごく使いそう!」とか思われがちなのですが、みなさんもそう思いますか?
実は違うのです!
ある研究によると健康な成人男性の肺活量であれば十分すぎるほどであり、小学生でも立派に演奏することができます。

大事なのは息の量ではなく、息のスピードなのです!!
サックスはリードと呼ばれるもの(アイスを食べる木のヘラみたいな感じです…)を使い、そのリードを振動させることによって音を出します。

例えば風車ってゆっくりの風だと回らないけれど、速い風だといくらでも回りますよね?
それと似たような原理です!
スピードの速い息、つまり熱いものを冷ますときの冷たい息が出せれば音が出てしまうのです。

一見難しいと思われる楽器ですが音を出してしまえば魅力的な楽器に一変します!
吹けば吹くほどサックスの魅力に気づくはず!

ぜひ少しでも興味があれば無料体験レッスンに申し込んでみてください!
お待ちしております♩

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

サックスって難しい?

☆夏のキャンペーン実施中☆
6/30までに無料体験レッスン申込みの方には、入会金¥1000割引&初回月レッスン料金¥1000割引致します!

 

こんにちは、サックス講師の柄澤です♩

w_i512aq_400x400
前回はサックスについて紹介させて頂きましたが、今回はもう少し深く掘り下げてみたいと思います。

サックスは息を使って音を出すため、「大変そう〜」とか、「肺活量すごく使いそう!」とか思われがちなのですが、みなさんもそう思いますか?
実は違うのです!
ある研究によると健康な成人男性の肺活量であれば十分すぎるほどであり、小学生でも立派に演奏することができます。

大事なのは息の量ではなく、息のスピードなのです!!
サックスはリードと呼ばれるもの(アイスを食べる木のヘラみたいな感じです…)を使い、そのリードを振動させることによって音を出します。

例えば風車ってゆっくりの風だと回らないけれど、速い風だといくらでも回りますよね?
それと似たような原理です!
スピードの速い息、つまり熱いものを冷ますときの冷たい息が出せれば音が出てしまうのです。

一見難しいと思われる楽器ですが音を出してしまえば魅力的な楽器に一変します!
吹けば吹くほどサックスの魅力に気づくはず!

ぜひ少しでも興味があれば無料体験レッスンに申し込んでみてください!
お待ちしております♩

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

コラム【サックスとは?】

☆夏のキャンペーン実施中☆
6/30までに無料体験レッスン申込みの方には、入会金¥1000割引&初回月レッスン料金¥1000割引致します!

 

こんにちは、サックス講師の柄澤です!

3AD1E784-181F-4D11-BA3F-AD9771EE6DD3
今回はサックスについて少し紹介させていただきます♩

サックスってキラキラしてて、華やかで魅力的な音がでて、すごくすごくかっこいいですよね!
正式名称はサクソフォーン(またはサキソフォン)といいます。
ここで突然ですがみなさんに質問です!
なぜサックスは”サクソフォーン(サックス)”と名付けられたのでしょうか?
名付けられた由来があるのです!

実はサックスの生みの親である製造者の名前が”アドルフ・サックス”さんなのです!
そのためサクソフォーン(略称はサックス)と名付けられました。
ベルギーのディナンで誕生し、ディナンは今でもサックスの聖地となっており、4年に1度大規模なアドルフ・サックス国際コンクールが開かれています!
コンクールなのにディナンではまるでお祭りのように盛り上がるそうです…!(サックスのオリンピックですね)

フルート、ヴァイオリン等の楽器に比べると歴史は浅く、誕生したのは1840年代です。
サックスが活躍するジャズが誕生したのも実は同時期の1900年頃なのです。
そのため多くの方がイメージするジャズ、ポップスなど、どんなジャンルにも広く対応できる素晴らしい楽器です!

メジャーなのは吹奏楽で花形のアルトサックス、そしてジャズでは特徴的な音を出すテナーサックスですね。
みなさんはどちらのイメージが強いでしょうか?

次回はそんなサックスの魅力についてもっと深くお話しようと思います♩

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

サックスとは?

☆夏のキャンペーン実施中☆
6/30までに無料体験レッスン申込みの方には、入会金¥1000割引&初回月レッスン料金¥1000割引致します!

 

こんにちは、サックス講師の柄澤です!

3AD1E784-181F-4D11-BA3F-AD9771EE6DD3
今回はサックスについて少し紹介させていただきます♩

サックスってキラキラしてて、華やかで魅力的な音がでて、すごくすごくかっこいいですよね!
正式名称はサクソフォーン(またはサキソフォン)といいます。
ここで突然ですがみなさんに質問です!
なぜサックスは”サクソフォーン(サックス)”と名付けられたのでしょうか?
名付けられた由来があるのです!

実はサックスの生みの親である製造者の名前が”アドルフ・サックス”さんなのです!
そのためサクソフォーン(略称はサックス)と名付けられました。
ベルギーのディナンで誕生し、ディナンは今でもサックスの聖地となっており、4年に1度大規模なアドルフ・サックス国際コンクールが開かれています!
コンクールなのにディナンではまるでお祭りのように盛り上がるそうです…!(サックスのオリンピックですね)

フルート、ヴァイオリン等の楽器に比べると歴史は浅く、誕生したのは1840年代です。
サックスが活躍するジャズが誕生したのも実は同時期の1900年頃なのです。
そのため多くの方がイメージするジャズ、ポップスなど、どんなジャンルにも広く対応できる素晴らしい楽器です!

メジャーなのは吹奏楽で花形のアルトサックス、そしてジャズでは特徴的な音を出すテナーサックスですね。
みなさんはどちらのイメージが強いでしょうか?

次回はそんなサックスの魅力についてもっと深くお話しようと思います♩

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

耳コピってどうやるの?その③

☆新元号「令和」キャンペーン実施中☆
5/31までに無料体験レッスン申込みの方には、入会金¥1000割引&初回月レッスン料金¥1000割引致します!

 

19420319_1337706769683566_4878751960265638489_n

 

代表の大野木です。

前回【その②】の記事がとんでもなくアクスセ数が多くてビックリしております。【その①】に比べたら10倍ぐらいアクセス数が増えました。

 

前回の記事では

①曲のkey(調)を知る

②ダイヤトニックコードを知る

③ルート音を取れるようにする

 

さて、今回は下記の3点を説明していきます。

①7thコード

②テンションコード

③分数コード

 

について説明していきます。

最初に言っておきますが、僕は本当に耳が悪いのです(笑)

周りの知り合いのミュージシャンや教室の先生方は、一度聴いたらパッと弾けてしまうのがとてもとても羨ましいのです。

小さい頃にピアノをやっておけばよかったなと思いますが、今となってはどうしようもありません。。。

なんせ5人兄弟だったので、両親も習い事どころではなかったんでしょう。

ちなみに僕の本職はギタリスト、上記の3点を耳コピするなんて以前まではとてもとても苦手で、楽譜に○7や9th、11th、13thなんかが出ていたらヒィーって叫んで、吐き気がしておりました。

言い方が大げさですが、ロック小僧だった僕には、とんでもない勉強をさせられているような感覚でした。

もちろん、生徒さんの中でも苦手な方がいらっしゃいます。そんなお話を聞くとまさに共感という感じで嬉しくなります。

ウダウダ言ってないで、早く説明しろという感じですね。。。

まず①の「7htコード」

ジャズ、ボサノバなどお洒落な音楽によく使われます。トライアド(3和音)のよりは、ふわっと浮くようなイメージです。そう、7thコードは4和音なのです。7thコードばかりの曲はなんだかふわっとしていて、お洒落になります。もちろん、J-popなどでも使いいますが、トライアドとうまく組み合わせている感じです。逆に歌謡曲、演歌では7thコードが比較的少ないかと思います。そりゃぁ、歌謡曲、演歌はお洒落に聴こえないですもんね。耳コピする際は、ルートも合っていてなんだか惜しいってなったら、トライアドから4和音目を足した7thコードの可能性が高いかなと思います。

 

そして②の「テンションコード」

きました、7thコードよりも更にハードル高めです。大きく分けるとテンションコードは【9th.11th.13th】になります。ルートから数えて9番目の音、11番目の音、13番目の音。ルートから1周してるやん!って感じですが、その通り、ルートから1オクターブ上の音になります。またまたさらにハードル上げますが、【9th.11th.13th】に#や♭も付きます。もう、ガーン!って感じです。。。テンションコードを耳コピする方法は、テンションコードを使っている曲をたくさんコピーする事。あとは7thコードでも合わない、こんなコードの響きは聴いたことがないと思ったら、テンションコードの可能性が高いです。

 

 

最後に③の「分数コード」

実は、僕が一番苦手なやつです。そもそもなんで分数にするんだよ!って、数学嫌いなんだよ!って昔はほざいておりました(笑)簡単に言うと、分母がベース音ということになります。分子の構成音がベース音になっていることが基本的に多いですね。例えばC/EはEが分母、Cが分子になります。Cコードの構成音はドミソ、Eはミなので、Cコードの構成音がベース音になっております。いわゆる転回系の分数コードです。もちろん、それ以外もたくさんあります。

・経過音型

・テンション型

・未解決型

とか。。。

詳しくは下記のURLを見てください(笑)

https://www.mie238f.com/entry/2018/01/13/010639

分数コードが使えると、とても広がりのある感じの曲になります。あと、なめらかだったり。

分数コードを耳コピする方法は、分数コードを使っている曲をたくさんコピーする事。特にベース音の動きに注意して聴いてみる事です。トライアドでも7thコードでもテンションコードでもない場合は、分数コードの可能性が高いです。

 

 

ということでざっくりすぎますが、こんな感じでございます。なんにせよ、数をこなすことはとても大事です。それプラス、上記のことも意識して頂ければ、難しいコードも耳コピできるのではないかと思います。

それではこの辺りで、、、

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

「音楽ではやっていけるわけない」と否定され続けた15年間

☆新元号「令和」キャンペーン実施中☆
5/31までに無料体験レッスン申込みの方には、入会金¥1000割引&初回月レッスン料金¥1000割引致します!

 

代表の大野木です。

IMG_2878

 

いきなりタイトルがネガティブすぎて「コイツ大丈夫か」とか言われそうですが、中身はポジティブです。

ご安心を(笑)

 

15年間と言うのは高1からギターを始めてから、生計を立てれる年数までです。

そう、アホな僕は高校でバンドを組んでライブをやって、「もうバンドで売れる!」これしかないと思ってしまったのです。

そして、大学進学もせずにフリーターとなりバンド活動に精を出す日々でした。

高校生当時、ほとんどが進学を選ぶという感じでした。フリーターなんて学年に数人程度。でも就職氷河期(笑)

 

親にも高校の担任にも

「音楽ではやっていけるわけない」

と言われました。

 

とりあえず大学には行っておけと口を揃えて言われました。

親には安定している公務員にでもなっとけと言われたぐらいです。

もちろん、突っ走ってしまうアホな奴なので、ありがたいアドバイスも受け入れずでした。。。

今思えば、大学で楽しい楽しいキャンパスライフを送りたかったなと後悔しております(笑)

合コンにサークル、あぁ青春時代が、、、

キャンパスライフを楽しんでいる友達が羨ましくてしょうがなかったです。というか大学は勉強するところでもあるんですけどね。

高校の時に音楽やっていた友達もいつの間にか楽器を辞めていて、20代半ばで本気で音楽やっているのは自分だけだったという少し寂しい感じもしました。

よく考えたら、高校卒業してからは「音楽でやっていけるわけない」と言われ続けてたような気がします。

計画性も何も考えてない能天気で楽天家なワタクシなので、きっと心配されていたのか、呆れられていたのか。。。

いや、きっと呆れられていたほうだな(笑)

でも何故だか、できるわけないとか言われると反抗してしまうと言うか、ハングリー精神が芽生えてくるのです。

若さゆえの行動だったんでしょうか、素直に人の意見を取り入れることができませんでした。

高校卒業してから1年ほどフリーターをして、やっぱりちゃんと勉強した方がいいと思い、音楽専門学校に2年間行きました。

この時は何故だかちゃんと判断できました。今では専門学校に行っておいてよかったなと思います。

そして、専門学校在学中に運よくバンドが良い感じになり、ほんの少しだけ売れました。

インディーズながらアルバムを3枚リリース、全国ツアーも回ってとてもいい経験をしました。

バンドで売れて、レコードショップにCDが置かれて、曲がどこかで流れたり、MVがテレビで流れたり、テレビに出演などしました。

今まで否定してた方々は、応援する方に回ってくれました。う~ん、人ってわかりやすい。

特に親は(笑)

ですが、「バンドが売れている状態がいつまで続くか、、、」なんて皮肉を言われたことも多々ありました。

それでも何故か見返してやろうという気持ちで、ポジティブな方へ持っていけました。

気楽な性格で本当に良かったなと思います(笑)

そして26歳ぐらいでバンドが解散になり、このまま続けるか、ちゃんと会社に勤めるべきなのか、ここで本気で考えました。

考えるって言っても経ったの1週間ぐらいだったな(笑)

自分の一生を左右するのに、もっと考えんかい!と当時の自分に言ってやりたいです。。。

 

ちなみに何故続けようと思ったのか、、、

 

当時バンドが解散して、一人のギタリストとして地道に活動していた頃、二回りも年上のピアニストと都内のバーで演奏しておりました。

そのピアニストの方に「音楽辞めちゃダメだよ」と言われ、なぜだか決心しました。60代のミュージシャンに言われるとなんだか説得力があります。

さすがに30歳前になると、音楽で仕事することには、誰も何も言ってこなくなりました(笑)

そしてミュージシャン仲間も30歳を前にして、一人また一人と去っていきました。

ちょうどその頃に運がよく、音楽で生計を立てれるようになりました。と言っても本当に最低限の生活です(笑)

着るものも我慢しました、食べるものも我慢しました、旅行なんかには行けません、月に一度の贅沢なんてのもありません。

まさにひもじいとはこのこと。でも不思議と辛かったとかもうヤダなとか感じなかったんです。なんとか音楽でやっていこうと必死でもがいてもがいて、そういうのを考える暇すらなかったように思います。

今もそんなに変わらないですが、貧乏暇なしということです(笑)

元々僕は野球少年でしたが、結構苦しい練習でも必死で上手くなりたくて、試合に出たくて。今思うと苦しくても、楽しかったから続けていたんだなと思います。

僕は今40歳前ですが、知り合いの同年代ミュージシャンは10人もいないかも。音楽も狭い世界なので、すぐに知り合いの知り合いに繋がります。

今、同年代ミュージシャンと共演すると、本当に本当に嬉しくてニヤニヤしてしまいます。

というわけで、強い志を持てば、そして諦めなければ必ず目標にたどり着けます。というのは根性論みたいになるので、半分本当ぐらいで受け止めてください。

必死で続けているなということは、夢中になっているということ。それが延長線上になって、僕は現在周りの方々のおかげでこういうお仕事につけているということです。

趣味で続けていた方が、もっと早くに生活も楽になったかもしれません。いや、趣味でやっていた方がいろいろ我慢しなくて、旅行ももっと行けてたな(笑)

自分が目指したい道を反対する人は必ずいますが、半分は素直に話だけ聞いて、バランスを取るのが一番いいのかなと思います。

う〜ん、まとまったかな。

アクセス数が多かったら、シリーズで書いていこうと思います。。。

 

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

【ライブ(本番)で100%の力を出すにはどうしたらいいの?】その③

☆新元号「令和」キャンペーン実施中☆
5/31までに無料体験レッスン申込みの方には、入会金¥1000割引&初回月レッスン料金¥1000割引致します!

 

代表の大野木です。

o1728230413768335479

 

前回の記事はこちら

さて、今回はバンドマン時代の失敗を書いていきます。

本当にたくさん失敗しました、どうぞ笑ってやってください(笑)

 

バンドマン時代はライブ、ライブ、ライブ。本当にライブの嵐で月に10本やるなんかも当たり前です。

タイトルでは「100%の力を出すのにはどうしたらいいか」とかいてますが、バンドマン時代は100%出せたことはありません(笑)

おいおい、なんじゃそりゃ。。。

 

むしろ、平均すると50、60%の力を出せてたかなぐらいです。

 

理由は簡単です。

カッコつけて上手く弾こうとするほど失敗する

 

この一言に尽きます。

 

いやいや、バンドなのでかっこよくするのはいいんです。実際バンドも激シブスカバンドなんて言われてましたから。

でもやっぱり上手く弾こうと、上手く見せようとするほどミスが多かった記憶があります。

そんなことに気付いたのはバンドが解散してから(笑)

本当にいつも力が入りっぱなしだったんです。力を抜いて、練習通りやれば全く問題ないのです。そうやって弾いていれば、きっと上手く見えていたことでしょう。

バンドが解散して、地道にギタリストで活動していき、いろんなミュージシャンや歌い手さんと演奏するなかで、力を抜いて平常心でやれば70、80%の力が出せるんだと気付きました。

遅っ!!

本当にアホな脳みそです。。。

バンドマン時代は毎回毎回、力が入りすぎて、カッコよく上手く弾こうとして、失敗し続けてライブをやるたびに落ち込んでおりました。変なとこでネガティブになるんです。

今思うと何故もっと早く気づけなかったのか。

後悔ばかり。。。

 

 

 

ではこの辺りで、、、、

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad