カテゴリー別アーカイブ: コラム

打ち上げまでがライブって本当?

☆春のキャンペーン実施中☆
4/30までに無料体験レッスン申込みの方には、入会金¥1000割引&初回月レッスン料金¥1000割引致します!

 

代表の大野木です。

< 617ライブ3

昔はよくバンドの先輩方に言われました、

 

「打ち上げまでがライブだ!」

 

cache-2c5c2ae0-42f1-4d89-cd23-b98caf7626e6

 

 

いやいや、ライブはライブですよ。演奏終わったらライブも終了ですよ。

と心では呟いておりました。

20代後半までは、バンド一筋だったので、ライブが終わると必ず打ち上げがありました。

打ち上げには対バンで一緒になったバンドやお客さんなどなど。

 

先に結論を申し上げると

お酒が好きな方は打ち上げまでがライブと思っていただき、むしろ打ち上げの美味しい酒を飲むためにいいライブをするぐらいでもいいと思います。

お酒があまり飲めない方、大人数での場所が苦手な方は無理に参加する必要はないと思います。

 

僕の場合は、お酒の飲めなくはないですが、必ず悪ノリする人が1、2人出てきてどうもそれについていけない。そして大人数も実は苦手だったので打ち上げでいい思い出というのがあまりないのです。

お酒の量をもっと飲める体質ならいいのですが、それよりもどちらかというと食べたい方なのです。でも打ち上げは必ずチェーン店の居酒屋なので、料理は普通。というか値段に相応しているという感じでした。

打ち上げでもいい思い出ももちろんあります。それは地方のツアーに出た時です。地方に行くと都内から来たという事でめちゃくちゃ歓迎されます。おもてなしもさながら、料理がとても美味しいのです!そりゃそうです、地元の新鮮な食材なので不味いわけがありません。料理が美味しいと酒もなんだか美味しく感じてしまうのです。

ちなみに20代半ばまでは、僕はビールの苦みが実はダメだったのです。なので甘いカクテル系ばっかり(女子か!と突っ込みたいですね。笑)

やっと20代後半でビールが美味しくなってきました。それもあったのか、やはり打ち上げは得意ではなかったような気がします。

あと、雑談が苦手だった。。。

若干、コミュ障ですね(笑)

誰でも触れていい当たり障りない会話が苦手だったような気がします。

 

えーと、僕のどうでも良い話はここらへんにしておいて、

さてここからが本題です。

打ち上げに参加するメリットとしては、やはり人の繋がり、信頼関係を築けるというのがあります。いまだにビジネスでもお酒の席を大事にしているところはありますし、人の素が見れる場でもあります。

打ち上げが苦手な方は、無理に参加せず、SNSなどをうまく利用して人望築くこともできますし、大人数が苦手であれば、1対1で食事に誘うなどのアクションを起こせます。

 

昔ほど打ち上げや酒を強要されることはなくなった昨今、お酒がダメならノンアルコールもあります。

昔はソフトドリンク頼もうとしたら「ふざけんな!」って本気で怒られました(笑)今はさすがにそんなことはないでしょう。。。

自分の無理のない程度に合わせてやっていけばいいのだと思います。僕は昔ほど大人数は苦手ではなくなりましたが、元々人見知りなので、挙動不審になることは多々あります(笑)

でもやっぱり打ち上げでいろいろ話せて気が軽くなったり、共感してもらえたりなどあると、参加できてよかったなということもあります。

もちろん、悪い席も多々ありましたが、、、

ですので、僕は程々と言う感じで参加したり参加しなかったり。。。

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

コラム【レコーディング】

☆春のキャンペーン実施中☆
4/30までに無料体験レッスン申込みの方には、入会金¥1000割引&初回月レッスン料金¥1000割引致します!

 

代表の大野木です。

19420319_1337706769683566_4878751960265638489_n

 

昔話ということで、先日ブログに書きましたが(昔の話昔の話その②)、CDをリリースをするという事はその前に必ずレコーディングがあるということですね。そういえば、レコーディングのことってあまり書いてなかったような気がします。

ということでダラダラとレコーディングにまつわることを書いていきます。

昨今は宅録の技術進歩によってパソコンがあれば、レコーディングスタジオでなくても音質の良いものが録音できます。

僕もここ数年はデータだけ送ってくださいとか、知り合いの自宅スタジオでレコーディング(宅録)が多いです。

と言っても教室運営でいっぱいいっぱいなこのアホの単細胞のワタクシ、そんな奴に仕事を回してくれるとても優しい方々に感謝です(笑)

パソコン1台でのレコーディング技術が発達する前は、そう、レコーディングスタジオが主流でした。

僕は運よくバンドが軌道に乗って、レコーディングスタジオでたくさんレコーディングさせてもらいました。

宅録は本当に便利でどこでも録音ができること。

ですが、、、

あのレコーディングスタジオでのブースに入って、エンジニアさんとのやりとりなどの緊張感はなんだか忘れられないんです。

ブースに入ると、ギュっと気持ちが締まるんですよね。

ブースの向こうではメンバーが険しい顔でこちらを見つめているというのもありますが。。。

あとはどデカイ卓(ミキサー)とか、その他の機材を見ると、とてつもなくテンションが上がります。

なんというか気持ちがとても昂るのです。

そしてレコーディングスタジオで録音した方が、やっぱりいい音してるんですよね。もちろん、エンジニアさんの腕が素晴らしいというのもありますが。

今までお会いしたエンジニアさんは本当にいい人ばかりで、作品を自分のことのように考えてくれて、いろいろアドバイスくださる方ばかりでした。

エンジニアさんとも一緒に創り上げていくあの感じも堪らなく楽しい時間でした。めちゃくちゃ口論になることもありましたが(笑)

宅録の進歩により、残念ながら無くなっていったレコーディングスタジオは多々あります。

とても悲しいですが、時代の流れですね。

悲観的になってしまいますが、手軽にレコーディングできる宅録は本当にすごいことだと思います。

宅録でも機材次第でレコーディングスタジオに負けない音質も可能です。もちろん、エンジニアさんの腕も含めて。

でも、一度はちゃんとしたレコーディングスタジオで録音してみることもおすすめです。
お金はかかりますが。。。

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

【音楽を仕事にするってどういうこと?】その④

3/31までに無料体験レッスン申込みの方には、入会金¥1000割引&初回月レッスン料金¥1000割引キャンペーン実施中!

 

 

代表の大野木です。

IMG_2878

 

シリーズものコラムです。

前回の記事はこちら

 

前回の記事が思ったよりも多くの方に読まれていたので、調子に乗ってその④を書こうと思います。

今回は音楽を仕事しようと思っている方へ書いていきます。

おそらくコラムというよりは、ただ伝えたいだけかもしれません。。。

 

僕の場合は高1からギターを始めて、すぐにバンドを組んで高校時代は音楽まっしぐらという感じでした。周りは大学進学が当たり前の中で自分だけは音楽でやっていくという、今ではとてつもない恐ろしい考えをしておりました(笑)

当時の高校の担任も親も

「音楽はやめとけ」

 

と当たり前のように言ってました。

親からは公務員になっておけと言われたくらいです。

そんなこと言われたら、若かりし頃は反発したくなるのが常。

 

もちろん進学せずにフリータになってバンド活動に精を出しました。

運よくバンドがちょっとだけ売れましたが、音楽でやっていけるほどの収入は得られずに解散。

そしてバンド解散後は一人のミュージシャン、ギタリストとして地道に活動していきました。

 

運よく周り恵まれて、ミュージシャン、ギタリスト、講師としてなんとか生計を立てれるようになりました。

この生計立てれるまでは、相変わらず誰からも「音楽はやめとけ」と言われ続けました。

もう、ここまで来ると、なんだか自分の人生を否定されている気がしてきます(笑)

なんで音楽でやっていくことがこんなに否定されなければいけないのか、当時は憤るばかりでした。

音楽や芸能関係の方から否定されるのはまだ納得がいく部分もありますが、大半はそういうお仕事の関係ではなく、お勤めされている方々なのです。

僕はそこで見返してやりたくて、いわゆるハングリー精神でやれることはなんでもやってきました。

そういえば、嫁さんにも、嫁さんのご両親にも「音楽はちょっと、、、」と言われたような(笑)

僕の場合は、ネガティブなことが運よくポジティブに働いて、今があるので、結局は否定された方々に感謝です。

もちろん、見返してやったという思いはあります(嫌な奴ですね。笑)

ただ、この先も死ぬまでやり続けて、このまま死ねたら、本当に見返してやったということです(性格悪いやつです。笑)

 

音楽だけではなく、芸能関係、起業される方などは、誰かに相談すると半分以上は僕みたいな感じになるかと思います。

相談された方も相手のことを思って、心配して言ってくれるのです。

でもやりたいか、やりたくないかは自分が決めること。

 

一つ言えるのは、いつまでに生計を立てなければ諦めるとうのも踏ん切りがついていいかもしれないですね。

僕の場合は、いつまでになんて全く考えてないノープラン野郎でしたが(笑)

そんなノープラン野郎でも今のところなんとかなっているのは、ただ運がいいだけ。。。そして周りの方々に助けられているおかげでございます。他力本願とはこういうことですかね、、、

ということでこの辺りで、、、

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

【音楽を仕事にするってどういうこと?】その③

2/28までに無料体験レッスン受講の方には、初回月のレッスン料金¥1000割引キャンペーン実施中!

 

 

代表の大野木です。

IMG_2878

 

さぁ、シリーズものコラムです。

前回の記事では「作曲作詞、アレンジ」について書きました。

売れているのは、ほんの一部の作家。作家もミュージシャンと同じく、何の保証もない厳しい仕事と言わざるを得ません。

もちろん普通に勤めていらっしゃる方も楽な仕事はないとは思いますが、、、

前回のその②はこちら
音楽で仕事と言ってもいろいろあります。

大きく3つに分けるとこんな感じです

①ミュージシャン、アーティスト、バンドマン
②作詞作曲、アレンジ
③講師

他にもたくさんあるのですが、わかりやすい職種は上記になります。

今回は③の講師について書いていこうと思います。

 

講師という職種、まさに僕が今メインでやっている仕事になります。たまにレコーディングやライブでの伴奏などもお仕事もやることがあります。

説明しなくてもわかるとは思いますが、レッスン(授業)をするのが講師の仕事です。

講師の仕事と言っても大きく3つに分かれます。

 

・大手音楽教室の講師として雇われる

・個人で教室を開講する

・音楽専門学校、音大の先生になる

僕の場合は、まさに個人で教室を開講したということになります。現在はいろんな先生方のお力をいただいて、色々な楽器のコースがありますが、最初は自宅の1室でギター教室として個人で開講しました。

個人で教室を開講するメリットとしては、レッスン料金を全て収入にすることができます。デメリットは、宣伝広告が大変、要は生徒さんを集めるのが難しいことです。

大手音楽教室の講師として雇われた場合のメリットとしては、生徒さんを集めるための宣伝告知などをしなくていいことです。デメリットはレッスン料金のいくらかは差し引かれてしまうことです。

 

僕の知り合いには、個人で教室をやっている方もいれば、大手音楽教室で講師をやっている方もいます。

どっちが楽で大変とかは、あまり差はないと思います。

僕の場合は、運よく生徒さんが集まってくれたので、徐々に楽器のコースと担当の先生が増えたということになります。

大手音楽教室の講師であれば、教室側が宣伝告知をしてくれるので、楽器や受講内容に集中できるというメリットがあります。

ちなみに大手音楽教室の講師になる場合は、その教室独自の試験があります。

個人で教室を開く場合は、特に資格などは必要ないです。

 

講師という仕事自体のメリットとしては、収入が安定しやすいことです。もちろん、しっかりと生徒さんに歩み寄り、レッスンをして長く受け続けてもらうことが前提です。

講師の仕事と演奏の仕事を5:5の収入で生活している人もいれば、7:3だったり3:7だったりと人それぞれになります。

僕も、1人で開講してちょっと経ったら大体5:5ぐらいで、ありがたいことに生徒さんが増えてきてから7:3に変わってきて、現在は9:1ぐらいです。

演奏の仕事もしたいなとは思いますが、時間帯が夜の場合が多いんですよね。子供生まれたばかりなので、夜遅くの帰宅であまり迷惑をかけたくないので、中々出来ずといったところです。

 

最後に「音楽専門学校、音大の先生になる」です。

これに関しては、学校それぞれ契約内容がちがうと思うので、収入の面に関しては学校により差があると思います。

音楽専門学校や音大は、大手音楽教室と同じで生徒の募集は学校側でやります。カリキュラムも決まっているのでそれに沿って教えていくという形です。

 

ということで講師について書きましたが、もっともっとたくさん書こうと思えば、書けるのでこの辺りにしておきます。

それでは、、、

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

2018年【コラム】番外編 ランキング TOP5

年末年始休業 12/28~1/4

※年末年始休業中でも無料体験レッスン申込手続き&問合せ可能です(返信に3、4日かかる場合があります)

 

代表の大野木です。

19849185_2005428412853584_1447958044_n

 

今年も先生方にも書いていただきました。

僕よりもずっと文才がある先生方のコラムをランキングにしてみました。本当は全部紹介したいのですが、、、

 

1位 【トロンボーンという楽器】山縣先生

 

2位  【最初に知っておくべきフルートの違い】石神先生

 

3位  【サックスの種類、選び方】 【サックスの音色、抵抗感】石神先生

 

4位  【決して若者の芽を摘んではならないのです】仲田先生

 

5位【幼少期にヴァイオリンを始めることについて】伊藤先生

 

 

 

こうやって見てみると、今年開講した管楽器、弦楽器コースの記事がランクインしております。

いやいや、嬉しい限りです。

大変お忙しい中で書いていただいた先生方に本当に感謝感謝でございます。

新しいコースの宣伝、告知は僕の力不足でまだまだです。来年はたくさん体験レッスンにお越しいただけるように努力していきます。

管楽器、弦楽器の先生方とセッションもしておりますので、素晴らしい演奏もこちらから是非聴いてください!

 

ではこの辺りで、、、

 

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

2018年【コラム】ランキング TOP3

年末年始休業 12/28~1/4

※年末年始休業中でも無料体験レッスン申込手続き&問合せ可能です(返信に3、4日かかる場合があります)

 

代表の大野木です。

3380EFE8-25CF-43CA-8A22-248AD0C402B4

 

今年もコラムを書きました、そして先生方にも書いていただきました。

今回は僕が書いたコラムをランキングにしてみました。

 

1位 【バンドメンバーと上手くやっていくには】その②

 

2位 【ライブ(本番)で100%の力を出すにはどうしたらいいの?】その②

 

3位 【耳コピってどうやるの?】その②

 

 

 

こうやって見てみると全部シリーズものです(笑)

嬉しいのは、その ①よりもその②の方が多く読まれていることです。

もちろん、全て実体験です。失敗に失敗を重ねました。

そんな失敗を笑っていただければ、励みになります(笑)

こんな拙い文章ですが、どっかの一部分が誰かのお役にでも立てたら嬉しいなと思います。

今度は僕ではなく、先生方のコラムもランキングしてみようと思います。

ではこの辺りで、、、

 

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

【僕の音楽専門学校時代の恥ずかしい話】その③

 

 

代表の大野木です。

o0960072013774044323

 

シリーズもの、第3弾でございます。

またまた自分をさらけ出します(笑)

 

振り返るとその①では

「1年目はほぼ学校に行っていなかった」

その②では

「発表会をバックレた。。。」

 

とお恥ずかしいこと極まりないですね。

 

さて、今回は

 

先生に胸ぐらつかまれて怒鳴られた。。。

 

 

またまた、お恥ずかしい。。。

 

お前はどんだけ周りに迷惑かけているんだという感じです、、、

 

 

これは、忘れもしない出来事でございまして。

音楽専門学校2年目のバンドアンサンブルの授業で事はおこりました。

担当の先生は学校の中でも厳しいと言われる先生、きっと今の時代だったらパワハラと言われるレベルで生徒を罵倒しておりました。

でも言ってることは間違ってなくて、もちろん実力も経験もすごいので、罵倒されても納得なのです。

バンドアンサンブルというのは、ギター科やドラム科などから同じレベルの生徒を組み合わせバンドを組んで、先生が事細かに指導していく授業です。

ある日、授業で気持ちが締まっていないと先生から生徒全員説教されました。

そこで気持ちを引き締めなければいけないとこで、僕はなぜか笑い顔で返事をしたら、「ヘラヘラしてるんじゃない!」と胸ぐらをつかまれ罵倒されました。

なぜ、そこで笑い顔でいたのか今でもわからないのですが、、、

別にヘラヘラしていたわけでもないのですが、、、

 

ただ、毎回アドバイスだか、説教みたいなことが「う~ん」という風になっていたのは確かだったような気がします。

今考えると、音楽で食っている大先輩の話をしっかりと聞くべきだったなと、、、

ちょうど20歳でまだ若さというのもありましたが、その場ではもっと気を引き締めているべきだったと後悔ばかりです。そうすれば、自然と笑い顔にならずにヘラヘラしているようにも見えなかったはず。

まさに後悔先に立たず。。。

 

もちろん、今の時代に上記の事のような罵倒して指導というのは在ってはならないこと。

時代時代でいろいろ変わっていきますが、いくら正しくても罵倒や説教というのは、どうも人格を否定されているような気がしてしまうんですよね(日本人の特性でしょうか。笑)

罵倒して説教したほうがハングリー精神が強くなる、根性がつくなんて言いますが、やっぱり冷静に指摘をしてもらったほうが心に入ってくるような気がします。

と言いながらも、自分も気づかないうちに説教じみたことを言ってるかもしれないので、肝に銘じておかなければです。

 

と言うことで、もうこれ以上はお恥ずかしい話はないはず(笑)

あぁ、穴に入りたい。。。

 

それではこの辺で

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

コラム【練習の仕方に問題がある?】ピアノ編

 

 

こんにちは♪ピアノ講師の原田です。

原田先生 - コピー

私が現在Jazz’nで教えている生徒さんは、大半が大人の方なのですが、
そのほとんどの方が、子供の頃にピアノを習っていた経験者です。
そして、皆様似たようなお話をされています。

「練習が嫌いでやめた。」
「練習してもなかなかうまくならず途中で挫折した。」

でも、大人になってみて、やっぱりもう一度ピアノをやりたい、と戻って来た方ばかりなのです。

習うジャンルは、クラシックでも、ジャズでも、ポップスでも、「練習」をしないと上達しない事には変わりません。
でも、子供の頃って、その「練習」がどうも好きになれないんですよね、、、
練習しているのに、いつまでたっても弾けるようにならない、上手にならない。
そんな時は、きっとその練習の仕方に問題があるのかもしれません。

曲の途中で間違ったら、何度も最初から弾き直していませんか?
曲全体を弾く前に、よく間違える箇所だけ何十回も繰り返して練習してみて下さい。最初から最後まで、間違えながら何となく弾く練習より、間違える箇所だけ何度も弾いて、確実に弾けるようにする練習の方が、ずっと効率はいいのです。

弾けないテンポ、で弾いていませんか?
完成した曲のイメージの速さで弾いてしまうと、苦手な所はどうしてもテンポが落ちたり、つまづいたりしがちです。
苦手な所がしっかり弾けるテンポ、でゆっくり練習して下さい。

ピアノを弾く時に、体に余分な力は入っていませんか?
肩や腕に余分な力が入っていると、手首が固まってしまうので、
早いフレーズなどを弾く事が困難になるだけでなく、きれいな音を出す事もできません。
力を抜いて、リラックスした状態で鍵盤に指を乗せてみて下さい。

自分の弾いている音をちゃんと聴いていますか?
楽譜を見る事や、間違えないで弾く事ばかりを気にしていると、自分の出している音をちゃんと聴く事が出来ません。
自分の出している音をちゃんと聴く事で、初めて自分の思い描く演奏に近づく事が出来るのです。

とっても単純な事なのですが、ピアノを練習する際に、これらの事をちょっと気にしてみて下さい。
確実にピアノの上達に繋がりますよ♪

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

コラム【ペダルについて】ピアノ編

 

こんにちは♪ピアノ講師の原田です。

原田先生 - コピー

 

突然ですが、皆さんピアノって見たことありますか?
ピアノを習っている人も、そうでない人も、きっと一度は見たり触ったりしたことがあるのではないでしょうか。幼稚園や保育園、学校などでもよく見かけますよね。

ピアノには、グランドピアノとアップライトピアノがあります。
グランドピアノとは、コンサートなどで使われる、3本足の大きなピアノのことです。
アップライトピアノは、Jazz’nの教室にも置いてある、四角い形をしたピアノのことです。

どちらのピアノも、よく見てみると、下の方に何かついていませんか?
3本の足のようなもの、、、そうです、「ペダル」です。

ペダル

 

 

どうして3つもついているの?どうやって使うの?

ピアノを弾いたことのある人でも、それぞれのペダルの使い方をよく知らない人がいるのではないでしょうか。

今日は、そんなピアノの「ペダル」についてお話をしたいと思います。

まずは、3つある中の、一番右側のペダル。
これは、ダンパーペダルといって、ペダルの中でも一番よく使われるものです。知っている人も多いかと思いますが、踏むと、音がのびるんですよね。音も大きくなります。

次に、左側のペダル。
これは、ソフトペダルといって、踏むと音がやわらかくなります。
音量も、少しですが小さくなり、曲の中で音色に変化をつけたい時や、
やわらかく弾きたい時に使います。
ちなみに、グランドピアノとアップライトピアノでは、中の仕組みが少し
違うので、アップライトピアノのソフトペダルは、グランドピアノに比べると、音の変化があまりないように感じるかもしれません。

最後に、まん中のペダル。
実は、このペダル、グランドピアノとアップライトピアノでは役割が違ってきます。

まずは、グランドピアノ。
ソステヌートペダルといいます。
これ、踏んだことありますか?

踏んでも何も変わらないけど。。。。?

そう思っている人もいるかもしれませんね。

実はこのペダル、鍵盤を押しながら踏むと、その音だけをのばすことができるのです。鍵盤全ての音がのびてしまうダンパーペダルと比べ、このペダルは、特定の音だけのばすという、ちょっと変わったことができるのです。
つまり、のびる音は「ペダルを踏んだ時に弾いた鍵盤」だけで、その後に弾いた音は何も変わらないのです。
あまり使われる機会はないのですが、知っていると意外と面白い使い方が出来るかもしれませんよ。

さて、アップライトのまん中のペダルですが、こちらは弱音ペダルとしてよく知られていますね。マフラーペダルといいます。
踏むととっても音が小さくなるので、大きな音を出して練習できない時などに使われています。

いかがでしたか?ピアノの「ペダル」にはそれぞれ役割があって、色々な使い方ができます。
使ったことがない人は、これを機にぜひ試してみてくださいね♪

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

耳コピってどうやるの?その②

 

代表の大野木です。

大野木_1

 

 

前回の記事では

 

「耳コピ」よりも「見みコピ」

 

 

とお伝えしました。

 

では「見みコピ」もできるようになった。そしたら、下記の次の段階になります。

 

①曲のkey(調)を知る

②ダイヤトニックコードを知る

③ルート音を取れるようにする

 

 

まず①について

「この曲キーが高いね」なんてカラオケで交わされる言葉ですが、それとはちょっとまた違います。むちゃくちゃ簡単に言いますと、ある曲に対して、ドの音をずっと鳴らしていて、合ってるなと思えばド=Cなのでその曲のキーはCなのです。要はその曲はドの音がメロディーでたくさん使われていて、主音になっている可能性があります。後は始まり、終わりのコードがCであればその曲のキーもCの可能性が高いです。もっと深く書こうと思えば、いくらでも書けてしまうので、「曲のキー」で検索していただくとたくさんでてきますので、参考にしていただければと思います。

 

次に②について

聞いたことない方は、なんだそれって感じになると思います。こちらも簡単に言いますと、ドレミファソラシドの音階に和音を積み重ねます。そうするとコード(音が3つ重なった状態)ができるのです。ちなみに曲のキーをがわかれば、そのキーをダイヤトニックコードに当てはめれます。そうすれば、このキーだから、このコードを使っていると大体の予想ができるのです。耳コピには大変便利となります。

 

最後に③について

これも大事ですね。ルート音はベーシストが基本的に弾いてることが多いです。意識して曲を聴いていれば、ここでコードが変わったなと思えてくるはずです。そのコードの根音(一番低い音)がルート音になります。ベースフレーズをコピーすると、とても分かりやすいと思います。

 

僕の場合は、「見みコピ」と上記の3点を意識するだけで、楽譜がなくてもレッスンできたりしました。やっぱり楽譜がない曲でも弾きたいというのは、ありますよね。

そんなときは、「見みコピ」と上記の3点がとてもオススメです。

 

 

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad