【最初に知っておくべきフルートの違い】その②

 

サックス&フルート講師の石神有規です。

image1

 

前回のその①では「洋銀製」、「銀製」の違いを説明しました。

今回は「カバードキー」、「リングキー」について書いていきたいと思います。

 

【カバードキーvsリングキー】

 

↓カバードキー

フルートコラム

指で押さえるキーの部分に穴が開いていないのが、カバードキーです。
手が小さい方や、指の細い方は否応なくこれを使うしかないようです。
入門用の洋銀製フルートはほとんどがカバードキーです。
そして、キーが直線に並んでいないオフセットと言われる配列になっています。

 

↓リングキー

フルートコラム2

 

キーに穴が開いているのが、リングキーです。
キーが直線に並んでいるインラインが多いですが、オフセットもあります。
高音域や特殊な音を出すときに便利なので、プロの演奏家はリングキーを使っている方が多いです。

 

次回は「C足部管」、「H足部管」について書いていこうと思います。

 

JAZZ’N HP

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です