tsutomu のすべての投稿

「中華屋de Live!!」Vo.18ライブレポ!


227大野木伊IMG_3580

 

227大野木IMG_3581

 


こんばんは、代表の大野木です。
昨日は久しぶりの講師ライブでした!


北京亭さんでのライブは今回でなんと、18回目。
こんなに何回もライブさせていただくのは本当にありがたいことです。


さて、昨日はサックス奏者の河原塚ユウジさんをお迎えしてのALLインストでした。
ポップスからジャズ、そして仲田先生と僕のオリジナル曲なんかも演奏しました。


ユウジさんサックスとてもかっこよかったですね。
サックスの素晴らしいプレイにとても刺激を受けました。
何気に仲田先生と一緒に演奏したのはかなり久しぶりだったような気がします。


生徒さんにも見に来ていただき感謝でございます。
ちなみに2ndステージが始まる前に生徒さんが飛び入りで1曲参加してくれました。
ありがとうございます。


たまにはセットリストなんかを書いてみようと思います。


1st
Beautiful love
There will never be another you
Sweet memories
Teresa Eleven
真夜中(大野木オリジナル曲)


2nd
Siesta(仲田先生オリジナル曲)
Mr.P.C.
帰らざる日々
On the Sunny Side of the Street
ライブ終了後の麻婆ラーメンは絶品でした。
辛さがやみつきになります。
すぐにがっついて写真とるの忘れました(笑)


hosi無料体験レッスンの申込、問合せはこちらhosi

 


hosi大野木努 Official Websitehosi


by ギター講師:大野木努

 

教室内の様子、レッスン室、待合室の写真がこちらからご覧できます


JAZZ’N HP

 

パソコン2JAZZ’N facebookページ スマホJAZZ’N Twitter

【1000万着のHELP」子供服回収プロジェクト】


こんばんは、JAZZ’Nスタッフです!
本日は、レッスンや発表会関係の記事ではないことを最初にお断りさせて頂きます。
私は普段ユニクロでお仕事をさせて頂いております。
そのユニクロで現在リサイクル活動を行っているのはご存知でしょうか?


現在アフリカの難民キャンプにお届けしておりますが、まだまだ子供服が足りない状況です。
そこで、JAZZ’Nでレッスンを受講されているお子様の着られなくなったお洋服を役立たせて頂けないかと思い、
教室の待合室にリサイクル用の回収ボックスを設置させて頂きました!
【リサイクルの対象製品】
子供服→ブランドは問いません。ユニクロやGU以外のお洋服でも回収させて頂きます!
      サイズは60~150㎝とさせて頂きます。
大人用のお洋服も回収できますが、そちらはユニクロ・GU製品に限らせて頂きます。
※下着、靴下、帽子、ベルトなどの小物、学校の制服、体操着は対象外となりますのでご注意ください。
ユニクロ公式サイト【難民等の支援】
ユニクロ公式サイト【1000万着のHELP」子供服回収プロジェクト】
教室にはチラシもご用意しておりますので、ご覧ください!
こちらの活動は3/25(金)までの期間限定の活動になります。
ユニクロの店舗では、期間後も引き続きリサイクルの回収を行っております。
ユニクロの店舗では活動期間に関わらず、大人用、子供用ともにユニクロ・GU製品のみの回収となりますので、ご注意ください。
↓待合室にこのようなリサイクルボックスも設置しております

生徒さんのご協力、お待ちしております!!!
hosi無料体験レッスンの申込、問合せはこちらhosi
by ギター講師:JAZZ’Nスタッフ
hosi教室内の様子、レッスン室、待合室の写真がこちらからご覧できますhosi
8onpupurpleウクレレコース詳細はこちら8onpupurple
8onpupurpleJAZZ専科ギターコースの詳細はこちら8onpupurple
8onpuorangeキッズウクレレコースの詳細はこちら8onpuorange
8onpuorangeキッズギターコースの詳細はこちら8onpuorange
          
パソコン2JAZZ’N facebookページ スマホJAZZ’N Twitter

新講座始めるよ!



ギター講師の仲田です。
4月より新講座を行います!
洋楽の名曲を歌詞の意味を理解しながら英語力を付けつつ、ギターで弾き語りするためのテクニックも付けられるようにしましょう(笑)
そんな欲張りな講座はJAZZ’N!でしかないでしょう…
内容としてはギターはそれぞれのレベルに合わせて行っていきます。
基本的なコードが押さえられる人は理論的な内容やコードヴォイシングを含めて中級者から上級者向けのテクニックを。
勿論始めての方には無理なく学べるような内容となっております。
英語に関してもどなたでも大丈夫ですが、多少歌詞の内容が複雑な物が多いですので中学生以上とさせていただきます。
小学生以下でご希望の方は別途ご相談ください。対応いたします。
洋楽を聞いたからといって極端にTOEICの点数が伸びたり学校の成績が上がったりはしません。
しかし、この講座では英語にも繊細な言語表現があることを知ってもらい、その上で各アーティストが歌っている内容を本質から捉えていきます。
歌詞の内包する意味がわかればギター演奏にも変化があります。
音楽やアーティストさんに興味を持っていただければきっと素晴らしい音楽に出会えます。
そして、歌詞を調べてみたり訳すという作業に挑戦してみたくなった時に英語力がつきます。
そのきっかけを作りたいと思っていました。
他の音楽教室では受験生にやめてほしくないから課題をギターの課題を出さないというところもあるようです。(噂で聞きましたので真相はいかに…)
正気の沙汰ではございません。僕らは皆さんにギターを弾けるようになってもらうのが仕事です。
僕は課題を出します。できる範囲で大丈夫です。やってください。
音楽をするということは手先を使い、リズムを取り、目でコードを追いながら覚えているものをアウトプットする作業です。
さらに弾き語りは歌うことで声を出します。五感フル活用です。
これは記憶のプロセスと同じです。無駄にはなりません。
確かに受験勉強には直接リンクしませんけど、息抜きとしてギターを弾くのは良いのではなのでしょうか。
もちろん、成績が下がるのは言語道断。言い訳にしてきたら本気で怒ります。激おこぷんぷん丸です。
うまく全ての行動をリンクさせる。その方法を考えていきましょう。
楽器なんて習うものじゃないと巷では言われることもありますが、歌の本質を掘り下げて考えるきっかけを作れればきっと視点は変わります。
細やかながら、この講座で世の中へ対抗していこうと思います笑
hosi無料体験レッスンの申込、問合せはこちらhosi
8onpupurpleギター講師仲田の演奏動画はこちら
hosi仲田晋也Official Websitehosi
by ギター講師:仲田晋也
hosi教室内の様子、レッスン室、待合室の写真がこちらからご覧できますhosi
8onpupurpleウクレレコース詳細はこちら8onpupurple
8onpupurpleJAZZ専科ギターコースの詳細はこちら8onpupurple
8onpuorangeキッズウクレレコースの詳細はこちら8onpuorange
8onpuorangeキッズギターコースの詳細はこちら8onpuorange
          
パソコン2JAZZ’N facebookページ スマホJAZZ’N Twitter

バンドで飯って食ってけんの?その③


 

こんばんは、代表の大野木です。
さぁ、このシリーズはその③までやってきました。

 

前回の記事はこちら

 

 

話はそれますが、先日昔のバンドメンバーで飲む機会があり、このシリーズの記事を読まれていることにとても恥ずかしくなりました、、、
そして早く続きを書けと言われました。
ということで今回はそのちょっとだけ売れたバンドのことを面白おかしく書こうと思います。

まずは僕がこのバンドに入ったきっかけです。
僕は高校卒業後、1年フリーターをして音楽専門学校に入りました。

その在学中にバンドをやりたいと思っていたところ、某都内スタジオでの張り紙を見て電話しました。
SNSじゃないですよ、張り紙です。(時代を感じますね)
そのころの僕は「ブライアン・セッツァー・オーケストラ」が大好きで、こんな感じのバンドをやりたいと思っていました。

僕自身、管楽器の音はすごく好きだったので、張り紙に管楽器のメンバーもいるということだけで連絡してしまったのです。
いざバンドに入ってみると、なんとスカというジャンルのバンドだったのです。
目立ちたがり屋でアホな僕は、「ブライアン・セッツァー・オーケストラ」みたいなバンドができると思い、ワクワクしていましたが、スカというよくわからないジャンルのバンドに入ってしまい落胆していました。
本当に本当にアホな僕は、そのうち「ブライアン・セッツァー・オーケストラ」のようなバンドに変えていってやろうと秘かに思っていたのです。
これはバンドメンバーも知らないでしょう(笑)

変えていってやろうって思うなら自分でバンドを立ち上げろって感じですね、本当にせこくてずるがしこい自分でした。
こんなアホなきっかけですが、CDリリースし、全国ツアーまで回るという素晴らしい経験をすることができました。
まずは「ブライアン・セッツァー・オーケストラ」に感謝。(笑)

さぁ、バンドが始動しました。
運よくドラム、ベース、ギター、キーボード、サックス、トロンボーン、トランペットの7人のメンバーが集まりました。
すごいですね、スタジオの張り紙だけでメンバーが集まるんですね。

当時はSNSも全くなくて、動画などももちろんないです。

どんなことをやるバンドかもわからないのに集まってしまう、逆にワクワクするんでしょうかね。
この編成で7人も集まったのがすでに奇跡なんかじゃないと、今思ったりします。

バンドメンバーが集まらいなとお悩みの方は、スタジオに張り紙を貼りまくるのはいかがでしょうか(笑)

あまり結成当時のことは覚えていないのですが、最初からオリジナル曲をやっていたような気がします。

そう、結成当時僕はこう思っていました。
「このバンドなんでボーカルがいないんだ。」
そう、インストバンドなのです。
ボーカルがいなくて誰が聞きに来てくれるんだと思いました。

スカのインストバンドというのも知らずに連絡してしまった。また僕はここで後悔するのです。。。

ですが、やっていくにつれて、スカの面白さ、インストの面白さがわかってくるようになります。
バンドの立ち上げをしたリーダーはスカのことをいろいろ教えてくれました、CDもいっぱい借りました。
スカの歴史、そしてスカの中でまたいろいろなジャンルがあることを知りました。
日本でスカと言えば「東京スカパラダイスオーケストラ」、「The Ska Flames」は外せませんね。
CDもたくさん聞きましたし、ライブにも行きました。

結成して半年以内に5曲以上のオリジナル曲は作ったと思います。

おそらく、スカの定番曲もコピーしたりしていたと思います。
なんせメンバーの半数以上がスカをよく知っていなかったですからね。
やりながら勉強していった感じでしょうか。

リーダーも本当に大変だったと思います。

ちなみに当時のオリジナル曲が出来上がっていく様子はこんな感じです。

1.リーダー(サックス)がメロディのみを持ってくる
2.音感がいいメンバー(キーボード、ベース、トランペット)がコードを付ける
3.バンドメンバーであーだこーだ言いながらアレンジ作業
4.メンバー全員、「ここはこうしたい」などと頑固なのでアレンジがなかなか決まらず。
5.最終的に誰かが折れるか、どうでもよくなってきたという感じで曲が完成(笑)

そう、自分も含めてメンバーは個性が強かったです。

自分のバンドなのでここはこうしたい、というのが出てきますよね。
でも面白いのは、リーダーはメロディだけ持って来たら、後は放置。
というよりも個性のぶつかり合いをまとめてくれてました、さすがリーダー。

さぁ、曲もできて30~40分のライブができるようになりました。
ここからは2年ぐらいはライブ、ライブ、ライブ。
これでもかってぐらいライブをやりました。

一番最初にバンドで出演したライブハウスは「三軒茶屋HEAVEN’S DOOR」、千葉県に住んでいた僕は遠いなと思いつつも、よく都内、横浜などでライブをしたのです。

遠くて嫌だなという思いよりも、楽しい思いの方がきっと強かったんだと思います。
若かったので体力もあったんでしょう(笑)

そして都会に出たかったんだと思います。。。
ちなみに当時、ライブハウスに送ったデモ音源は

 

 

カセットテープ
かせっとていぷ

 

 

響きが懐かしすぎて、今一人でじ~んときてしまいました。
そう、当時はカセットテープにオリジナル曲を一発録りしてライブハウスに送っていたのです。
いわゆる音源審査というやつですね。

今は、こういう音源審査などはあまりないかもしれませんが、厳しいライブハウスではあったりしますね。
要はライブハウス側があんたら下手くそだから出ちゃダメと判断されるのです。

そんなこんなんで、ライブをやっていくうちに対バンの方々と仲良くなっていきます。
もちろん、いろんなライブハウスに出てスタッフさんとも仲良くなっていきます。
ライブをやっていくうちにお客さんがついてくれます。

最初は他のバンドのお客さんだったというのがほとんどです、こういうところは対バンというシステムのいいところですね。
当時を振り返るとわりとすぐにお客さんがついてくれたような気がします。

今のようなネットでのSNSもなければYou tubeもない。
フライヤー(チラシ)、あとは掲示板(BBS)などが集客する術でした。
でも、今考えると、やはり横の繋がり、要は人との繋がりが一番大きいと思います。
と言うのは、リーダーがスカバンドの出ているライブハウスに出向き、フライヤー配りなど多方面にコミュニケーションを常にとっていました。
その辺りはメンバー全員、リーダー任せ。
今思うと、本当に感謝です。

ネット社会になってもリーダーのこういう行動が後々、いろいろなことに繋がっていくんだと解散してからわかりました。

ライブをやり始めて1年半ほどで自分ら主催のイベントもやりました。
自分らの好きなバンドを呼んでイベントを企画する、これは本当に楽しかったですね。
当時は本当に運がよかったのか、恵まれていたのかわかりませんが、集客は100人ほどあったそうです。

今僕1人で100人集めろと言われたら到底無理です。
1年半で100人、振り返るとすごいことだと思います。

もちろん、リーダの行動、メンバーの集客あってのことです。そして、それなりのライブパフォーマンスも出来ていたんだと思います。

でも、自分らのバンドなのに、イベント名にリーダーの名前が入っているのには、メンバーから反感が(笑)
反感を買いつつも、このイベントは定期的に行い、ある程度の集客をしていました。

バンドは絶好調、まさにうなぎのぼり。(ちょっと天狗にもなっていたでしょう)
そんな中、あるレーベルからアルバムを作らないかとの有り難い話をいただきます。
このアルバムリリースがバンドの転機となります。

この話の続きはその④で。
ちなみにバンドで1番のキラーチューンはこの曲だったと思います!
会場がダンスフロアになる光景は今でも忘れられません、まさに快感でした。

 

生徒から講師へ



久々のブログ登場です。
ギター講師の櫻井です。
2016年も早いもので1ヶ月過ぎましたね。
今年は、というより毎年ですが、
ギタリストとして去年より実りのある1年にしたいです。
去年を振り返ってみると、僕にとってやはり一番大きかったのは
JAZZ’Nのギター講師に着任したことですかね。
一昨年の11月頃でしょうか?
一皮剥けたいな~と思って教室に電話をしたのが始まりです。
得意なジャンルは自分で向上させられている自覚はありましたが、
あまり通って来なかったジャンルは、これで合っているのか?
自分で弾いていても手応えが感じられませんでした。
そんな自分を変えたくて教室に通い出しました。
そうです。僕は初めJAZZ’Nの生徒だったんです。
そこで代表の大野木先生に出会いジャズ、ボサノバ、ファンクなど
不慣れなジャンルを鍛えて頂きましたw
3、4ヶ月位経ったくらいで、大野木先生に
「JAZZ’Nのギター講師になってくれないか?」との
お声を頂き現在に至ります。
かれこれもうすぐギター講師に就任して1年が経ちます。
最初は人に教えた事も無ければ、特に大きな経歴もない自分に
不安もあったりコンプレックスもあったり務まるかどうか全く分かりませんでした。
でも、大勢の生徒さんやプロのミュージシャンがいる中で、
大野木先生が僕に声を掛けてくれた意味を考えると
不思議とやってやろう!と思えて来ました。
それから現JAZZ’Nの先生方と知り合って
色んな所でLIVEを行いました。
アコースティックギターだけでLIVEをやったのも
講師になって初めてでした。
そしてたくさんの生徒のみなさんと知り合う事が出来ました。
僕が担当している生徒さん達はこれから始める方が殆どでした。
なので今の生徒さん達を見ると、
成長している姿が一目で分かります。
ある程度の技量までいくと、成長出来ているのかが
ボヤけて見えにくくなります。
弾けない事もたくさんあるので、まだまだなのももちろん
自分で分かっています。
そんな自分に皆さんの姿はすごく刺激になって
くれています。
人生はまさに一期一会です。
ギターを通して出会えたすべての人に感謝して
さらに精進して行けたらなって思います。
最後になりますが、
もっと上手くなりたいと思ったり、
なかなか上達しなくてイライラしたり、
ギターが楽しい時もあれば、
つまらないと思う事も正直あります。
それは生徒だろうが講師だろうが
楽器をやっていれば誰しもが思う事だと思っています。
授業中に僕は「一緒に頑張ろう!」と良く言いますが、
それは、上記のように講師も生徒も上手くなりたい気持ちは一緒。
その為にみんな日々もがきながら努力しています。
なので、これからも二人三脚でせめぎ合い助け合いながら
ギターを楽しんで行けたらって思っています。
一緒に頑張ろう!!
hosi無料体験レッスンのお申込みはこちらhosi
8onpupurpleギター講師櫻井 演奏動画
8onpupurpleギタリスト目線のCDレビュー 講師櫻井
byギター講師:櫻井謙多

hosi教室内の様子、レッスン室、待合室の写真がこちらからご覧できますhosi
8onpupurpleウクレレコース詳細はこちら8onpupurple
8onpupurpleJAZZ専科ギターコースの詳細はこちら8onpupurple
8onpuorangeキッズウクレレコースの詳細はこちら8onpuorange
8onpuorangeキッズギターコースの詳細はこちら8onpuorange
          
パソコン2JAZZ’N facebookページ スマホJAZZ’N Twitter

【コラム】生々流転



ギター講師の仲田です。
生々流転とは、すべての物は絶えず生まれては変化し、移り変わっていくこと。
ちなみにこの画は横山大観の作品です。
日本史で受験する方はよく覚えておきましょうw
年が明けて割とすぐ、有難い事に素敵なお話を頂いたり、この時代らしくSNSで素敵なミュージシャン達と関わりを持たせて頂いたりと、既に2015年とは大きく変わろうとしています。
この変化を機に、もしかしたら何か選択を迫られる場面に出くわすかもしれません。
まさに生々流転です。
どんな選択にも痛みが付き物であり、それを越えなければならないんです。
きっと私よりも人生の先輩方はとんでもない修羅場をくぐってきたと思います。その時の選択、大変尊敬致します。
私より若い世代ではこれから数多くの悩ましい選択が待ち受けています。どうぞ、その時は自分に嘘をつかず、そしてどんな道を選ぼうとも責任を転嫁してはなりません。
何も刹那的にというわけではありません。
自分自身を犠牲にするポイント、自分自身を活かすポイントを人任せにしてはいけないということです。
何かを活かせば何かが犠牲になります。
まんべんなく良い感じで生きたいと僕は願ってやまないタイプでしたがw
無理でした(笑)
それも含めて受け容れていきましょう。
そしてギターやベースのサウンドにその人らしさが現れたときにきっと音楽を奏でる楽しさのベクトルがきっと変わります。
僕ら講師は、皆さんをその地点へお連れするのが仕事です。
技術、音作りも含めてぜひ音楽をちょっと違う観点で楽しんでみたくなったらぜひお問合せを♪
hosi無料体験レッスンの申込、問合せはこちらhosi
8onpupurpleギター講師仲田の演奏動画はこちら
hosi仲田晋也Official Websitehosi
by ギター講師:仲田晋也
hosi教室内の様子、レッスン室、待合室の写真がこちらからご覧できますhosi
8onpupurpleウクレレコース詳細はこちら8onpupurple
8onpupurpleJAZZ専科ギターコースの詳細はこちら8onpupurple
8onpuorangeキッズウクレレコースの詳細はこちら8onpuorange
8onpuorangeキッズギターコースの詳細はこちら8onpuorange
          
パソコン2JAZZ’N facebookページ スマホJAZZ’N Twitter

【コラム】なぜ…



ギター講師の仲田です。
人の評価、印象はその人の能力や人柄をすべきだと思っています。
社会人時代に恐ろしいことが起こりました。
新人研修の時です。
担当人事の方が、これがまた大変人徳のある素晴らしい方でした、お辞儀についてお話をされていました。
お辞儀というのは、相手に誠意を尽くすもの的な内容だったと思います(詳しくは忘れましたw)
その時です。
多分同期であろう女性社員さんお二人が
“〜さん、お辞儀の角度完璧だよね!”
と言ってました。衝撃でした。
お辞儀の角度に関しては何も触れていなかったです。
そして、誠意を尽くすという意味での本来の意味ではなく、角度という非常に表面的なことしかこの人達は見ていないんだなと。
というか話聞いていたのか…
表面的な部分だけではわからないことはたくさんあります。
ミュージシャンなら楽器がめっちゃくちゃうまいからというのも、そんなのRobben FordとかAllen Hindsくらい弾けるなら評価基準に成り得ますが、基本的にはプロでやっている方々、最低限のクオリティはどなたでもクリアしているわけです。
では皆さんが好きなアーティストさんがいらっしゃると思うのですが、なぜ好きなのでしょうか。
曲や詞が良い。
非常に素晴らしいソングライティング能力が魅力に感じているわけです。
ライブが格好良かった。
ショービジネスとして最高のエンターテインメントをできるわけです。
理由があるはずです。
言ってしまえば物事の本質です。
理由は千差万別で構わないんです。
ただ、“なぜ”を大事にできるかって結構重要だと思うんです。
hosi無料体験レッスンの申込、問合せはこちらhosi
8onpupurpleギター講師仲田の演奏動画はこちら
hosi仲田晋也Official Websitehosi
by ギター講師:仲田晋也
hosi教室内の様子、レッスン室、待合室の写真がこちらからご覧できますhosi
8onpupurpleウクレレコース詳細はこちら8onpupurple
8onpupurpleJAZZ専科ギターコースの詳細はこちら8onpupurple
8onpuorangeキッズウクレレコースの詳細はこちら8onpuorange
8onpuorangeキッズギターコースの詳細はこちら8onpuorange
          
パソコン2JAZZ’N facebookページ スマホJAZZ’N Twitter

【コラム】コミュ力ってなんだろう。



ギター講師の仲田です。
近年巷で最も叫ばれていることに“コミュニケーション能力”つまりはコミュ力というものがあります。
このコミュ力というものに誰も疑問を抱かないのかと思っています。
そもそも我々、人間は言葉を使って情報を伝達する生命体です。
その時点で、少なくとも同じ言語を運用できる人同士では、コミュニケーションを成り立たせることはできるはずです。
巷で流行りのコミュ力は非常に表面的なものです。ビジネスの場面で使うべきものを日常でも押し付けている感覚。
そして、それが出来ないと“コミュ症”問いいうレッテルを貼られ笑いもの、晒し者にされる。
少なくとそういう状況を見てきました。
人はそれぞれ考え方も話すスピードも違います。
非常に思慮深い方もいれば、圧倒的な頭の回転数を誇る人もいらっしゃいます。
どちらでも良いんです。
お互いに会話、対話をするということは相手を思いやる能力です。
刹那的で享楽的なコミュニケーションの先には何も生まれません。
中には言葉で自己表現があまり得意でない方もいます。
でもきっと言わなきゃいけないことがあるし、言いたい事もあるはずです。
ならお互いに納得できるまで話す。言いたい事を汲み取り合う。それがコミュニケーションというものです。
音楽もコミュニケーションです。
バンドでもジャムセッションでも何でもそうです。アンサンブルというのは
他のメンバーや奏者とのやりとりです。
この曲を自分がこう弾きたいではアンサンブルは成り立ちません。
こう弾きたいなら、そう弾かせてくれるように他の奏者にわかってもらう弾き方をしなきゃなりません。
難しいことではないです。バンドなら他のメンバーやお客さんに伝えたい!ならどうする。
セッションならここで盛り上げたい!ならどうする?を考えることです。
バンドやセッションはいわば、面接や告白みたいなもんなんです。自分を受け入れて欲しいわけですから。
面接や愛の告白を無自覚でやる人いますか?いないですよね?
なら音楽だってそうです。皆さんが出す音に自覚があれば、失敗することはもちろんあると思いますが、
ずっと失敗ということはないです。成功すれば何故上手く行ったのか考える。失敗する回数を減らし(残念ながら0には出来ません…)成功率を上げるんです。
会話もそうです。
みなさんが向き合う人全員が、皆さんのご家族ではないんです。
配偶者であろうが、恋人であろうが、親友であろうが他人です。
何かのご縁で繋がったかけがえのない方々です。
であれば、大事にしましょう。
コミュニケーションは諸刃の剣です。ちょっとしたことで亀裂が入ればもうおしまい。
修繕されることはありません。
丁寧にお互いに思いやる気持ち。
それこそコミュニケーションです。
hosi無料体験レッスンの申込、問合せはこちらhosi
8onpupurpleギター講師仲田の演奏動画はこちら
hosi仲田晋也Official Websitehosi
by ギター講師:仲田晋也
hosi教室内の様子、レッスン室、待合室の写真がこちらからご覧できますhosi
8onpupurpleウクレレコース詳細はこちら8onpupurple
8onpupurpleJAZZ専科ギターコースの詳細はこちら8onpupurple
8onpuorangeキッズウクレレコースの詳細はこちら8onpuorange
8onpuorangeキッズギターコースの詳細はこちら8onpuorange
          
パソコン2JAZZ’N facebookページ スマホJAZZ’N Twitter

アーティスト写真やレコーディングなど



ギター講師の仲田です。
昨年末にアーティスト写真なるものを撮影して参りました。
写真家は、ひー君ことリヒスンくん!素晴らしい実力です。
被写体が僕のようなクズでも人のように写してくれました!
繋いでくれたのはweb life designの代表取締役である宮西航くん!
詳細はこちら
僕と同い年なのですが、イケメンで社長とかカッコ良すぎです。
一緒に撮りに行ったのは教室のイベントでもお世話になっているシンガーのHiROMIさん
そうです。美男美女に挟まれ、撮影当日はとても憂鬱でしたw
嘘です。めっちゃ楽しかった!
そんなHiROMIさんのサポートでNorah Jones先生の“Don’t know why”のカヴァーでギターを弾いています。
詳細はこちら
使った機材なども書いているので良かったら僕のブログも読んでください!w
動画も埋め込んであります!
結構評判が良いのでwぜひみなさん聞いてください!
hosi無料体験レッスンの申込、問合せはこちらhosi
8onpupurpleギター講師仲田の演奏動画はこちら
hosi仲田晋也Official Websitehosi
by ギター講師:仲田晋也
hosi教室内の様子、レッスン室、待合室の写真がこちらからご覧できますhosi
8onpupurpleウクレレコース詳細はこちら8onpupurple
8onpupurpleJAZZ専科ギターコースの詳細はこちら8onpupurple
8onpuorangeキッズウクレレコースの詳細はこちら8onpuorange
8onpuorangeキッズギターコースの詳細はこちら8onpuorange
          
パソコン2JAZZ’N facebookページ スマホJAZZ’N Twitter

愛をもって


こんばんは!
ベース講師の石原です!
音楽活動について少しお話したいと思います。
僕は講師の他に、LIVEやRecをしています。
いわゆる、スタジオミュージシャンです。
いろんなアーティストと一緒にやるためには、信頼関係が必要です。
実力も、もちろん大切ですが、それ以上に人間性が大切な世界だと僕は思っています。
演奏をしてる時も、愛を持って演奏することが大切だと思います!
これから音楽で食べたいと思っている方!
正直、甘い世界ではないです。
ですが、無理。って諦めるほど厳しい世界でもありません。
踏み込むのにかなりの勇気は必要ですが、僕は音楽やってて良かったって思っています(*^^*)
これからプロを目指す方、ベースが上手くなりたいって方!
是非JAZZ’Nにお問い合わせください!

hosi無料体験レッスンの申込、問合せはこちらhosi
by ベース講師:石原琢磨

8onpupurpleエレキベースコースの詳細はこちら8onpupurple
8onpuorangeアップライトベースコースの詳細はこちら8onpuorange
8onpupurpleウクレレコース詳細はこちら8onpupurple
8onpuorangeキッズウクレレコースの詳細はこちら8onpuorange
           
パソコン2JAZZ’N facebookページ  
スマホJAZZ’N Twitter