先入観を壊す

先日とある講演会で「先入観を壊す」ことについての話を聞きました。

人は先入観を持って物事を見ているので新しいアイディアを生み出すためには、持っている先入観を壊すという手法が有効ってことらしいです。

子どもは大人ほどの先入観はないけれど(経験が少ないから)お母さんやお父さんのいうことは聞くものだという気持ちは常にありますよね。

「こういうもの」という刷り込みはなくても保護者さんの一言で心は変わる。あ、これが悪いってことじゃないですよ。

子どもは割と保守的で、間違ったことや失敗に対する恐れも少なからず持っていると感じます。繰り返しますが、これも悪いわけではないと思っています。

しかし人生経験が浅い分、未知のことが多く、大人がしないような大胆なことをしてを失敗したり、思いがけないことが功を奏して面白い効果を発揮することも。

そんなとき「あーやっちゃったな」って思ったり「さすが先入観なし」と感心したり。せっかく途中までうまくいってた作品が斬新な一手で急降下してしまいがっかりもしますが、やってみた子ども達の潔さったらありません。先入観壊しの師匠です。

この視点は日常の小さなことでも使えそう。

自分のもっていきたい方向に物事が進まない時、無力感にさいなまれてたけど、そもそももっていきたい方向性の「先入観まみれ」を疑う必要がある。

視点が変わるって面白い!!かも。

11月無料体験会

無料体験会のお知らせです(時間の変更がありました)

11月16日(土)17時~1時間くらい

11月30日(土)17時~1時間くらい

始まりは17時~になっていますが17時30までなら遅れて入っても大丈夫です。

1時間程度行いますので、早く始まれば早く終わりにする形でそれぞれのペースで行います。

場所:幕張コミュニティセンター 2階 講習室2

持ち物:汚れても良い服装、手を拭くタオル、必要なら飲み物

幼児さんも小学生もご一緒にぐるぐるを体験しませんか?年齢に合わせた内容をしますので安心してご参加ください。

お申込みはメールにて kodomoguruguru@yahoo.co.jp お子様の学年、性別もお知らせくださいませ。

thumbnail_IMG_5152

↑子どもがちょこっと描く絵ってイキイキとしてきれいですよね。

ひとつ折りで切り絵

楽しみながらハサミの練習にもなる切り絵はいかが?

紙を半分に折ります。「わ」の方から切込みを入れて「わ」で出るだけ。

年長さんはハートやちょうちょ、ねこを切りました。バランスよく黒い紙に並べることも面白がってましたよ。

thumbnail_IMG_5697[1]

1年生は顔とか何かわからんもの。なんだかわからないものが切れる所が面白い。

thumbnail_IMG_5701[1]

ハロウィンの季節だっただけにジャックオーランタンが見えます。

thumbnail_IMG_5699[1]

2年生は連作で題名「時代進化」生物の進化らしいです。

thumbnail_IMG_5698[1]

thumbnail_IMG_5700[1]

海の中の生物からだんだんと陸に上がって、それから何になる?という話をまわりの子としながら。紙を開いた時の「こんなの切れちゃった!」とか。

半分に折ってチョキチョキ、簡単です。子ども達は襖に貼る「ふすまがみ」を使ってます。裏に水をつけるだけで切手のようにペタンと貼れます。

thumbnail_IMG_5717[1]

thumbnail_IMG_5715[1]

ハサミが苦手でもたくさん作れちゃいます。