幕フィル的楽器紹介《移調楽器》

今回は、移調楽器のお話です。
移調楽器って何?という方もいると思います。
音楽の授業で習ったり、ピアノをやっていて読んでいた楽譜は、
書いてある音と実際に出る音が同じですね。
「当たり前じゃん」と思うかもしれませんが、オーケストラの楽譜をピアノで弾くと、
違う調になってしまう楽器がいくつかあります。
おもにトランペット、ホルン、クラリネットですね。
なぜかというと、楽器の成り立ちに理由があります。
過去の楽器紹介シリーズでも書いてますが、
トランペットやホルンは、昔はバルブがなく管を巻いただけの楽器で、出せる音が限られるため、
曲に合わせた調の楽器を持ち替えて(管を差し替えて)演奏していました。
そして楽譜は、その管の基準の音を「ド」として書かれています。
なので古典の曲だと、inEとかinAとかいろいろ出てきます。
現代でも、この書き方をする楽器は多いですね。
ちょうどいい例があるので、見てましょう。
それは、9月まで放送されていた『あまちゃん』のオープニングテーマです!
番組は見てなくても、一度は聴いたことぐらいあるのではないでしょうか。
この曲の最初は、「ドレミファソラシド」と音階を上がっています。
ハ長調なので、ピアノの楽譜ならシャープもフラットもつきません。
しか~し!移調楽器の楽譜ではこうなります。

じぇじぇじぇ?! シャープが2つ!でも出る音はハ長調の音階なんです。
この楽譜はinB。あ、普通はB♭と書かれますね(^^;)
この場合、B♭=変ロ長調の音階が「どれみ・・・」として楽譜に書かれます。
(注・ややこしいので、ピアノと同じ実音を「ドレミ」とカタカナで、移調譜の表記をひらがなにします)
そのままだと「ど」と「ふぁ」が実音でシとミのフラットになるので、シャープ#で半音上げます。
もうひとつ例をあげましょう。
皆さん、小中学校でリコーダーを練習してませんか?
ソプラノリコーダーとアルトリコーダーは、基本的に指使いが同じです。
で、穴を全部ふさいだ最低音が、ソプラノはC、アルトはFですね。
これを、最低音を「ど」として楽譜にするなら、アルトはF管、ということになります!
そして、ソプラノではファ(F)の指のところで、アルトではシのフラット(B♭)が出る。
そうすると、H(実音のシ)を吹くにはソプラノのファシャープの指使いになりますね。
だから、inFでアルトの楽譜を書いてハ長調にするには、ファにシャープをつける、というわけです。
オケに戻ると、クラリネットがこの要領で演奏してます。
主にA管とB♭管(たまにE♭管)を使い分けますが、
楽譜の「どれみ」に指使いが対応しているそうです。
ただ、持ち替えてすぐは、さっきまで出ていた音とずれるのがちょっと変な感じだそうですが・・・。
さて、これが金管楽器だと通用しません。
同じ指使いでいくつもの倍音が出るため、
楽譜の音符が実音で何の音になるのか、把握して音を出す必要があります。
吹奏楽なら、トランペットはinB♭、ホルンはinFで書かれるのでずっと同じ読み方で済みますが、
前述のとおり、オケではいろいろな調で書かれます。
さあどうしているのだろう?と質問したところ、
ホルンのD氏から詳し~い説明をいただきました。
ただ・・・、私の頭ではなにがなにやら(゜゜;)
要約できないので、そのまま載せちゃいます☆
(一部文字化けしてたので、勝手に記号に置き換えました)
ではどうぞ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご質問にあった移調読みについてですが、人それぞれの方法で読み変えているのでしょうが、私の方法を…。
まず、ホルンの基本が皆さんにとって慣れないinFです。これを基準としてinE♭は一音下げて読みます。
同様に?inGは一音上げて読む。(まだまだこんなのは序の口ですよ、ついて来て♪)
次にinDは五線譜を一段下げて読む。逆にinAは五線譜を一段上げて読む。
さぁ~つづいてはinC、これは普通にドはC、レはD、ミはEと考えて。
inB♭はもっと簡単!ホルンの多くがF管とB♭管がセットになったダブルホルンが主流なので、なんとなく読み変えが身についている。そう、なんとなく…。
次にinHはinB♭の半音上、もしくはinCの半音下。
こんな感じです、しかし色々な音階が出て来るのは古典などが中心でこの頃はピストンなどがない時代で(ナチュラルホルン)譜面も非常に簡単なのでなんとかなっているようです。
解りました?慣れですよ。慣れ♪
長文で失礼しました!役に立ちますかねぇ!?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・・だそうです。ホルン吹きってすごい。
ちなみに某トランペット吹きさんの場合、
「(実音の音名を)楽譜に書く」 だそうです。わかりやすい。
以上、移調楽器について、でした!
(びおら~1号)

後の宴

遅ればせながら、びおら~1号です。
今回は、アマチュア演奏家にとっては大事なイベント(ここからが本番という人もいる?!)、
打ち上げのレポートをお送りします。
今回の会場はセンシティタワー22階の居酒屋。
座敷に入ったら、こんなものが!

お店に用意してもらったそうです。
そうか~、今回は祝賀会だったのか。
そう、幕フィル20周年でもあったんですよね。
いつものように、飲んで食べて、演奏会アンケートに目を通し。
というのもありながら、今回はちょっと特別でした。
まずコンチェルタンテのソリスト、小嶋先生と安田様に、みんなからの寄せ書きがプレゼントされました。
実はリハーサルの合間にメッセージを書いてたんですよ。
そして、団長にお花が贈られました。
団長は20年ずっと幕フィルにいて、練習場所の確保や演奏会の宣伝など、
いろいろとがんばってこられた人ですからね。(ずっと団長だったのではありませんが)
そんなこんなもありながら、やはりいつものように盛り上がったのでありました。

夜景がきれいだったな~。

そして伝説へ…

演奏会お疲れ様でした!
打楽器のMAXです( ̄ー ̄)
演奏会の録音を聴きながらブログを書いております。

嗚呼
終わってしまったのですね…
第40回定期演奏会。
来てくださった皆様
本当にありがとうございました!!!
アンコール1曲目の後、団長トークタイムがありました。
いつも通り、平常運転の団長でしたwww
幕フィルの団長は幕フィル設立当時からずっと幕フィルにいます。
つまり、20年間、ずっと幕フィルにいるのです。

20年

これってスゴイことじゃないですか!?
僕が生まれたときくらいからずっと幕フィルで演奏してきたのです。
ほええええぇぇ(;;; ̄З ̄)
今回の演奏会も多くの方々のご協力で開くことができました。
スタッフの皆様、楽器を貸してくださった千城ウィンド様 等々
本当にありがとうございました。
そうそう、
アンコールといえば
前にこのブログでヒントを出しましたね。
みなさん、分かりました?

ワーグナー作曲
歌劇「ローエングリン」から 第3幕の前奏曲

今年2013年はワーグナー生誕200年です、ってことも考えて演奏してみました。
あともう1曲

ヨハン・シュトラウス1世作曲
ラデツキー行進曲

皆様、手拍子ありがとうございましたwww
これはほとんどの人が「あー聴いたことある~」って曲なのでは?
ちなみに「ラデッキー」じゃなくて「ラデツキー」です。

もう本当に演奏会、終わっちゃったんですね…
なんかさみしくなります…
今回は40回記念ってことで、前回のブログの画像のような手作り感満開の看板なども作りました。
いい思い出になりました~(* ̄Д ̄)
いつもよりゴージャスな演奏会
いい思い出です!
次は第50回ですかね!?
ということで今回はここまで!
以上、MAXがお送りしました!( ̄∀ ̄)

本番(準備)

どーもGです。
昨日は本番でした。
昨日は、お忙しいところ20周年記念、 第40回定期演奏会にお越しいただき
誠にありがとうございます。
色々ありましたが、大きな事故もなく無事に演奏会が終わり
700人近くのお客様にご来場いただき、とてもうれしく思います。
さて、本番までの動きを
準備の様子をGが
本番の様子をMAX君が
打ち上げの様子をびおら1号さんでお送りします。

今回は20周年、40回ということで色々趣向をこなしましたよ。


過去の演奏会のプログラムを張り、歴史を振り返ったり

プログラムにパート紹介を載せたりしました。
もちろん演奏準備もしっかりおこないましたよ

今までの演奏の成果は本番で出せたかな。
次は本番の様子をMAX君がお送りします。
では、MAXよろしくね。
以上Gがお送りいたしました。

GP

いよいよ明日が本番ですね。
お久しぶりです。オーボエのGです。
今日は、本番と同じ会場である千葉市民会館での練習でした。
オケ語でゲネプロ、ゲーペー、ゲネプーなんて呼ばれているやつです。

本番の会場はこんな感じ

練習風景はこんな感じです。
今回のプログラムを始めてもう半年もたつのですね、あっという間でした。
明日は楽しんで演奏ができたらいいなと思っています。
明日皆様のご来場を団員一同心からお待ちしております。
以上Gがお送りしました。

幕張コミュニティセンターで、日曜午前に活動している アマチュアオーケストラ、通称「幕フィル」。 その活動やメンバーの実態(?!)などを紹介しています。 只今絶賛団員募集中♪