弦分奏&国際ふれあいフェスティバル

早いもので、バンクーバー五輪も後半ですねぇ。
こんばんは、びおら~1号です。
浅田真央選手のSPの成績と、
「ワルツ」と「マズルカ」の違いが気になる今日この頃★
昨日の練習は弦分奏でした。
曲は『新世界』の2楽章と3楽章。
今年から新しい先生に来ていただいてますが、
若いけどテキパキ進めてくださる先生です。
リズムが難しいところとか、
各パートが旋律をリレーしていくところとか、
拍を細かく取って練習しました。
でも3楽章の中盤(al Codaの後)あたりは・・・
「数えるのが難しかったら、
 他のパートを聴いて入って!」とのこと。
確かに、フレーズのつながりを覚えて演奏すれば、
曲はつながりますからね(^^)。
早めに分奏が終わった後、私は「きぼーる」へ。
ちば市国際ふれあいフェスティバルに、幕フィルから
トロンボーン4重奏が出演したからです。

その出番前に、ちょっと見物♪←目的の半分はこれ(笑)。
きぼーるに着いたら、にわか撮影会?!

衣装からして、メキシカン・ダンスの団体ですね。
ステージプログラムを見ると、日本を含めて
いろんな国の音楽・踊りがあります。
そして、国際交流団体やボランティア団体などの
展示・販売も色々出てます。
天気が良かったせいか、大盛況ですね☆


あとで熊谷市長のブログを見たら、
午前中にきぼーるにいらしてたそうです。
う~ん、10月に続いてお会いできず。残念★
いよいよ我らがトロンボーンパート!
午前中も練習してたんですが・・・
なんと、A氏の企画・編曲・トークによる
「オーケストラ・トロンボーンのしごと」
からスタート。しかも当日 初見だそうです。
これは、実際のオケ曲のトロンボーンの譜面を演奏して、
「さぁ、何の曲かわかりますか?」
と客席に聞いてみる、というもの。

けっこう地味なしごとが多いのね~(T▽T)。
ハーモニーで伸ばし、とか
「ぱん♪。。。ぱん♪。。。ぱん♪。ぱん♪。ぱん♪。。。」
って頭打ちとか。
(ちなみにこれ『新世界』の4楽章最初のほうです)
他にも有名な曲を2,3曲、
もちろん後からメロディーを入れて紹介。
面白いことを考えたものです◎
そして、後半は4人で
『ポニョ』や『大きな古時計』など、
楽しい曲を演奏してました。

ついで(?)に、5月の演奏会のチラシが来たので
団長と2人で配ってきました v(^^)
今回もステキな仕上がりですよ~♪
(おまけ)

おなじみブタさんの隣のクマさんは、
会場でS井さんとA見さんが入手したもの。
売り上げの半分(だったか?)が
ユニセフに寄付されるらしいです。

幕フィルの前の団体が、
「祭囃子と獅子舞」でした。
その出番待ちの獅子舞。
あとで、ステージから客席に下りて
噛み付くふりをして回ってました。
縁起物です。

たまには吹奏楽♪

こんばんは、びおら~1号です。
最近になって、幕フィルHPがまた進化しましたね!
PC・携帯版とも、雪が降ってるような背景がつきました。
これ、いいですねぇ。次は何がくるかな?
さて、14日なんですが、管打分奏と
2ndヴァイオリンのパート練習でした。
・・・なのでこの日、ワタクシはお休み★
んで、トロンボーンS井さんと一緒に、
千城ウインドシンフォニカさんの
受付を手伝ってきました。(吹奏楽団です)

これ、案内ハガキです。かっこいいですね~。
チラシ兼用で配ったりしたそうですよ。
ちょっと早めに行って、リハーサルを見学しました。

なんかコンパクトに見える~(?_?)
実際に人数も少なめなんだけど、
弦楽器ほどスペースが要らないせいもあるでしょうか。
それでも、全部 管楽器と打楽器なので、
見た目より音は迫力あるんです。
休憩中に、なぜかチューバの音で
『新世界』1楽章のフレーズが聞こえますよ?(^^;
チューバは幕フィル常連のⅠ氏ですが・・・。
別に遊んでたわけじゃなくて、
演奏曲のメドレーみたいのに入ってたんです。
吹奏楽だと、ポップス系の曲とか映画などのメドレーとか、
楽しい曲がけっこうあるんですよね。
この日の曲でも『ラピュタ』とか、『組曲 宇宙戦艦ヤマト』とか。
いいなあ~。オケ用編曲の楽譜ないかしら。
本番の間、受付まで演奏が聞こえてました。
『組曲 宇宙戦艦ヤマト』が、プログラムの最後なのに
パワーが衰えないんですよ!
S井さんが驚いたくらいだから、
吹奏楽の人ってタフなのかも☆
その後、打ち上げにもお邪魔しました。
いろいろ勉強させていただき、ありがとうございました。
幕フィルから出演したS夫妻、ファゴットNさん、
前出のチューバI氏、お疲れ様でした。
やっぱり吹奏楽もいいな~。
というわけで、土曜日に吹奏楽のイベントがあるので、
横浜・大桟橋でユーフォニアム吹いてきます(^^)♪
ええ、実は吹奏楽出身なもので。
超久々だから、リハビリです~(笑)。
【ユーフォニアム:小型のチューバのような楽器】
次の21日はトレーナーの先生の弦分奏だから、
そっちももちろんがんばります。
午後には「国際ふれあいフェスティバル」に行こうっと。

幕フィルから、トロンボーン四重奏と
金管五重奏が参加予定です。(13:50頃予定らしい)
あ~!須藤先生が指揮する吹奏楽団の演奏会も
21日午後でした~!
習志野シンフォニックブラス (習志野文化ホール) 13:30開演
仕方ない、そこはまたの機会に・・・。m(_ _;)m

おすすめ音楽番組

こんばんは、びおら~1号です。
う~ん、2人がかりだと更新が続く(笑)。
管分奏、見学してみたいなぁ・・・。
さて本題。
この前《楽器紹介 トランペット編》で
画像を載せた、「ナチュラルトランペット」の
演奏を見られる番組を紹介します。
『クラシックミステリー 名曲探偵アマデウス』
という、NHKの音楽バラエティー(?)です。
コメディタッチのドラマを交えて、
クラシックの名曲を解説してくれます。
(ドラマ出演:筧利夫、黒川芽以ほか)
今回の曲が、バッハの『組曲第3番 ニ長調』。
この中の1曲は『G線上のアリア』として有名です。
そして、別の曲でナチュラルトランペットの
実際の演奏が見られますよ! (^o^)/
放送時間は、明日13日(土) 午後0:00(BShi)と、
19日(金) 午後3:15(NHK総合)の予定だそうです。
良かったら見てみてください♪
別に、NHKの回し者ではありませんからね(^^;

管楽器セクション練習

みなさんこんにちは
S.オーボエでございます。
先週は弦楽器/管楽器に分かれてのセクション練習でした。
俗に「分奏」といいます。
練習にはトレーナーの先生がきてくださいます。
まだまだ譜面にカジリついている状態なのですが熱心に指導してくれますよ。
こう演奏すればこんなに楽しくなるという感じの指導で、しばし時間を忘れるほど熱中します。
例えばアフタクトをなぜ強く出るといい演奏にならないかということの説明などがとても具体的です。
「ここは転調するから転調した後の音をイメージして」
だけで演奏もガラリと変わるのです。
トレーナーの先生はファゴット吹きで、特にファゴット奏者の人には
「この指つかえ」
なんてイロイロと技も教えてくれます。
ところで幕張フィルは管楽器の定員が満杯なのですがファゴット奏者の席がひとつあいてます。
学生時代吹いてたけど家で楽器を腐らせてるなんて人がいたらゼヒ遊びに来て下さい。
トレーナーがファゴットの人なんておいしい話です。
団費タダの1か月おためし入団制度なんてうれしい制度がありますのでお気楽に問い合わせください。

V・D<演奏会ラッシュ?

2月に入りましたねぇ。
こんばんは、びおら~1号です。

いえ、ブログの更新はしてますが、
幕フィルの練習は7日が2月最初なので・・・。
弦・管打それぞれで分奏でした。
弦はコンマスの仕切りで全曲(一応)。
『新世界』は時間の都合でちょっとだけ。
弓の使い方とか、弾き方のニュアンスを
合わせることがメインでした。
この日は2ndトップ・M氏が、
経験浅いS氏を隣に座らせキビシ~~イ指導を!
横で聞いててビックリするほど、
まるで体育会系ノリでしたよ。がんばれ、S氏。
ところで、今度の日曜はバレンタインデー♪
・・・ですが、なぜか演奏会が多いんですねぇ。
幕フィルの団員が出るのが2団体。
同じ幕張コミュニティセンターで活動する
吹奏楽団も、この日に演奏会です。
以下に、簡単に紹介しておきますね。
(団員他が出演)
・市原フィルハーモニー管弦楽団 14時開演(市原市市民会館)
・千城ウインドシンフォニカ 14時30分開演(千葉市若葉文化ホール)
  ※千城のほうは、吹奏楽団です。
(幕コミ利用の団体)
・千葉吹奏楽団 14時開演(千葉市民会館)
興味がある方は、たまには他団体を
聴きに行ってみてはいかがでしょうか?
ちなみに今回は、いつも写真を撮ってくれてる
S井さんがお休みで、私も撮る余裕がなくて
画像ナシになっちゃいました~★

幕フィル的 楽器紹介《トランペット編》

幕フィル団員の協力を得てお送りする、
『幕フィル的 楽器紹介』第2弾!
今回は、これも誰もが知ってる楽器、
トランペットです。

え~、構造を簡単にいうと、
唇を振動させて音を出し、
管を通る間にあの音になるんですね。

そして、3本のピストンを押して音程を変えます。
ピストン下の両横にあるU字型とO型の金具は、
左手の指をかけて管をスライドさせ、
音程の微調整をするものです。
さて、他のパートから寄せられた疑問に
「ピストンが3本しかないのに、どうして音階を吹けるの?」
というのがありました。
ちょっと長くなりますが、金管楽器に共通の原理なので、
ここでざっと説明します!
まず、これを見てください。

バロック~古典(バッハ~ベートーヴェン位)の時代の
「ナチュラルトランペット」です。
ご覧のとおり、ピストンがありません。
でも、唇の調節でいくつかの音が出せるんです。
ゆるめにすると低い音、締める(張る)と高い音。
そうすると、こんな音階(?)が吹けます。

「倍音って何?」とは訊かないで下さいね★
私も良くわかってないので・・・(^^;
バロックの頃は、高い方の音でメロディを吹いたり、
管の長さ=基本の音(調)が違う楽器を何本か用意して
演奏したりしたそうです。
現在のトランペットは、ピストンを押すと
迂回管に息が通り、その分音程が下がります。
3本のピストンでその度合いが違い、
その組み合わせと、唇の調節を合わせていろんな音程を出せるのです!
おわかりいただけましたか?
でもこんな歴史があるために、楽譜で苦労するとか。
というのも、前述の「管の長さが違う楽器」は、
楽譜では全部「基準の音がド」で書かれるから。

↑ 『エグモント』の楽譜ですが、パート名に続く
「in F」は、F(ピアノのファ)が基準という意味で、
楽譜で「ド」と書いてあれば「ファ」の音を出します。
これが曲の途中で「in D」とか「in A」とか変わると、
実際に出す音が何か、読み替えが大変なんだそうです。
そして、オケでは重要で目立つ場面が多く、
「醍醐味」と「苦労」が紙一重のようで(-_-;)。
本番で成功したらとても満足感があるけど、
その分プレッシャーも相当で、失敗すると目も当てられない★
反面、それ以外は「休みが多くて数えるのが大変」。
・・・これって、弦楽器と真逆だわぁ~。
ほぼずっと弾いてて、ミスっても(トップ以外は)
案外目立たず、普通に弾けば音は出る。
だからでしょうか? 今回のアンケートで、トランペットの皆さんの
「やってみたい楽器」が「ヴァイオリン、ヴィオラ、弦楽器」。
他パートへの声も、全員が弦楽器あてでした。
ちなみに、体力的な面では肺活量はそんなに必要ないそうですよ。
むしろ細い管に息を集中するから、血圧上がりそう(冷汗)。
管が太くなってく フリュ-ゲルホルンあたりだと、
息が足りなくてつらいそうですが。
アンケートでもう一つ。
トランペットを選んだ理由として、
「(ホルンやチューバに比べて)楽器が安い」という人が(^^;
ヤマハのHPで調べたら、確かにその通り!
一般的なB♭管・ピストンの楽器で5~30万円です。
(ロータリーのだと、いきなり60万円以上でした☆)
最後に、あるトランペット吹きから一言!
「オケで天国と地獄の気分を味わいたい方は、
 ぜひ一緒にトランペットをやりましょう!?」

では、また次回~♪ (びおら~1号)

初めての投稿でございます

やっと投稿します。
いつもはびおら~1号さんが記事を書いているのですが
「俺にも何か書かせろface08
とタノミ込んで記事を書かせていただくことになりましたS.オーボエです。
以前、ブログを書かれていたA.オーボエさんの家来みたいなものです!! よろしく!
タマには管楽器視点から投稿ということで駄文ご容赦くだされ。
先週は初めての指揮者による前・中プログラムの合奏。最初はエグモント序曲。
ワタクシは2番オーボエで、実は管楽器視点といってもびおら~1号さんの真後ろにいたりしますw
(おっと、wは使うなって言われたんだっけ)
まだ譜面も読めてなかったり、テンポも手探りだったりで指揮者とオケがうまく合わなかったりなんです。
とくにエグモントは3拍子の3拍目を長くトルところが多くてタイミングが合いづらいです
こんな時はワタクシはコンマスの弓を見てアテにしようとするのです。。。
でも、なんだかコンマスが不機嫌そうでした。。。
休憩のときに話したら
二日酔いだったらしいですface07
2ndバイオリンのトップも目に入るのです。。
仮面舞踏会の1曲目のワルツは気合がはいってましたねえ。
表情で演奏されてました。。。。。音を出す前から。
「音楽を習いに行く時はぼんやり口をあけて何かを貰いに行くのではなく、何か自分がこう演奏したいっていうモノをもっていけ!」なんていう人がいましたが、まさに準備満タンです。
見習わなければなりませんface02
「ブログ用の写真を」って送ってもらったんだけど、良く分からなかったのでゴチャゴチャ文章だけ書いてみましたicon06

びおら~ 楽譜を奪われる★

えー、少々穏やかでないタイトルですが(^^;
毎度のびおら~1号です。
先日の練習は、『エグモント序曲』と
『仮面舞踏会』の指揮者合奏でした。
須藤先生の指揮では初になります。
先に『エグモント』でしたが、こちらは
わりと無難に進みました。
曲の冒頭がけっこうゆっくりで、
1小節(しかもフェルマ-タ)伸ばす弦楽器は
「弓が足りない~(汗)」とか、
テンポの変わり目を何度も弾いて確認、とか。
そのぐらいですかねぇ。

事件(?)が起きたのは『仮面舞踏会』のほう。
1曲目「ワルツ」、2曲目「ノクターン」と
順調に進み(コンマスY氏のソロにまた拍手)、
3曲目「マズルカ」へ。
一度通した後、返して練習したときです。
「じゃ、ここからお願いします」と言われて
誰かが「2カッコのとこ?」とポロリ。
それを聞いた須藤先生、
「えっ、2カッコって??」
「パート譜どうなってるの?!」と混乱。
私は指揮者の目の前にいるので、
楽譜を見せようと、そちらへ向けたら・・・
手を伸ばして、楽譜を持ってかれました(゜゜;)
別にいいんですけど、ちょっとびっくり。
で、何が問題かというと、パート譜のほうは
同じようなフレーズが繰り返されるのを
リピ-ト記号でまとめてます。


↑こうなってますね。
でも、指揮者が使うスコアは、リピートしないで
そのまま続けて書かれてるんですね~。
そうじゃないと、指揮者の譜めくりが
行ったり戻ったりで大変になるけど・・・。
次からは、(練習番号)何番のいくつ前とかで
対応することになるでしょう。
そして、「間違い探し」のときの心配は
見事 的中でしたね(苦笑)。
音の間違い、やっぱりありました★
話変わって、21日の日曜午後に
「ちば市国際ふれあいフェスティバル」に
出演するトロンボーンパートの皆さん。
『エグモント』の降り番の間に練習。

(提供・打楽器S氏)
合奏が終わって、また練習。(撮影・私)

練習熱心な皆さんです。
さて、2月は分奏が続きます。
月末まで合奏がありません。
楽器紹介のネタ集め&更新、頑張ろうかしら(笑)。

幕張ぶらり散歩

こんばんは、びおら~1号です。
今回は、直接幕フィルと関係ないんですが、
ちょっと寄り道を。
この幕フィルのオフィシャルブログ、
「マクスタ」という、幕張地区の
ブログコミュニティに入ってます。
(ブログ開設したのは私じゃないんですが)
「なんだそれ?」と思った人、
PCだと左上にロゴがあるので、クリックしてみましょう。
携帯版は、たぶんず~っと下のほうに
「マクスタ」の文字があると思いますのでクリック。
すると、いろんなブログやお店の情報が見られます。
(PC版のほうが、画像なんかも入って見やすいです)
で、そこを見てよさそうなお店を見つけたので、
昨日の練習の帰りに寄ってみました!
まず、ホットドッグ専門店の
「CARKEYS](カーキーズ)さん。

専門店だけど、菓子パン・調理パンもあります。
残念ながら「幕張ドッグ」というオリジナル商品が品切れで、
チーズチリドッグを食べました。
しまった、ホットドッグの写真撮ってない・・・orz
けっこうボリュームある大きさで、
パンは柔らかいけどしっかりした生地。
ソーセージも皮がパリッとして、おいしいです♪
ただ、店内にお席があまりないのに
そこで食べてたら、後からお客さんが続々と!
楽器ケースは邪魔にならないように置いたつもりだけど、
けっこう迷惑だったかも。
ほとんどの方はお持ち帰りにしてました。
私も今度は持ち帰りにしよう・・・。
そしてもう一軒「菓子工房 セ・ラ・ヴィ」さんへ。

今はイチゴのケーキもいくつかあるし、
バレンタイン向けのお菓子もあります。
あと、おやつにちょっと食べるのにいい感じの、
クッキー1個か2個ぐらい入りもあります。
こっちはケーキの写真ありで。


りんごパイと、あまおうのシュークリームです。
どちらも甘さ控えめでおいしいです。食後でも入ります(笑)。
両店とも、JR幕張駅から幕張メッセに向かう道にあります。
歩道橋のある交差点から少しメッセ寄りに、
二つのお店が(床屋をはさんで)並んでます。
マクスタの「地域のステキなお店はこちら」の
「グルメ」で探すと、詳細な情報が見られます(75番と76番)。
興味のある方は、ぜひ!
他にも、マクスタには海浜幕張・幕張本郷あたりの
お店もいろいろ載ってるし、個人のブログもたくさんあります。
一度チェックしてみるのも
面白いと思いますよ。
以上、食いしん坊寄り道レポートでした。