カテゴリー別アーカイブ: 雑記

2017年残りあと0日

ども フーテンのにゃべさんです
いつの間にやら大みそかですねえ
飾りつけたクリスマスツリーをせわしなく片づけ
しめ飾りと門松と鏡もちとおせちの準備に大忙し
クリスマスプレゼントあげたばっかりだけど
お年玉も用意しなくちゃ(痛)
あー パンダのニュースに癒される…
今日あたり アメ横大変なことになってるだろなー
もうどさくさです

そんなどさくさニッポンの年末風物詩といえば
エス井先輩ブログにもある「第九」
1年後には幕フィルも敢行するんですけど
やっぱ名曲中の名曲
もうね なんかこぉう… スケールが違うんですな
上司への不満とか 旦那へのグチとか 権力争いとか
そんなことがぜーんぶ小さく感じる すごい曲です
(合唱隊募集中 奮ってご応募ください)

でもねっ 2018年の幕フィルにはその前に
まずドボルザークが控えておるのであります
大工(だいく)だ!土木(どぼく)だ!と
ガテン系オケ(なんじゃそら)のように見えますが
今度やるのは どぼく じゃなくて どぼはち
素朴だけど誇らしい
故郷ボヘミア(チェコ)への郷愁あふれる逸品です

ボヘミアねえ ぴんと来ないなあ
という声に お役に立てるかわかりませんが

イメージ画像(その1)
図1
なんともメルヘンな家々
傍を流れる川は有名なモルダウ(ブルタヴァ川)

イメージ画像(その2)
図2
チェコ料理(ナゾの丸焼きと蒸しパンみたいの)

イメージ画像(その3)
図3
ドヴォルザーク博物館!
図5
ただし月曜定休だからねっ

というわけで

第49回定期演奏会
日時:2018年4月15日(日)14時開演予定
場所:千葉市民会館大ホール
指揮:吉川 秀幸
曲目:
ロッシーニ 歌劇「セビリアの理髪師」より序曲
シューベルト 交響曲第7番「未完成」
ドヴォルザーク 交響曲第8番

2018年の幕フィルもがんばりますので
このブログともども
よろしくお願いいたします(ぺこ)

Trp にゃべ@生まれも育ちも葛飾柴又ではないです

第九やるよ!団員も合唱団も募集中だ!

クリスマスですねえ
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

クリスマスなパーティーで飲みすぎて
本日は二日酔いだったりして?
え?
あたし?
あたしはそんなことないですよう
TbS井です。

DSC00001

はい、クリスマスが終わると
一気に年末モードって
そんな気がしますわ。

日本の年末の風物詩
第九の演奏会って
この12月
日本全国で何件くらい演奏会があるんでしょうねえ?

普段はクラシックは聞かないけど
第九は聞きに行くんだぜっていう方も
いますよね。

そんなあなたに朗報?
っていうか
第九聞くのもいいけど
歌っちゃうってのはいかがでしょう?

合唱団募集 最終

そうなんですよ。
2017年の第九には間に合わなくても
2018年の第九には今から準備すれば間に合うわ!

幕フィルでは
第九の合唱団員募集中です。

次回の演奏会は4月で49回目なんですよ。
その次は50回目なんで
記念演奏会にしようってことで

第九です。
恐れ多くも
だいく。

幕張フィルハーモニー管弦楽団
第50回定期演奏会
2018/12/1(sat) 13:30開演
千葉県文化会館 大ホール
指揮:津田 雄二郎

合唱団募集 最終

身の丈に合わないような
ステキなソリスト&指揮者を
お迎えしての開催ですからね
幕フィルもキアイ入っています。

合唱団員の募集開始して
だいぶメンバーがそろいつつあるとか!?
参加するなら今!
ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

詳細はコチラ!
幕張フィル第九実行委員会のホームページ

そして幕フィルの団員も募集中!
詳細はこちら!
団員募集ページ

舞台裏レポート(あと-13日)

怒涛の7連載にすっかり燃え尽き
どうせまた伝説になっちゃうんでしょ
みたいな雰囲気をにおわせつつ
実際はそこまで突き抜けることもできない
小市民ブロガーにゃべです

とにもかくにも 終わりましたねっ
あ 連載じゃなくて 本番の話です 第48回定演

あいにくの雨天にもかかわらず
今回も多くの方にお越しいただきました
まあ 演奏には多かれ少なかれ傷があるものの
客席からのを感じながら のびのびと音を出し
なんとも幸せな時間でありました

本番にハプニングはつきもので
それもまた あとで振り返れば思い出になるんですが
いちおうですね あらかじめこのブログでも
モンスターになぞらえて いろいろと危険予測をして
できるだけ備えをしているつもりなんですけども

やっぱり出るんですな 想定外のやつが

不肖の我がパートの話で恐縮なんですが
聞いてもらえます? 職権乱用すいません

開演5分前のブザーの代わりにファンファーレ
という 今回のちょっと新しい試み
(ブリテン「聖エドモンズ墓地のためのファンファーレ」)
これ 3人のトランペット奏者がひとりずつ
時間差で登場してくること自体は想定内
というか 演出なんですが

超ド緊張状態の一番手にゃべが
ぎこちない足取りで舞台へ出て行ったころ
誰も気づいてなかったーのだー
スタンバってるはずの二番手エヌ氏が
舞台袖から忽然と姿を消していることに

実はエヌ氏 急にトイレが近くなり
用を足しにいっていたことが後に判明
そんな状況とはつゆ知らず 吹き始めちゃったにゃべ
トイレで用を足し ほっとしたエヌ氏の耳に突如
(にゃべ)たりらりらーららー たらららーりらりらららーん
耳を疑うエヌ氏 これは幻聴か? いや違う!
ファンファーレ始まってる! まじか!
走れオレ! みんな! ごめん道あけて!
楽器は? これだ! マウスピースは? ついてるラッキー!
(にゃべ)ぱーんぱぱぱーん ぱ ぱぱぱぱぱーん ぱ ぱーん…

前の人の ぱーんぱぱぱーん が聴こえたら次の人が出る
というのが 事前の3人の取り決め
しかし 実際にエヌ氏が舞台上に姿を現したのは
最後の ぱ ぱーん… のさらにあとのわずかな空白
間一髪とはまさにこのこと(曲芸的)

どうにかこうにかすべりこんだエヌ氏
緊張する間もなく というか
疾走直後のぜーぜーはーはー状態で
なんとか お客様にドタバタを悟られることなく(疑)
自分のパートを吹ききりました

反対側の舞台袖で待機していた三番手ワイ氏(百戦錬磨)
対岸で何が起こっているか わからないながらも
もしエヌさんがほんとに出てこない緊急事態になったら
ワタシがエヌさんの分も吹くしかないかと 覚悟したそうな(神)

【まくモン図鑑(キンチョカンの仲間編)】

・ミキリハーシャ 緊張でいろいろ未確認のままスタート
・カケコミン 緊張するとトイレが近くなったりする

キンチョカンというまくモンが前に出てたんですが
こいつが思いのほか幅広い人脈(モン脈)があるようで
手強いお友達とつるんでるようです

来春第49回に向けて もうじき始動(あと169日!)
まだまだ新種がいっぱい潜んでそうでコワいですが
まっ その出会いさえも楽しみに またがんばっていきましょう

(なんか弊パートのローカル話でごめんなさい)

Trp にゃべ@まずは落ち着いて人員点呼(教訓)

まとめ!(あと0日)

「幕フィル演奏会の楽しみ方」
ポイント1:演奏を味わう
ポイント2:指揮に注目してみる
ポイント3:目立たないパートの音に耳をそばだてる
ポイント4:ロビーコンサートを楽しむ
ポイント5:音を出していないときのメンバーの挙動を観察する
ポイント6:ちょっとした非日常感に浸る

名称未設定-3

【まくモン図鑑(おさらい編)】
・クラガーリー パンフの曲目解説が暗くて読めない
・キキクラーベ 耳の肥えたお客様にはいろいろバレる(詳細略)
・クビイータイ 最前列に陣取ったら見上げる角度がキツかったり
・ウナリン 指揮者も意外と音を発していたりする(かも)
・デシャバー 脇役のはずが過剰に存在を主張してくる
・アンケトン 内助の功パートへのコメントがあると超うれしい
・アガリン 実はロビコンの方が緊張ハンパない
・バテバッテ ロビコンで体力の大半を消耗
・ジナリン オケメンバーはよく拍手の代わりに足を踏み鳴らす
・テガイータイ 仲間をたたえて手も懸命に叩くがけっこう疲れる
・スイマー 気持ちよ~く眠り…いや涅槃の世界へ
・イビッキ スイマーについてきて悪さすることがある

Trp にゃべ@ご来場お待ちしております

ゴール目前(あと1日)

いやー きましたね
カウントダウンもついに大詰め!
度重なる挫折の危機を乗り越え
どうにかこうにか この一日一筆キャンペーン
第4コーナーを曲がって最後の直線に入りましたっ
このブログ史上 連投の新記録樹立
ということになるかもしれませんっ

ひとりコーフン気味の実況アナはさておき(自作自演)
最後のポイントをご紹介

「幕フィル演奏会の楽しみ方」
ポイント6:ちょっとした非日常感に浸る

もうね ここまでくると
オーケストラのコンサートに限らないんですけどね
映画でも 演劇でも 歌舞伎でも
いちばんのごちそうは
日曜の午後のほんのつかの間の時間
日々の喧騒を忘れて
お友達やご家族と あるいはおひとりでも
ゆったり贅沢なリラックスタイムを過ごすこと
これに尽きます

明日の幕フィル演奏会が
その選択肢のひとつになれたら
望外の喜びであります

情報通ブロガーエス井先輩の
おすすめスポットも近くにありますしー

〔優雅な休日の例〕
お買い物⇒ランチ⇒幕フィル⇒カフェ⇒期日前投票

みたいなっ(最後は日常に強制送還)
いずれにしても 皆様 充実した楽しい休日を!

【まくモン図鑑(リラックス編)】

・スイマー 気持ちよ~く眠り…いや涅槃の世界へ
・イビッキ スイマーについてきて悪さすることがある
(お近くの席の方 やさしく教えてあげてください)

今夜はてるてる坊主をつるして寝ましょうかね…
注)ホールは屋根も壁もあります(念のため)

Trp にゃべ@早くも燃えつき気味(ナゾの達成感)

五日坊主(あと2日)

誠に不本意ながら まさかの三番煎じタイトルっ
もうじき六日坊主になっちゃうとこだったのを
なんとか回避したので なにとぞご勘弁を…(ぺこ)

「幕フィル演奏会の楽しみ方」
ポイント5:音を出していないときのメンバーの挙動を観察する

演奏が始まる直前の独特の静けさ
最後の響きが消えてなお残る 無音の余韻
楽章と楽章のあいだの「間(ま)」
そこで客席から聞こえる小さな咳払いでさえ

CDを再生したりするのとは違い
楽器が鳴っているその瞬間だけではなくて
その空間全体に流れている雰囲気そのものが
コンサートを生で聴くことの醍醐味だと思います

ふだんは普段着(あたりまえ)の幕フィルメンバーも
本番ばかりは 慣れないいっちょうらを身につけて
雰囲気づくりをマジメにがんばっているわけですが

よーーーーーーく見ていると

入場してから忘れものを思い出す団員
ひな壇につまづく団員
座るイスを間違える団員
チューニングにまぎれて曲をさらう団員
(ミスったりして会場内に一抹の不安を与える)
立つ/座るタイミングにあたふたする団員たち
曲の最中 どう見ても眠っている団員
出番が迫っても目を覚ます様子がないお隣さんに焦る団員

いるわいるわ 愛すべきキャラがたくさん!
注)まくモンじゃなくて人です

さらに

練習で苦労していた難しいソロを本番でバッチリ決め
指揮者に立たせてもらって称えられる仲間に
お客様以上に盛大に拍手する他のメンバーたち
とか
最後の最後 カーテンコールも終わり
ステージが暗転してからの団員たち
握手をしたり 声をかけ合ったり
とか

そんな様子から オケメンバーの関係性が
ほんのすこーしだけ垣間見えるかもしれません

ということで 身内からお願いするのもなんなんですが
ぜひともこの愛すべきキャラたちを
愛情深く観察していただければ 幸いでございます

【まくモン図鑑(カーテンコール編)】

・ジナリン オケメンバーはよく拍手の代わりに足を踏み鳴らす
・テガイータイ 仲間をたたえて手も懸命に叩くがけっこう疲れる

Trp にゃべ@得意技はすべりこみアウト

四日坊主(あと3日)

キターー 何たる手抜きタイトル
でもいいのだ! 投稿することに意義があるのだー(開き直り)
早くしないと 日付が変わっちゃうからねっ
今宵も折れない心でいきましょう

「幕フィル演奏会の楽しみ方」
ポイント4:ロビーコンサートを楽しむ

すこぶる貪欲な幕フィルメンバーの演奏欲求は
大人数で交響曲やるだけでは満たされず
ホールから浸みだしてロビーへダダ漏れ

せっかくなので この余りあるエネルギーを
ご来場の皆様にもおすそわけ! 出血大サービス!
ということで
開場から開演までのスキマ時間
ロビーにストリートパフォーマンス集団が出没します
注)演奏以外の芸はあんまりできません

さらに たっぷり2時間もの本番を終えたあと
お客様も演奏者も みんなお腹いっぱいのはずなのに
なぜか まだ満足してないパフォーマーの生き残りがっ
んで お疲れ最高潮状態でまだやるんですな
だいじょぶなの? 満腹中枢が壊れてるのかな?
周囲の心配どおり バテバッテ大量発生させながらも
気力とノリで楽しく乗りきります…乗りきれるかな…

まっ ホールとまた違って お客様と奏者が至近距離で
雰囲気をまるごと共有できる おもしろい場ではあります
てな具合に 今度の演奏会も
「早めに会場に来て」「遅めに会場を出る」と
オマケがついてきますよ という 耳ヨリ情報でした

【まくモン図鑑(ロビコン編)】

・アガリン 実はロビコンの方が緊張ハンパない
バテバッテ(おなじみ) ロビコンで体力の大半を消耗

Trp にゃべ@今回はロビーだけじゃなかったりして(ニヤリ)

三日坊主(あと4日)

やや心許ないタイトルですが 深いことは考えず
今日も元気に参りましょう

「幕フィル演奏会の楽しみ方」
ポイント3:目立たないパートの音に耳をそばだてる

目立つことをやってるパートはね まあいいんです
みんなに注目されるから 重圧も大きいけれど そのぶん
カーテンコールで立たせてもらって たくさん拍手ももらえるし

しかーし 本日のご提案は
あえて「内助の功」に意識を向けてみるスタイル

そうですねえ 例えていうなら

それほど目立つ方でもないのに その子がいない日は
何となくみんな調子が出ない なごみ系クラスメイト

途中交代でいなくなったとたん なぜだかチーム全体が
ギクシャクしはじめちゃう 地味なポジションの名選手

主人公のお侍さんの殺陣が なるたけ華麗にキマるように
うま~いあんばいで倒れてくれる ベテラン切られ役

ん? なんか違うか? まいいやー

そんな感じで オーケストラでも
必ず誰かしら 縁の下の力持ちをやっているわけで
その職人仕事が 実は響きの大部分を支えてたりして

例えば 2ndヴァイオリンさんとか ヴィオラさんあたり
花形パートの狭間で ひたむきに和声を整える姿に
いぶし銀の職人的イメージを 勝手に抱いております
注)シロウトの妄想だったらごめんなさい

あっ もちろんですね
巨体のホームランバッターだって
チームのためなら苦手なバントもがんばる
みたいなもんで(謎の例え)
主役と脇役はそのつど入れ替わるので
そのときどきの「いぶし銀」発掘をお楽しみいただけたら
ご存知の曲もまた新鮮に聴こえてくる…かもしれません

でもねえ そうは言っても
ひとつのパートに耳を集中させすぎて
音楽の全体感が味わえないのも なんだかなあ(悩)

(天の声) 聴くのではない 感じるのだ

なるほどそうかっ では皆さん そんな感じでっ(雑)

【まくモン図鑑(いぶし銀編)】

・デシャバー 脇役のはずが過剰に存在を主張してくる
アンケトン 内助の功パートへのコメントがあると超うれしい

あれ アンケトンは前すでに出てましたね…
早くもネタ切れの様相?
読者の不安を煽るこの展開
次号 心配しながらお待ちください

Trp にゃべ@めざせ例え話職人

一日一筆キャンペーン(あと5日)

「幕フィル演奏会の楽しみ方」
ポイント2:指揮に注目してみる

固定指揮者を置いていない幕フィル
指揮者が変われば曲の解釈も変化 オケの音まで変わる
自身は音を出さずして 響きの全てを操るカリスマ
あこがれの職業ながら 謎に包まれたその生態を
ナマで観察できる貴重なチャンスです(深海魚かっ)

指揮者のバックグラウンドは本当に人それぞれのようで
(吉川先生はコントラバスの大家)
だからこそ 独特のこだわりや個性が醸し出されるのか
そこにオーケストラメンバーの表現も融合して
未体験の新フレーバーが完成 ぜひ一度 ご賞味ください

近くで見たいなら やはり客席前方がよいですが
例によって 何やら出没する可能性があります
(これもまた一興)

【まくモン図鑑(指揮に注目編)】

・クビイータイ 最前列に陣取ったら見上げる角度がキツかったり
・ウナリン 指揮者も意外と音を発していたりする(かも)

ふうー 連載第2回め なんとかクリアできた…
あっすみません 今の独り言です
レジェンドとしたことが 大変失礼いたしました
明日もがんばるぞ!(爽)

Trp にゃべ@最前列は汗かぶり席?(国技館でいう砂かぶり席)

カウントダウン企画(あと6日)

ど どうも ごぶさたしておりました
6月に続き 9月も沈黙のうちに過ぎてしまった
「あの人は今」的 伝説ブロガーにゃべです
いやー 3の倍数が数えられない病だったのかもー
(自分で伝説とか言っちゃって しかもドイヒーすぎる言い訳)

今週末10/15(日)に本番が迫り
さすがに焦ったレジェンド(まだ言う)
せめてもの罪滅ぼしに 当日に向け連載を心に決めました

というわけで 「幕フィル演奏会の楽しみ方」について
6つのポイントを一日ひとつずつご紹介
あわせて注意すべきモンスターも図鑑に加えたいと思います
名称未設定-3

「幕フィル演奏会の楽しみ方」
ポイント1:演奏を味わう

王道といいますか あたりまえといいますか
そのために来ていただけるのが本望ではあります

ということで 今回のプログラム曲目の予告編です

・モーツァルト:「魔笛」序曲
完成・初演から226年め
そしてモーツァルトが35歳の若さで亡くなってからも226年め
作曲しながらも体調はすでに悪かったのかもしれませんが
物語の楽しげな雰囲気が凝縮された逸品
ただし一瞬で終わっちゃうので 14時前にホールへGO!

・シューベルト:交響曲第5番
完成から201年め(初演はナゾ)
とってもさわやかな気持ちいい曲調
でもラッパ失業中(いじいじ)
いいもん クラとボーンとテューバとパーカスとなぐさめ合うもん
クラシックの演奏会に来てるなー感が堪能できそうな名作
注)個人の感想です

・ブラームス:交響曲第2番
完成・初演から140年め
じっくり20年かけて完成させた第1番のあと
なんかふっきれた(推測)ブラームス氏が
避暑地にいって4ヶ月でぱぱぱっと作った第2番
キャッチーな旋律もありながらブラームスらしい厚さと渋さと…
あー いい曲だー 詳しくはウェブでっ じゃなかった
詳しくはホールで!
(百読は一に如かず)

世界中のプロアマが100年以上前から演奏してきた古典も
指揮者や奏者 その時々の状況によって
常に違うものになるという 不思議体験ツアー

クラシックに詳しい方 そうでもない方 初めての方
皆さまに気がねなく楽しんでいただけたら
奏者・スタッフ全員 この上ない幸せであります

ただし!
こんなモンスターがついてくるかもしれないのでご注意を

【まくモン図鑑(客席編)】

・クラガーリー パンフの曲目解説が暗くて読めない
・キキクラーベ 耳の肥えたお客様にはいろいろバレる(詳細略)

この連載企画 本番当日まで続きます
つづけます
たぶん

Trp にゃべ@幕フィルデビューはブラームス1番