「あすみ見守り隊」第1班

1746107m令和4年1月23日(日) 天候 曇り 気温 6℃
参加隊員:男性 2名 女性 2名 計4名
訪問件数:有効訪問 5件 計5件
訪問時間:10:00~11:00

曇り空、肌寒い見守り日であったが、皆さんお元気に笑顔で出てこられました。
第6波、新型コロナウィルス「オミクロン株」の感染急拡大に伴い、くれぐれも感染には
ご注意いただくよう依頼。併せて、3回目のワクチン接種券の到着確認。昨年の2回目
6月接種の方は市から発送されているようです。引き続きかかりつけ医に連絡を取り、接種の勧めを致しました。皆さんお元気で何よりです。早くピークアウトしてほしいものです。

福祉委員長 H

【千葉市】感染者が増え続けています

thumbnail_kansen_yobou本日のコロナ新規感染者発表数は、これまでで最多となり、今後も感染が拡大していく見込みです。

混雑する時間・場所への外出を控え、マスク・手洗い・密を避ける等、基本的感染予防対策の徹底をお願いします。メッセージの詳細は⇒

https://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/iryoeisei/seisaku/covid-19/kanjamatome.html?an220122

 

ちばし安全・安心メール

http://www.chiba-an.jp/

福祉委員長 H

【千葉市】まん延防止等重点措置適用に関するお願い

油断するな新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、本日1月21日(金曜日)から2月13日(日曜日)まで、千葉市をはじめとする千葉県全域にまん延防止等重点措置が適用されています。

混雑した場所等への外出・移動を控える、感染対策が徹底されていない飲食店の利用を避けるなど、3つの密(密閉・密集・密接)を避け、マスクの着用、手洗い・消毒、換気等の基本的な感染防止策の徹底をお願いします。

誰にも感染する可能性があります。いつ、どこで感染するか分からないという警戒感を常に持ち、自らが感染せず、また大切な人を感染から守るための行動をお願いします。

市民の皆さまへのお願い⇒

https://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/iryoeisei/seisaku/20220120-0213_manenboshisochi_shiminhenoonegai.html?an220121

 

ちばし安全・安心メール

http://www.chiba-an.jp/

福祉委員長 H

第64回「あすみ見守り隊」議事録

1746107m日時:令和4年1月12日(水)、16:00~17:00
場所:あすみが丘第一自治会集会所
参加者:委員長(兀脇)、班長3名、民生委員3名、社協1名 計8名
1.先月の活動内容と今月の活動予定
第1班(兀脇班) 6名 活動日:1月活動予定1/9(日)、A班担当3名 1/23(日)B班担当3名  第1、第3 (日) 活動時間:10:00~11:00
第2班(渡辺班) 5名 活動日:1月活動予定、1/11(火)、1/25(火)の第2、第4(火)
活動時間:15:00~16:00
第3班(矢島班) 3名 活動日:1月活動予定、1/11(火)、1/25(火)の第2、第4(火)
活動時間:16:00~17:00
第4.班(兀脇班)3名 第1~第5ブロックをローテーションとする見守りパトロール、さりげない見守りの実施 1月活動予定:1/16(日)、1/30(日)第2、第4(日)
活動時間:10:00~11:00
第5班(矢口班) 4名 活動日:1月活動予定、1/11(火)、1/25(火)の第2・第4(火)
活動時間:16:00~17:00
・年末の挨拶を兼ねて、コロナ感染者減少傾向であるも、新たな新株の発生により、まだまだ予断を許さない状況の中、基本の感染対策の励行を話し、注意喚起を致しました。
2.地域情報について・千葉市の防犯・防災情報(ブログ参照)
・元自治会長長谷部さんの訃報と功績について(ブログ参照)
3.民生・高齢化進捗状況の懸念
・引き続き気になる方への個別対応の実践
・現民生委員11月末任期切れに伴う改選の件
社協・千葉市生活支援体制整備事業の紹介(ブログ参照)

以上

福祉委員長 H

新あすみが丘エクスプローラ―から(4)自治会館立替と公園緑地

IT委員会 武山

自治会集会所が出来て、今年で30年になります。この間に2回、集会所近くの公園緑地が第一自治会のために使えないかとの議論がされています。一度目は14年前に、自治会用駐車場としての活用案です。2回目は手狭になった集会所の立替移転の案です。この議論は自治会の正式記録には残されていません。
しかし、平成30年4月11日の〈新あすみが丘エクスプローラー〉に長谷部正明さんの調査報告が載せられています。
集会所建替え問題は数年以内には起こってくると予想されますので、記録を転載して、残しておきます。

以下、転載します。

◇ ◇ ◇
あすみが丘エクスプローラから転載

新しい自治会館の敷地に考えられていた緑地

筆者が千葉市の『緑公園緑地事務所』に問合わせてみましたら、件の緑地は創造の杜公園とは独立した公園とみなされている。その緑地の面積は500平米であり、その100分の2は10平米であるが、 既に防災倉庫として3.3平米借りているので、残り6.5平米では集会所を建てること不可能であるとのこと。(千葉市都市公園条例 第1条の5号)
更に、自治会館に対して社会福祉施設としての特例があるかもしれないというので、千葉市役所本庁の『千葉市都市局公園緑地部公園管理課』に問い合わせてみたところ、 自治会館の建設に関する特例はないので、件の公園緑地には自治会館を建てることは出来ないという回答を得ました。(土地公園法第4条1)

千葉市都市公園条例
第1条の5号
本市の設置に係る都市公園についての政令第6条第1項第4号に掲げる場合に関する法第4条第1項ただし書の条例で定める範囲は、同号に規定する建築物に限り、 当該都市公園の敷地面積の100分の2を限度として第1項各号に掲げる都市公園の区分に応じ、当該各号に定める割合を当該都市公園の敷地面積に乗じて得た面積を超えることができることとする。
都市公園法施行令(昭和三十一年政令第二百九十号)施行日:平成29年6月15日 第16条 占有に関する制限
六の二 第十二条第三項各号に掲げる社会福祉施設は、都市公園の広場又は公園施設である建築物内に設けること。この場合において、当該社会福祉施設を都市公園の広場内に設ける場合にあつては その敷地面積の合計は当該都市公園の広場の敷地面積の百分の三十を、当該社会福祉施設を公園施設である建築物内に設ける場合にあつてはその床面積の合計は当該建築物の延べ面積の百分の五十を、それぞれ超えないこと。

土地公園法(公園施設の設置基準)
第四条の1
都市公園に公園施設として設けられる建築物(建築基準法(昭和二十五年法律第二百一号)第二条第一号に規定する建築物をいう。以下同じ。)の建築面積(国立公園又は国定公園の施設たる建築物の建築面積を除く。 以下同じ。)の総計の当該都市公園の敷地面積に対する割合は、百分の二を参酌して当該都市公園を設置する地方公共団体の条例で定める割合(国の設置に係る都市公園にあつては、百分の二)を超えてはならない。ただし、 動物園を設ける場合その他政令で定める特別の場合においては、政令で定める範囲を参酌して当該都市公園を設置する地方公共団体の条例で定める範囲(国の設置に係る都市公園にあつては、政令で定める範囲)内でこれを超えることができる。 《改正》平23法105

新自治会館の土地はどうする?
上述のように当てにしていた土地は殆ど借りられる可能性がないと言わざるをえません。考えられることはこの近隣に借地を探すか、現在の位置に建て替えをするしかありません。 現実的にはこの近辺には借りられるような空き地はありませんので、若し建て替えをするとしたら、現在の位置に建て替えをするという方向で検討するしかないでしょう。

Copyright(c) Tasogare Chobe All Rights Reserved

新あすみが丘エクスプローラ―から(3)避難所運営員会訓練記録

IT委員会 武山

土気南中学避難所運営委員会の創設期の記録、とくに長谷部第一自治会会長時代のガーデンコート自治会、土気南中学関係者、関係諸団体を含めた詳しい共同活動記録が残されています。貴重ですので、転載して残しておきます。
今回は平成27年8月30日に行われた9都県市合同災害非難訓練時の訓練シナリオです。
このシナリオは、その後に作られた千葉市の指針にほぼ沿ったものです。その後、当避難所にはこのような詳しい記録は残っていません。

以下、転載文です。
◇◇◇
時刻目安 訓練項目 担当部署/訓練内容 訓練場所
9:00~9:10 開錠 委員長・副委員長
正門と体育館の開錠とセキュリティ解除 正門前と体育館の入口
9:10~9:20 安全点検 施設班
体育館の外側から建物が安全かどうか確かめる
避難民は体育館の外のオープン・スペースに避難者を待機させる。 体育館の周り
9:20 避難所開設 委員長
施設班長の安全報告により避難所開設を宣言
避難所運営委員は全員『避難所運営委員』の腕章を着用する。 体育館の入口
9:20~9:30 スペース割振り 施設班
避難民の集まり具合を見てスペース割振り決定。
看板を立てる。
今回はガーデンコートは剣道場にその他は柔道場に割り振る。 体育館
9:20~9:30 避難民受付 総務班
避難者カードを配布して記入をお願する。
食料品備蓄ガイド等の資料を配布する。 体育館
9:30~9:40 避難民誘導 総務班と救護班
割り振られたスペースに誘導する。 体育館
9:40~9:45 区画の組織化 総務班
区画ごとの組長を選任して今後の窓口をお願する。
避難者カードを回収し、避難者名簿を作成する。 体育館
9:45~10:00 状況報告 総務班→市職員
避難者の人数や状況を市職員を通じて区災害本部へ報告。 体育館
9:30~10:00 備品・機材確認・点検 食糧班・物資班
備蓄倉庫へ出向き、数量を確認し、取扱い訓練を行う。 備蓄倉庫
10:00~10:30 避難の注意事項や生活ルール説明 委員長と総務班
全員を柔道場に集め避難時の注意事項と様式-3に基づいて避難所内の生活ルールを説明する。 柔道場
10:30~11:00 AED実演 消防署担当者・救護班
消防署担当者と救護班による人形を使ったAED実演 柔道場
11:00~11:30 水消火器実演 消防署担当者
消火器の使い方を水消火器を使って実演する。 体育館の外
11:30 避難者解散 食糧班
ペットボトルお茶と備蓄食料のクラッカーを参加者全員に配付 体育館入口
11:30~12:00 避難所運営会議 委員長、副委員長、その他委員全員
当日の訓練の反省会をする。 図書室

新あすみが丘エクスプローラ―から(2)避難所運営委員役割記録

IT委員会 武山

土気南中学避難所運営委員会の創設期の記録、とくに長谷部第一自治会会長時代のガーデンコート自治会、土気南中学関係者、関係諸団体を含めた詳しい共同活動記録が残されています。貴重ですので、転載して残しておきます。今回は役割分担です。この体制は、その後、変わったか確認のようがあります。

以下、ご覧ください。

新年度の避難所運営委員会の名簿作成:

以下の要件を考慮して避難所運営委員会の名簿を5月末を目標として作成する。

  • 避難所運営委員長
    平成28年度はガーデンコート自治会の会長が委員長となり、3年ごとに交替する。
  • 副委員長
    平成28年度はあすみが丘第一自治会の会長が副委員長となり、3年ごとに交替する。
    自治会を解散した「しらかし自治会」からは委員長も副委員長も出さない。
  • 市担当職員
    千葉市の決定を待つ。恐らく決定は6月末になると予想される。
  • 幹事(作業班の班長)
    第一自治会から2人、ガーデンコート自治会から2人、育成委員から1人を出す。
    自治会を解散した「しらかし自治会」からは幹事を出さない。
  • 副班長及び班員
    平成27年度の名簿に準じて各自治会、育成委員会、民生委員、及びPTAから出す。
  • 育成委員会からの人選
    平成28年5月15日の育成委員会の総会において、南中学の教頭先生から育成委員会の会長に再選又は新たな人選をお願する。
  • PTAからの人選
    南中学の教頭先生から南中学のPTA会長に再任をお願して戴く。
  • 民生委員からの人選
    各自治会で再任の確認をとる。
  • サポーターの再任又は新任
    各自治会の会長が再任の確認をとる。
    27年度の委員長がサポーターとして残り、主として広報の任に当たる。

新あすみが丘エクスプローラ―から(1)ハイキングサークル

新あすみが丘エクスプローラーの管理者・長谷部さんが亡くなったので、このホームページの記載のうち、第一自治会にとってとくに重要なものを4件選んで、自治会ブログに転載し、故人の遺志を遺しておきたいと思います。

1件目は、プラザのハイキングサークルです。あすみが丘第一自治会は、名前のように東急あすみが丘開発地で最初に出来た自治会です。このサークルも先輩格の第一自治会の人たちが中心になり、他の地域の人も含めて、親睦を含めたいサークルです。
参加者の約7割が第一自治会、3割が他の地域の人たちでした。参加したのは、現在80歳以上の方が中心です。思い出を書き残します。

以下、平成25年に書かれた活動記録を「新あすみが丘エクスプローラーから転載しました。

このハイキング・サークルは平成16年2月に偶々、あすみが丘第一自治会のある委員会でお近づき頂いたTKさんと話しているうちに、お互いに日頃健康増進のためにウォーキングをしているということで意気投合しました。 二人とも自治会の「加齢者のサロン」に参加するにはいささか抵抗を感ずる年頃でありますが、なんとなく仲間が欲しいと思っていたので、少人数でも良いから歩くサークルを作ろうと言うことになりました。 以来、このハイキング同好会の活動は約10年近く細々と続いています。

以下はそのハイキング・サークルの過去の記録です。

興味のある方は 同好会幹事 にメール下さい。
回数 催行日時 内容
第16回 平成25年04月20日 圏央道開通記念ウォーキング・ラリー
第15回 平成22年01月25日 本埜村白鳥見学ハイキング
第14回 平成21年05月25日 土気近辺のハイキング
第13回 平成21年1月20日 江月水仙ロード・ハイキング
第12回 平成20年11月25日 笠森観音尾根ハイキング
第11回 平成19年5月22日 太東崎ハイキング
第10回 平成19年4月01日 鎌取・四季の道ハイキング
第9回 平成19年2月15日 小中池コース下見の試歩会
第8回 平成19年01月24日 房総・富山ハイキング
第8回 平成18年11月29日 大福山・梅ヶ瀬渓谷ハイキング
第7回 平成18年07月31日 霧が峰車山~八島ヶ原湿原ハイキング
第6回 平成18年3月6日と3月7日 信州美ケ原スノーシューイング
第5回 平成17年11月20日 清澄山あじさいの道ハイキング
第4回 平成17年10月20日 西沢渓谷ハイキング
第3回 平成16年11月28日 東大千葉演習林ハイキング
第2回 平成16年05月23日 鴨川大山千枚田ハイキング
第1回 平成16年02月07日 花嫁街道ハイキング

「あすみ見守り隊」第1班

1746107m令和4年1月9日(日)天候 晴のち曇り 気温13°C
参加隊員:男性2名 1名所用で欠席  計2名 A班担当
訪問件数:有効訪問4件 不在 1件(不在者管理カード投函)計5件
訪問時間:10:00~11:00

年明け初めての見守り活動であった。快晴、微風で、1/6の雪がうそのように
暖かさを感じる気候で、皆さん笑顔で、お元気に玄関先に出てこられ、新年のご挨拶をかわしました。日陰には雪の名残がまだ残っておりました。皆さんよいお正月を迎えられたようで、安堵しました。今年もよろしくとお声掛けし、引き続き、コロナオミクロン株の感染にはご注意いただくよう喚起致しました。

福祉委員長 H