イオン船橋店へ行ってみました(焼酎引き換えのため)

日前、「【重要】イオンリテール『ドドンと~』」というタイトルのメールが届いた。
メールの受信箱には遡って、同じタイトルもある。
読んでみると、「※本メールは『ドドンと25,000人さまに当たる!~』」の出だしで、「あっそういえば割引クーポン応募したんだっけ」と思いだしたのである。
イオン限定での引き換え(割引き)が条件になっていて、

「イオンは遠い、イオンは不便」(すみません。家族で旅行している時などは良く寄っています。)と思っていたのだが
やっと、近くのダイエーがイオンに引き継がれ、「これで便利になった。」と胸をなでおろし、「クーポンが当たったらこの近所の新しいとこで引き換えればいい」と思い応募したのである。

そして、早速引き換えに行こうと思い、一応対象店を確認する。
すると、あろうことか、応募の時点で考えていたイオンは対象外、引き換えの対象店に入っていなかったのである。
一番近くて品川シーサイド…期限は9日、明日いっぱいである。

そして、今日船橋へ来るので、見ると対象店に該当していたので、初めて船橋店へ行くことにしました。

船橋店と言っても駅では「新船橋」です。
調べたナビに従って「青少年センター前」の信号を北上。
イオンのデカい案内板のようなものがあるかと思ったが、自力である。
しばらく進んで左斜め前方に進むのだけど「行田」とあるだけで自信がない。
しかし、多数の自家用車が折れていくので、確信に変わり付いていく。
すると、目の前に屋上に赤いイオンを認め感動してしまった。
(写真①屋上に赤いイオンの看板がある建物です。かなりわかりづらいのですが、さらに近くで撮ろうとしたら、角度が変わってしまい屋上が死角になってしまった)

地図では「新船橋駅」の目の前あたりに入り口があるように思えたのだが、すぐのところに駐輪場があり、売り場にもすぐで便利である。
(写真②大抵1・2時間が無料の相場なので、5時間無料とは太っ腹である)

ion hunabashi

早速店内に入る。
バーコードを「ハッピーゲート」に認識させるのだが、「ハッピーゲート」と言うものがどのような物かわからないので、案内所へ行って尋ねると、
「そこにある機械がそうですよ」と言って案内してくれる。
ロッピーのようなものをイメージしていただけに、いち早く尋ねて正解であった。
(写真③かなり小さなレジより小さなもので「ハッピーゲート?」ってネーミングは)

印刷してきたバーコードをかざすが、読み取り面が小さく反応しない。
受け取ったメールの中に「数字を直接打ち込んでもできる」と書いてあったことを思い出し、数字を入力するとクーポン券が出てきた。

早速、僕には珍しくすぐにお目当てのコーナーを探し当て焼酎コーナーに行くが、お目当ての物がない。
「クーポンのせいで売り切れか?(まさか)」と思いつつ、新しくレジを開こうとしていたお姉さんに「この商品が見当たらない」旨を伝えると一緒に探してくれたが、ない。
すると別のお姉さんに聞きに行ってくれて、その新しいお姉さんが「お酒は別の場所でも扱っていますからこちらへどうぞ」と案内してくれた。

そういえば旅行先で寄っているイオンでも広いお酒コーナで買っている…

お酒コーナーのお姉さんがとってきてくれて無事?入手。200円割引してくれた。(写真④右が今日のです。真登場と印刷してあるからわかるか)

原材料等、裏面の記述は同じだけどパッケージの印象は美味しそうだ。(何の話だ)

--------------------------------------------

新船橋の物件は地元「アイギス」へお任せ下さい
http://www.athome.co.jp/ahch/aigiss.html

--------------------------------------------

ポンタカード作ってみました

回の件もあり、今朝、ポンタカードを作りました。
この手のポイントカードは、僕がいつ、どこで何を買ったかが、すべて記録されるビックデータの元なので、今まで敬遠していたのですが。
そして、今日からまた、船橋へ日曜日ごとに来ることになりました。
土曜日は電車も混んでいて、久しぶりの日曜の電車だったのですが、行きも帰りも意外に結構混んでいて、「あれっ?」という感じでした。

そういうわけで、地元ではなく以前寄った、船橋のローソンでのことです。

前回の愛想のないお姉さんではなく、マスターと思しき方がおられ(なぜか急に丁寧語)、菓子パンを購入した折に、
「ポンタカード作りたいのですが」
と言ったところ
「はい、はい、こちらですね。新しくチャージもできるようになりました。」
と言いカウンターの前にある棚に設えてあったカードを取ってきた。
申込み書にカードが挟まっていて記入するもんだとばかり思っていたのだが、しっかりと包装されている。
しかも、もっとペラペラのプラスチックかと思っていたが、しっかりした、クレカのようである。

Pontacard

「今日の分からたまります」ということで、袋の裏にあるバーコードを「ピッ」
「登録はそこにあるロッピーで時間のある時にやってください。解らないことがあったら遠慮なく」
と、とにかくやたらに親切なのである。

今じゃなくてもいいのか、と思いつつ「インターネットではできないのですか?」と聞いたところ、「できない」とのことなので、別の機会にすると億劫になってしまうかもしれないので早速loppiへ。

幾つかのボタンがある。「各種支払でもないし」と該当しそうなものを探すと右下に小さくPontaカード関連ボタンがあった。

そして、カードリーダーでスキャンするように指示が出る。

リーダーがわからず、ICカード読み取りのところに置こうとしていたら、先ほどの方が急いでやってきて、
「こちらに通してください」と、カードを下へ向けてスキャン操作してくれた。

そして個人情報の入力である。
生年月日を入力する。わからないので、とりあえず西暦で入力すると自動で月に進む。西暦で良かったのである。
そして、よくできているのが月が一桁だと自動で判断し次の「日」へ移動してくれるのである。

名前の入力!手こずりました。
まず、入力がひらがなの50音順なのである。
一文字ずつ探して入力する。下のカタカナ欄に自動で入っていく。
入力が終わりよく見ると、漢字で入力し、姓と名の間にスペースを開けろとある。

ひらがなで入力した欄の右に「全部消す」があったのでこれを押し、入力し直し。
すると、下のカタカナ欄に追加で入力されてしまっているので、カタカナ欄も全部消す。

スペースキーがないので変換ができない、と思ったら「漢字変換」というボタンがある。
スペースも「一字あける」
これには最後まで慣れることができなかった。

しかも、「一字もどる」も発見したので何とか氏名をクリアー。

この後は(記憶があいまいなので順不同)、「電話番号」「郵便番号」「住所(郵便番号から町名まで入力されてるパターンのやつ)」「職業」「性別」「既婚・未婚」などを入力する。

近くに来てくれて、「できましたか。ポイントは2・3日後に反映されますのでお待ちください。」と言われ、店を後にしたのである。

スヌーピーのお皿もらってきました!

月のことである。
何気なく立ち寄ったローソンでパンを購入したら、スヌーピーのシールが貼ってあった。見ると9月25日締め切りだから約一月余りでは無いか。

特にスヌーピーのお皿がどーしても欲しい訳じゃないが、どうせ消費するのであれば何か景品がある方が魅力である。(この時点でキャンペーンの主催者の思う壺である)

以前もこのようなキャンペーンを行っていたときは10枚一口で応募した記憶がある。(ハズレたけど)

今回は、締め切りまでに一日あたり一個買えば達成できる計算なので、正面突破をすることにした。

sunoopy sara
週に2度、3~4個購入し、達成。

後半わかったのだが、食パンにも付いていたので助かった。しかもこの食パンがコンビニとしては価格が安いのに、「トランス脂肪酸フリー」とか書いてあってプレミアム感もある。
危なかったのが一昨日である。

朝、渋谷のローソンに立ち寄り、「これでゴールイン?」と思って、いざ、食べるときにシールを剥がそうとしたところシールが無く、単にヤマザキの「秋の~」キャンペーンが印刷してあるものだったのである。
「キャンペーン期間終了間際だから、もう、スヌーピーのシール手に入らないかも」
と焦ってしまったが、別のローソンでシール付きのを発見し無事ゴールしたのです。

そして、これも悩んだのだが、ローソン来店ポイント「ポンタカード」で5点の補助がもらえるのである。次回の為に作るのも悪くないと思っている。
(各コンビニの顧客取り込みにまんまとはまってますね!)

ひかりTVのチューナー購入!しかし・・・①

年前に地元の量販店で光回線に乗り換える際、勧められるまま「違約金の2万円」を受け取る形で加入した「ひかりTV」。(フレッツ光①~⑩、ひかりTV①~②参照)

普段は余り見ないのだけど、ちょっと前にもスペースシャワーで「Suchimos」の野音ライブを生で放送したりと、たま~にいいコンテンツがあるので、そのままになっている。

そして、このまま、継続する、コストを抑えるため、レンタルのチューナを購入してしまうことに。

そう思いお盆の時期にヤフオクを見たところ、シングルチューナーがかなり安く出ている。

だが待てよ・・・。チューナーって交換するとHDDのコンテンツ見られなくなるのでは。
と思い、調べて見ると案の定である。

そして、同じモデルだと引き継げられるらしい・・・

うちのはトリプルチューナータイプ(ここまで高機能は不要だけど)だから同じもので探すと、程度の良いものが見つかり、送料込みで1万2千円弱で手に入ったのである。

レンタルでは月540円だから2年で元が取れる計算だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
到着したのを見るとまるきり同じである。(うちのはAM900だとばかり思っていた)しかも綺麗(^▽^)/
今まで使用していたものをWebで操作し、登録を抹消する。
そして、購入したチューナーに付け替え、登録を行う。
ひかりテレビ登録番号「b×××…」その他、ひかりTVに関連している番号を用意し設定に臨む。

と思ったところ、画面には「CAF」で始まる番号を催促しているのである。
「何これ???」
そして、この番号はNTTからの「開通のお知らせ」に載ってるのである。

なぜ、ひかりTVのチューナー登録に根っこの開通のお知らせが関係しているのだ?と思ったのは僕だけではないと思う。

リモコンの設定である。リモコンは余り使っていないし、テレビの設定もしてあるからそのまま引き継ぐことにした。
新規ペアリングである。

チューナー裏面の「ペアリング」ボタンを押す。すると電源ボタン右横のランプが点滅するので、「ホーム」と「d」を同時に押す。

ここで大切なのは電源ボタン右横の光が点滅している間、ず~と押し続けることであった。
そして、HDDを認識させることにしたが、大問題発生。
続く・・・

虎ノ門で無料駐輪場発見!

橋界隈に出没するようになってから、早いもので、もう1年経ってしまった。

今日は、虎ノ門の「9番」出口方面(ドラッグストアとか、牛丼屋、携帯ショップのある辺り)へ用事があったのですが、渋谷方面だったので、駅構内をぐるっと廻らなくてはならない。
それも行き方も分からないし面倒だったので、一度地上に出て信号を渡ればいいや、とホームすぐ脇の改札を抜け「1番」出口から出てみたのです。

とにかく虎ノ門から新橋までのこの通りは、靴屋と洋服屋、飲食店、そして何よりも銀行、金融機関の多いことか。

同系列のメガバンクが目が届く範囲に点在している。(虎ノ門駅近くの三井は新橋店と合併するそうですが。)
この通りは、これまで何度も(3桁にはいっていないけど)新橋から虎の門へ向かって通っていたんだけど、これまで全く気がつかず、今日なんとなくゆっくり歩いていてふと、「あれ?自転車置き場?」と思って確認したのがこちら。(写真左上①)

toranojidensha
平成26年に開設し利用は無料とある。素晴らしい(写真右上②)

見てみると、区で運営している「シェア(レンタル)サイクル」置き場のあいたところを開放しているようだ。

そして、ど真ん中を、しかも結構なスペースを喫煙コーナーとして陣取っている。自転車置き場と言うよりもはや喫煙所である。(写真左下③)

シェアサイクルを置くスペース以外は無料だけに、しっかりとしたスタンドは無く、適当な平置きとなっているので、置く人たちのマナーによってはぐちゃぐちゃになってしまうかもしれない。
そして多くの自転車に例の警告がくっついている。(写真右下④)
「無料で自由なのでは?」と思いつつ、一台のをじっくり読んでみたところ、長期の放置車両の調査用に貼ったとのこと。納得。

この後、信号を渡って、目的地へ無事着きました。

新橋の物件のご用命は「アイギス」へお任せ下さい
http://www.athome.co.jp/ahch/aigiss.html

ビール飲み比べ(1)発泡酒①

盆の真っただ中である。

前回・前々回のヘッダに広告をあげましたが、今年は、うちの社もお盆休みを作りました。

求人票に、「土日祝日・年末年始、年間休日125日」と書いて採用した手前
今年は土曜日と祝日が重なって2日ほど足らないのです。

そこで14月と15火もお休み。

世間並の会社になったかな。
お盆休みの記事は、のんびりしたものにしたい。
と思っていたところ、先週末あたりから、「なかなか届かないなぁ~」と思っていた

「絶対貰える淡麗キャンペーン」の一部が届き始め、一昨日最後の「グリーンラベル」(写真上)が届いたのでご報告。
(写真左下淡麗、右下プラチナの商品)

kirintanrei
味(何度も念を押しますが個人の感想です)

この3種の中では「淡麗」が一番です。
「グリーン」は軽くなり

「プラチナダブル」に至っては
「ラムネ?サイダー?炭酸水?」と思ってしまった。
これは発泡酒として売っていいのだろうか?
麦芽はおろか、麦の風味が一切ない。
第3系よりひどい。

「プラチナダブル」をなぜ買ってしまったかって?

普段「淡麗」を頂いているので、「淡麗」と「グリーンラベル」のパッケージを切り取って貼り付けていたのですが、
日が経つにつれ葉書の数が増え
「同じものばかり貰ってもしょうがないな」と考えなおし、
今回初めて「プラチナダブル」を「応募用紙」欲しさに買ってみたのです。

しかし、後日判明したのですが、キリンの特設サイトに行けば、それぞれの応募用紙をプリントアウトできたのですね。

西船からの自転車通勤?

■■お客様へ■■======================■■お知らせ■■

アイギスホームでは2017年8月11日(金)~2017年8月15日(火)の間
夏季休業を頂きます。

お客様には、ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い致します。<(_ _)>

■■■■■■■■=========================■■ ■■

日は西船からプチ自転車通勤です。
なぜプチかと言うと、自宅から西船橋までは電車で来たからです。

昨日に引き続き2日連続で船橋へ来る事になり、先日の事(京成「西船」初上陸!参照)もあったので、昨日「明日もここに来るから試しに西船橋まで自転車で行って見よう」と強く決心したのである。

昨日は、Dソーに寄って買い物してから西船へ行ったので、船橋本町のスクランブル交差点から(264で)西船橋方面へ向かった。
この道は、ほとんど初めて通るようなものである。

しばらく進むと跨線橋の形で立体の橋に差し掛かる。(写真上)
下道の行く手を見たものの、先に行けそうにない。

nisihunapuchi

自転車禁止の標識も無いようだが…、などとポストの前で思っていると、交通が切れた頃合いで、一台の自転車が上って行った。
勿論、僕もこれにならい進み、橋を超えると14号線との交差点へ出た。
法務局から下ったところだ。

そして今日、西船でから”プチ自転車通勤”となったのである。
夜のうちに雨が降ったようでサドルが湿っている。

ルートは昨日とは違い、ほぼ平坦な道であった。

事務所へ程近くまで来たところで、以前、何度か買い物をした目印の「Lソン」が無くなっていて、ちょっと道に迷った感じになってしまった。
元の場所の斜め前に少し大きくなった同店があったので、買い物を済ませたのである。(写真下)
帰りはJR船橋からおとなしく帰りました。
(浴衣の人でいっぱいだった。花火大会かな?)
ここからは今回の感想。

僕が詰めている事務所は船橋駅から徒歩約15分である。
そして、西船橋から自転車だとやはり約15分弱。

西船橋での乗換やJRの3分を総合するとかなりの時間節約になる。

そしてなんといっても座っていられる。(必ず座れる)し待ち時間のタイムラグがない!

置き場所の確保がネックですね。

--------------------------------------------

西船橋の物件は「アイギス」へお任せ下さい
http://www.athome.co.jp/ahch/aigiss.html

--------------------------------------------

船橋のお祭り2017(なのに普通にお買い物)

■■お客様へ■■===================■■お知らせ■■

アイギスホームでは2017年8月11日(金)~2017年8月15日(火)の間夏季休業を頂きます。

お客様には、ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い致します。<(_ _)>

■■■■■■■■======================■■ ■■
曜日ごとに船橋へ来ていた僕が、土曜日に来ることになって、ちょうど1月。
日曜日の船橋生活を1年以上続けていたので、未だに土曜日なのに、朝から日曜日と錯覚したまま過ごしている。
日曜と比べると、電車が混んでいたり、町の雰囲気が「わさわさ」しているので、「今日は土曜日だ」と気付く。

出勤すると、鍵が開いていて、電気・冷房がついている。平日よりはるかに少ないが、すでに数人の社員が出勤済みで「あ、今日は土曜日だ」と思い直す。

そして、出勤するとメールをチェックするために、日曜はyahooのTOPを開くと、某情報番組のスポーツコーナーでの、張さんのコメントが話題になっていることが多いので、「今日は話題になってないな」と思った瞬間「あ、今日は土曜日だった」とまたまた、認識を新たにするのです。

H会長も朝から(泊まり込みで)いたので、コーヒーを入れ「この時期だからアイスコーヒーのほうがいいかな」と言うと、ホットも二日酔いにはちょうど良いと返事があった。
しかし、ストックが心細くなったので、前行った京成の駅ビルへ買いに出かけた。

hunabasi2017fest

通りに出ると、船橋祭りで交通規制が激しくちょこっと後悔。
昨年も確か話題にした内容だ。もう1年たつのである。

264号線は通行止め(自転車も入れない)で、駅方向への直進のみだ(写真上)。
もっとも、僕は駅方向へ用事があったので大きな影響はない。
駅ビルに入る。
目当てのショップへ行くと、ちょうど「アイスコーヒー(写真下:水色)」の試飲をやっていた。
一杯もらう。

アイスとして必要十分。
そして、半額なので、甘みもあるという、マイルドアイス(写真下:こげ茶・イメージとしては苦そうだが…)も購入した。
これは、本当に名前にウソ偽りは無く、マイルドで、アイスとしては、?である。
そして毎回?おなじみの「抽選補助券」ももらった。あと3枚必要だ。

折角出てきたから、事務所に飾るA4大の額縁を探しにDソーへ。
A4用はあるのだが、賞状用のが見当たらない。

そこで、ドンキへ探しに行った。

ドンキの前に、指導員のお兄さんがいて、自転車を置こうとしたら、
「あ~。ここは止められないんですよ」
と言うので、
「どこか置くところは無いんですか?」
と尋ねてみると、
「この裏にあるけど、ちょっと遠いんだよね」
と言って、その後、なぜか相好を崩し、裏技を教えてくれた。
(この裏技は、こんなブログで大胆に公開すると、大変な問題になるので、この後の展開で想像してください。)

ドンキの中も散策したが、ジグソーパズル用のフレームで、賞状用のは見当たらない。(そもそも事務用品・文具類が乏しい)

店から出てすぐ、止めてあった自転車にまたがって事務所へと戻る。本当に大胆な裏技だった。

 
終業時間が終わり、外へ出ると雨。

持って歩いている折り畳みを差し、駅へ急ぐ。
とにかく今日は隅田川の花火なので、混まないうちに帰らなければと考えていたのである。

昼間の賑わいは、時間で終了したのか、雨のためかわからないけど、幻のように消えていて、駅へ急ぐ人で混みあっていた。

--------------------------------------------

船橋の物件は「アイギス」へお任せ下さい。
http://www.athome.co.jp/ahch/aigiss.html

--------------------------------------------

京成「西船」初上陸!

日はH会長も来ることになっていたので、船橋へ。
すると、H会長は来れなくなってしまったので、「何をしに来たのか」と思ったのだが、頼まれていた書類を手に入れるべく、宅建協会へ行ったりして過ごしていた。

そして、13:30出発の総武線で帰ろうと駅へ急いだところ、ちょうど中野行きが出発するところだったので、ゴールスプリント状態で駆け込んだ。

通常ここで「プシュー」とドアが閉まるはずだが閉まらない。

「あれ、意外と余裕だったんだな」と思ったところ背後音に「ピピピ・・・」と言う電子音入りの車内放送が入り、「ただいま向かいの2番線で人身事故がありましたのでそのまましばらくお待ち下さい」というのである。
向かいの電車は今到着したばかりだ。
見ると確かに先頭位置がおかしい。僕がいる車両が真ん中辺なんだけど、真正面が先頭車両なのである。
何度か目のアナウンスで「お急ぎの方は振り替えを・・・」と言うのでJRはあきらめ改札へ行って見た。

係りのお姉さんに「西船橋まで行きたいのですが。」と言うと
「京成で行ってください。京成の西船から歩いていけますよ」と言うので、
「このキップ(例によって回数券を使用している)を見せればいいのですか」と言うとそれでいいとの事であった。

さっき通ってきた道を戻り、京成船橋で係員に切符を見せてホームへ上がる

ここから乗るのは2回目である。
そこで、この路線は行先なんかもばらばらだったことを思い出し、表示で確認すると、西船は各駅じゃないと止まらないことがわかった。

数分待つとちょうど各駅が来た。
ホームの後のほうで待っていたんだけど最後尾車両は通過してしまい、同じところで待っていた乗客からも、どよめきが起こった。

乗り込む。振り替えの影響なのか、混んでいる。
JRと違って2駅目が西船橋だ。
「次はにしふな~にしふな~」
西船橋の駅を堂々と省略して「にしふな」なんてアナウンス入れるのさすが地元の鉄道会社。かっこいいー
と思いつつホームに下りると、「西船」と表示がある。

駅がイメージより小規模だったことも有り、「あれ、西船橋と西船って、もしかして違うのかも」と思ってしまった。
つまり僕は船橋と京成船橋のように、京成の西船橋と言う駅があると思っていたのです。

振り替えなので、ほとんどの人が窓口を通過する。
向うから入場する人たちがこちらが通過するのを待ってくれている。

keiseinisihuna

出てみると、本当に西船橋なのか、という光景です。
で、これをネタにすればいいんだ。という、ブログポイントだった訳です。
西船橋といえば都心部の駅として知名度は高い都会派であるはずが…

東西線の西船橋までどうやって行くのかわからなかったけど、とりあえずみんなについていけばいいと考えた。
線路わきの細い路地を通っていく。(ここの写真を撮るべきであった。)
向かいからは、一団がこちらにやってくる。
船橋へ行く人たちだ。

広い通りに出ると駅前通りであった。
途中ツッコミどころのある1000円カットの看板が目に止まり、今回の内容が薄くなった時の保険でカメラに収めたが、思ったより長文になったのでパス。

東西線のホームに行くと、船橋では間もなく運転再開する所のようであった。

日本橋で乗り換え渋谷へ近づくと大雨が降っていた。弱り目に祟り目とはこのことである。

半蔵門線九段下駅のねずみ!TooHot!

日は日曜日でもないのに朝から船橋へ。
何事もなく過ぎていくところだったのですが、文京GDのM教授が訪問して下さったので、S代表夫妻とH会長、O社代表Tさんで、船橋市内の「回転しない」お寿司屋さんへ。
カニや、数の子、トロなんかが載ったお造りや江戸前のあなご、メロンがついている、いわゆるコースを頂きました。

恒例の男気じゃんけんはH会長に持って行かれてしまった。

ここまでは、写真も撮らなかったのでブログにする予定はありません。

そして、下の写真にある、「それから」という麦焼酎(これはM教授が、芋と麦どっちがいいか、という問いに「麦」と答えたからです。)の減っている2/5のうちの3/5くらい、つまり180ml程度を僕が飲んでしまったので、その前のビールと合わせ、結構な酒量となったのである。

そして、いつもと同じように「南砂町」を過ぎたあたりで気を失ってしまい、「神楽坂」へ乗り過ごしてしまったのである。
しかし、たった2駅である。

kudansitanonezumi

九段下へとって帰り、ホームでぼんやりと待っていると、左の方から動く物体。

「すずめ?」と思ったのだが、よく見ると「ねずみ」である。

これは、ブログへの格好のネタである。

カメラを構える間もなく、側溝のふたの中に消えてしまった。

そして、再び右方向へと出てきた。
これはチャンスとカメラを構える隙に、また左の側溝へ入ってしまった。

しかし、動きのパターンからまた出てくる(このあたりは長年釣りで培った経験です)と読んでカメラを向けていると、出てきたのが写真上のものです。

光量不足だし手振れ、そして広角で撮った物であり、やむなくトリミングしたりして、わかりにくいと思いますが、赤丸の物体がそうです。

どうやって餌を取っているのか気になりますが、都会で力強く生きているんですね。

もう寝ます。