志賀 直哉

 世界では、ポルトガルやメキシコで、革命が
起きます。
 日本では、大逆事件が起き、韓国を併合
します。
 同じ1910年 、『白樺』 が創刊されます。
 第一次世界大戦の惨禍が拡大し、反日運動も
広がる中、国内では米騒動や普選運動が
燃え上がります。
 そのような社会状況に、『白樺』 は、戦争や
死刑制度への疑問を訴え続けます。
 武者小路実篤は、『又戦争か』
『八百人の死刑』・・・を発表。
 長與善郎が 『誰でも知ってゐる』 を発表
すると、 『白樺』 は発売禁止に。
 志賀直哉も、『挿話』 『断片』 『十一月三日
午後の事』 『或る男 其姉の死』 を、次々と
発表します。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  『断片』から  志賀直哉 著 1919年
 どうしてかう心が沈むのだらう。張りも
はずみもない・・・尤も昨日活動写真を見て
ゐて、第三師団兵の出征の実写で涙が
出て来た。一人々々の不安な恐怖が思ひ
浮んだからだ。此中にはもう死んだ人間も
沢山あるのだ、さう思ふと、それが現在
目の前で動いて居るだけ妙に感じが
強かつた。
 死刑を一番重い刑罰としながら、戦争での
死を名誉の戦死といふ。義勇兵だけを
出すならいいが、今の制度で、行きたくない
人間を強制的に徴収し、そして死んだ時、
家人に名誉と思へといふ。それが人間に
出来る位なら、死刑は一番怖ろしい刑罰には
なり得ない。
  『志賀直哉全集 第三巻』 岩波書店
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  志賀直哉 1971年10月21日逝去 
         享年 88
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 写真 『日本の文学 第21巻 第22巻 』
     中央公論社
 詳しくは、
『月刊 学びあう輪 1910年代と白樺派』
を、お読み下さい。
   
      


    starblue 前回の問題 解答 starblue
 カワウソタケは、サクラの木に発生します。
     starpink 今日の問題 starpink
 「晩秋には珍しく南風が吹いて、妙に頭は重く、
肌はじめじめと気持ちの悪い日だった。」を、
書き出しとする志賀直哉の作品は、何でしょう。
      開 進 学 園  ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です