『十七条憲法』の謎

 今から1413年前の卯月三日(今年は
4月28日)、『十七条憲法』が制定され
たとされています。

 この『十七条憲法』には、いくつもの
疑問点があります。
 1 なぜ『日本書紀』だけに記載され
  てあるのか
 2 なぜ『古事記』には記載されてい
  ないのか
 3 原本はあるのか
 4 『十七条憲法』に基づく、法や
  規則は制定されたか
 5 仏教的訓辞なのか
 6 倫理的訓辞なのか
 7 官吏に対する服務規定なのか
 8 「憲法=国家の基本法」と言えるか
 9 実際の政治の中で、どのような役
  割を果たしたか
 10 当時の人々に周知されていたか
 11 聖徳太子が本当に作ったのか
 12 聖徳太子なる人物は実在したか
 13 『十七条憲法』は、七世紀初頭
  に存在したか
 14 『日本書紀』を作成する過程で、
  後世の誰かが創作したのではないか

jyuuchichijyou kennpou

 

 

 

 

 

 

      前回の問題 解答
 前回の紙を折り重ね続ける計算実験で、
10mを超えるのは第17回です。

 

        今日の問題 
 『十七条憲法』第十条では、何が渦巻い
ているとされているでしょう。

 

 夢を実現する学習塾   開 進 学 園
         ホームページ

 
 

紙を折り重ねて 大空へ 宇宙へ 計算実験

 紙を折り重ねていくと厚さはどうなる
か、計算して確かめてもらいました。
 題して『折りも 積もれば』。

 厚さが0.1mmで、限りなく面積が広い紙
を想定します。
 この紙を折り重ね続けると、厚さはどう
なるでしょう。

  第1回 0.1 × 2 = 0.2
  第2回 0.2 × 2 = 0.4
  第3回 0.4 × 2 = 0.8

 計算機は使いません。
 単調な掛け算の繰り返しです。
 それでも、塾生達は黙々と計算し続けます。

  第10回 51.2 × 2 = 102.4
 紙の厚さは、10cmを超えました。

  第14回 819.2 × 2 = 1638.4
 紙の厚さは、1mを超えました。

  第20回 52428.8 × 2 = 104857.6
 紙の厚さは、100mを超えました。

  第27回 6710886.4 × 2 = 13421772.8
 紙の厚さは、サガルマータ(チョモランマ・
エベレスト)の山頂をはるかに越えました。

  第33回 429496729.6×2=858993459.6 
 紙の厚さは、大気圏を抜け、宇宙空間へ達
していました。

 当初の企画は、人間の身長を超えられる
ことの確認でした。
 ところが、塾生達は配布した第15回までの
記入用紙に満足せず、追加の白紙に計算結
果を書き足していきます。

 中には第127回まで計算した塾生も。
 「天文学的」という形容を超越した数字です。 
  
kami orikasane keisan

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      前回の問題 解答
 チェルノブイリ原子力発電所の爆発事
故によって放射能に汚染したのは、全世
界で47億人以上と推定されています。

 

        今日の問題 
 上記の紙を折り重ね続ける計算実験で、
10mを超えるのは第何回でしょう。

 

 夢を実現する学習塾   開 進 学 園
         ホームページ

 
 

チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故

 31年前の4月26日、チェルノブイリ原
子力発電所(ウクライナ)が、大爆発を起
こしました。
 撒き散らかされた放射性物質は、隣接
するウクライナ・ベラルーシ・ロシアのみ
ならず、ヨーロッパ・アジア・アフリカ・
アメリカ・・と、全世界を覆いました。
 日本では、放射性セシウムの濃度が、
事故前に比べ、1000倍も急上昇してい
ます。

 チェルノブイリ原子力発電所から110
km離れたルギヌイ(ウクライナ)では、
死亡率が50%増加し、平均余命が10歳
も低下。
 全世界の死亡者合計は、約9000人とも、
約100万人とも、推定されています。

cyerunobuiri higai zenbou
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      前回の問題 解答
 一円玉一枚の重さは、1gです。

 

        今日の問題 
 チェルノブイリ原子力発電所の爆発事
故による放射能汚染の被害者は、全世界
で何人と推定されているでしょう。

 

 夢を実現する学習塾   開 進 学 園
         ホームページ

 

一円玉の落とし物と一円電車

 小学一年生のとき、学校からの帰り道
に、光る物が落ちていました。
 拾い上げると、一円玉でした。
 遠回りになるけれど、一人で警察署へ
届けに行きました。

 「警察署の中で、名前を書くのかな」
 「拾った場所も書くのかな」
  :
 「なんて言ってほめられるのかな」
  :
  
 ようやく警察署に着き、入り口に立って
いるお巡りさんに話しました。
 「お金を拾いました」
 すると間髪を入れずにお巡りさんは言い
ました。
 「ぼうやにあげるよ」

 一円玉が一枚無かったら、生活が成り立
たない場合もあります。
 明神電車軌道(兵庫県)は、全長6.36kmの
鉱石運搬専用線。
 しかし、他の交通手段が不便なため、地
域住民を1985年まで特別に乗車させていま
した。
 その料金が「一円」だったため、「一円
電車」として親しまれながら。
 「一円玉」は、地域の足となる、重要な
役割を果たしていたのです。
   資料 『一円電車と明延鉱山』
        岡本憲之 著
        神戸新聞総合出版センター 
 
 4月25日は、落とし物の日・拾得物の日
です。
 

ichien jyousyaken

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      前回の問題 解答
 チューリップの和名は、鬱金香です。

 

        今日の問題 
 一円玉一枚の重さは、どれほどでしょう。

 

 夢を実現する学習塾   開 進 学 園
         ホームページ

花の春 開進学園叢書・歌集『香る代に』から

 開進学園叢書・歌集『香る代に』
(二瓶カヨ子 作 千葉日報社)から、
花の春に因んだ短歌を、三首紹介します。

  
   菜の花の盛りなるなりこの朝 
    ふる春雨にゆらけるを見る 

   おのづからひそめる生命を紫の 
    色美はしくすみれ咲き出つ 

   しじまなる朝の一とき恋ひ侘びて
    窓辺によればチューリップの赤き 

 

nanohana
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      前回の問題 解答
 ロヴァニエミを出発した列車は、しば
らくの間ケミ川に沿って進みます。


 

        今日の問題 
 チューリップの和名は何でしょう。

 

 夢を実現する学習塾   開 進 学 園
         ホームページ

サンタクロース・エクスプレス  スカンジナビア半島一周の旅 その16

 ロヴァニエミ(サンタクロース村)と、
ヘルシンキ(フィンランドの首都)を結ぶ
夜行列車は、サンタクロース・エクスプ
レスと呼ばれています。

 列車編成は、先頭から次の通りです。
  20号車 座席車
  21号車 食堂車
  22号車 荷物車(自転車など)
  23~30号車 寝台車
  自動車積載車 2両 

santa yakou eki 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 寝台車は二階建て。
 二階は個室で、洗面所付き。
 目覚まし時計や飲料水も、用意されて
います。
 洗面台を手前に引くと、その奥はシャ
ワー室です。

 ロヴァニエミ発 21時10分
 ヘルシンキ着  09時44分
 830kmの距離を感じさせない、快適な
夜行列車の旅でした。 

santa yakou senmen 

 

 

 

 

 

 

santa yakou syawa- 

 

 

 

 

 

 

      前回の問題 解答
 4月23日は、シェークスピアとセルバ
ンデスの命日にあたります。


 

        今日の問題 
 ロヴァニエミを出発した列車は、しば
らくの間何川に沿って進むでしょう。

 

 夢を実現する学習塾   開 進 学 園
         ホームページ

「世界 本の日」に因んで  表現学習の作品から

 4月23日は、「世界 本の日」です。
 本の作者に敬意を表し、読書の楽しさ
を再発見する目的で、1995年のユネスコ
総会で決まりました。

 世界には、読書の機会に恵まれた地域
もあれば、読書とはまったく無縁な地域
もあります。

 そもそも文字を読めない人々が、たくさん
います。
 ユネスコは、世界で7億5700万人が読み
書きできないでいると、推定しています。

 このような状況をふまえ、あらためて読
書について考え、文章に表現してもらいま
した。

hyougen gakusyu 2017 04 sekai honnnohi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

      前回の問題 解答
  岐阜県は、陶磁器の出荷額において、
全国の約40%を占めています。


 

        今日の問題 
 4月23日は、文豪で誰の命日にあたる
でしょう。

 

 夢を実現する学習塾   開 進 学 園
         ホームページ

機械化と大量生産 東濃・陶磁器紀行 その一

 岐阜県は、陶磁器の生産において全国
第一位を占めています。
 第二位・佐賀県の2.5倍にもなります。
 
 岐阜県内で、陶磁器生産の中心をなす
のは、岐阜県の東部・美濃地方の東部・
東濃です。

 東濃・陶磁器紀行で最初に訪れたのは、
土岐市のA工場。
 ここでは、徹底的な機械化と、多品種
大量生産が、行われています。

 「職人の勘を、IT化する」
 「トンネル焼成(トンネル型の窯の中
を移動する間に、余熱・焼成・冷却を連
続的に行う)」
 等々を、業界で初めて実現しました。
 

daitoua yougyou rain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      前回の問題 解答
 氷河の占める割合は、アイスランドで
約12%、グリーンランドで約81%です。

 

        今日の問題 
 岐阜県は、陶磁器の出荷額において、
全国の何%を占めているでしょう。

 

 夢を実現する学習塾   開 進 学 園
         ホームページ

アイスランドとグリーンランド 変遷する温暖化と寒冷化  四月の学園だより

 アイスランドとグリーンランドを訪れ
た時以来、疑問でした。
 草地に覆われた島が、どうして「ア
イスランド=氷の地」なのか。
 氷河で覆われた島が、どうして「グ
リーンランド=緑の地」なのかと。

 800年代から1000年代にかけて、
北大西洋海域は海流の影響で温暖に
なります。
 ノルマン人(ヴァイキング)は、南方
へ・東方へ・西方へと、移動を続け
ます。

 西方へ進んだ集団は、アイスラン
ドへ到達します。
 そのうちの一人が訪れたとき、た
またま大量の流氷が押し寄せ、強烈
な印象が地名となります。

 アイスランドからさらに西方へ進
んだ集団は、グリーンランドへ到達
します。
 森林こそないものの、牛や羊を飼
うにはもってこいの牧草地が広がっ
ており、さらに移民を募るためにも、
氷河の存在抜きの地名が決められま
した。

 温暖期は、やがて寒冷期に向かい
ます。
 グリーンランドから、「グリーン」が
減り、「アイス」が増していきます。

 イヌイットの人々は、氷河に覆わ
れた環境に対応した生活に切り替え、
寒冷期を乗り越えます。
 ノルマン人(ヴァイキング)の人々
は、旧来の生活を変えず、やせ細っ
た牛や羊とともに、大地に身を寄せ
ていきます。
 

page001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

      前回の問題 解答
  空海が、詩や文章に関してまとめた
作品は、『文鏡秘府論』です。

        今日の問題 
 アイスランドとグリーンランドで、
氷河の占める割合はどれほどでしょう。

 

 夢を実現する学習塾   開 進 学 園
         ホームページ

文は教の源  空海

 空海は、仏教と儒教と道教を比較した
『三教指帰』を初めとして、仏教に関す
る書籍をたくさん記しています。
 また、書家や土木技術者などなど、多
方面でも活躍しています。
 そうした各分野において発した言葉を
まとめたのが、『空海 人生の言葉』
(川辺秀美編訳 ディスカヴァー)です。

  心について
 珠を持てば善念生じ
 剣を把る殺心の器

  縁について
 哀しい哉、哀しい哉、復哀しい哉。
 悲しい哉、悲しい哉、重ねて悲しい哉。

  道について
 遐かなるを渉るには爾きよりす。

  詩と文章について
 然らば即ち一は名の始めと為し、
文は即ち教の源なり。
 名教を以て宗と為せば、
即ち文章は紀綱の要為るなり。
 世間出世、誰か能く此を遺れんや。

 空海 弥生二十一日(4月17日) 永眠
     享年 六十二

kuukai jinseino kotoba
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      前回の問題 解答
  『悲しき玩具』の第一首です。
    呼吸すれば、
    胸の中にて鳴る音あり。
     凩よりもさびしきその音!

        今日の問題 
 空海が、詩や文章に関してまとめた
作品は、何でしょう。

 

 夢を実現する学習塾   開 進 学 園
         ホームページ