kaishin のすべての投稿

kaishin について

夢を実現する学習塾  自立学習・個別指導  開 進 学 園

「バギー車の町・ノーム」 スワード半島・アラスカ その四

 アンカレジから1時間30分ほどの飛行
で、スワード半島の中心・ノームへ到着
します。
 ノーム空港には、食堂や売店どころか、
自動販売機すら置いてありません。
 空港の建物を出ると、バギー車がずら
りと並んで、迎えてくれます。

バギー 空港
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般家庭の前にも、バギー車が何台も
駐車しています。

バギー 家の前
 

 

 

 

 

 

 

 

 数的には自動車の方が多いものの、舗
装された道路が少なく、雪と泥の道路事
情に適しているのは、バギー車なのでし
ょう。         <つづく>

 「マンモスとヒトの渡米」 
   スワード半島・アラスカ その三


 「スワード半島」 
   スワード半島・アラスカ その二


 「プリンス・オブ・ウェールズ岬」 
   スワード半島・アラスカ その一


バギー 道路 走行
 

 

 

 

 

 

 

 

      前回の問題 解答
 水を、一ヶ所に集中せず、異なる場所
に分散して保管する理由は、台所や各部
屋の扉、物置や戸棚の戸が、開かなくな
る可能性があるからです。
 

  
      今日の問題 
 スワード半島の中心・ノームの人口は、
どれくらいでしょう。
  A 約360人
  B 約3600人
  C 約36000人
  D 約360000人
  E 約3600000人
      

 
   夢を実現する学習塾  開 進 学 園
      ホームページ

「防災準備と健康 その2」 1月の健康学習会

 大規模な災害が発生すれば、水道は止
まります。
 給水車が回って来るまでに、約10日間
は覚悟しなければなりません。

 一日あたり、飲用・調理用2L、生活用
1Lの目安で、用意します。

 飲用・調理用には、未開封のペットボ
トルなどを、買い置きします。
 使用済みのペットボトルに水道水を入
れておけば、煮沸して飲用・調理用に利
用できます。

 生活用には、風呂桶をはじめとして、
ありとあらゆる容器に水を溜めておきま
す。
 段ボール箱の中に、ゴミ袋を二重にす
れば、水を溜められます。

 これらを一ヶ所に集中せず、異なる場
所に分散して保管します。
 命を維持するために、水の備蓄は欠か
せません。

 1月の健康学習会は、前回に引き続き、
防災準備と健康について学びます。

    < 1月の健康学習会 >
 日 時  1月20日(月) 10時30分~12時
 場 所  開進学園
 テーマ  防災準備と健康 その2 
 参加費  100円
 連絡先  043-273-6613

 

  < 健康学習会の最近のテーマ >
一月   眼を整える
二月   体を動かし 体を整える
三月   脱力
四月   経絡
五月   手のツボ
六月   足のツボ
七月   食べ物のはたらき
九月   和食と健康
十月   栄養に優れた弁当
十一月  自律神経をコントロールする
十二月  日本古来の養生法

一月   マクロビオティック・食養
二月   健康によい食事の仕方
三月   マクロビオティックにおける
    陰陽の考え方 
四月   グルテンと小麦の人体への影響
五月   小麦を含まない食事
六月   最高の睡眠とエクササイズ
七月   音と健康
九月   音楽療法
十月   味覚障害と嗅覚障害
十一月  大麦・ライ麦・はと麦
十二月  年越しと雑煮

一月  食品添加物 その一
二月  食品添加物 その二
三月  食品添加物 その三
四月  食品添加物 その四
五月  遺伝子組み換え食品 その一
六月  遺伝子組み換え食品 その二
七月  小麦と遺伝子組み換え 第1回
九月  小麦と遺伝子組み換え 第2回
十月  終末糖化産物・AGE その一
十一月 終末糖化産物・AGE その二
十二月 肌の再生力 その一

一月  肌の再生力 その二
二月  心の病はなぜ起こるか 
三月  心の病 その2 不安や鬱があっ
   ても 楽しく生きる
四月  チックの症状
五月  認知行動療法
六月  自分で行う認知行動療法 その1
七月  自分で行う認知行動療法 その2
九月  自分で行う認知行動療法 その3
十月  自分で行う認知行動療法 その4
十一月 自分で行う認知行動療法 その5
十二月 自分で行う認知行動療法 その6

一月  呼吸筋を鍛える その1
二月  呼吸筋を鍛える その2
三月  呼吸筋を鍛える その3
四月  塩と健康    
五月  水と健康 その1
六月  水と健康 その2
七月  コーヒーと健康
十月  お茶と健康
十一月 はちみつの効能
十二月 防災準備と健康 その1

page001
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

      前回の問題 解答
 「覆盆子」とは、イチゴです。
 

  
      今日の問題 
 水を、一ヶ所に集中せず、異なる場所
に分散して保管する理由は、何でしょう。
      

 
   夢を実現する学習塾  開 進 学 園
      ホームページ

いちご狩り

 「イチゴ食べ放題」に誘われて、イチゴ
狩りへ行ってきました。

 大きな温室に入ると、大小様々な品種
のイチゴが歓迎してくれます。
 大きい品種でも数cmです。
 30分あれば温室中のイチゴを食べ尽く
せると意気込んだのもつかの間、食べる
ピッチは急速に落ちていきます。
 食べ始めてまもなく、食べられなくな
りました。
 イチゴが、かくも短時間でお腹を満杯
にするとは、想定外でした。

 イチゴが食べられ放題にはならないと
確信できているからこそ、「イチゴ食べ
放題」が成り立っているのでしょう。

 1月15日は、「いいイチゴの日」です。

イチゴ園 2019 01
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      前回の問題 解答
 能において、声楽は謡・器楽は囃子・
所作は舞に当たります。
 

  
      今日の問題 
 「覆盆子」とは、どんな果物でしょう。
      

 
   夢を実現する学習塾  開 進 学 園
      ホームページ

「地域民衆文化としての能」 1月のわくわく学習会

 室町時代、室町幕府を始めとして戦国
大名はこぞって猿楽師(能楽師)を招聘し
ました。
 同時に、日本各地で、民衆による猿楽
(能)が演じられました。
 山深い集落に、今に残る能面の数々は、
全国的に猿楽(能)が盛んだったことを、
示しています。

 江戸時代になると、江戸や各城下では
猿楽(能)が儀式音楽(式楽)として定着し
た反面、集落ごとの猿楽(能)は廃れてい
きます。
 それでも、戸数35戸の能郷(岐阜県)で
は、現代に至るまで、猿楽(能)が連綿と
演じ続けられてきました。

 1月のわくわく学習会は、武家文化の
流れとは異なる、地域民衆が守り維持し
てきた能について、考えます。
 

  < 1月のわくわく学習会 >
と き  1月25日(土)14時~15時
ところ  開進学園
テーマ  地域民衆文化としての能
参加費  100円
連絡先  電話 043-273-6613(14時から)
メール  wakuwaku@kaishin.jp.net

page001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

      前回の問題 解答
 十日市で売られている縁起物の中で、
十日市の当日にのみ扱われるのは、市
飴です。 
 

  
      今日の問題 
 能において、声楽・器楽・所作に当た
るのは、それぞれ何でしょう。
      

 
   夢を実現する学習塾  開 進 学 園
      ホームページ

十日市 会津の冬の風物詩

 正月十日、会津若松で十日市が開催さ
れます。
 古くは十の日に行われていた定期市の
うち、一年最初の初市だけが存続したも
のです。

 十日市には、田中稲荷神社が市神様を
祀る仮社を、商店街の街路上に建立しま
す。
 街の人々と近郷近在の人々は、市神様
を参拝した後、市神様の沿道に立ち並ん
だ露店で、縁起物や正月用品を買い求め
ます。

 一年間の無病息災・家内安全・商売繁盛
・・・を託す縁起物には、市飴・風車・達磨・
起上がり小坊師などがあります。
 以前はたくさん見られた日用品の露店
は少なくなり、代わって飲食物を扱う露
店が圧倒しています。

 十日市は、会津の冬を代表する風物詩
です。

十日市 2015 01 10
 

 

 

 

 

 
 

      前回の問題 解答
 「嫁ご」という異名で呼ばれている動物
は、ネズミです。
 

  
      今日の問題 
 十日市で売られている縁起物の中で、
十日市の当日にのみ扱われるのは、何
でしょう。
  A 市飴 
  B 風車
  C 達磨
  D 起上がり小坊師
      

 
   夢を実現する学習塾  開 進 学 園
      ホームページ

<「ヌスミ」と「ネズミ」> 嫁が君 その2

 古代インドや古代エジプトで、ネズミ
は、夜のシンボルでした。
 ペストが猛威を奮った中世ヨーロッパ
では、「ネズミ」と「死」が、同義語として
扱われました。
 中国では、食物や衣服を囓るネズミを、
「耗子」と呼んでいました。

 古代日本では、人々がかろうじて手に
入れた食べ物を失敬する、困った存在で
した。
 食べ物を失敬する動物一般を「ヌスミ」
と呼んでいたものが、「ネスミ」へ、さら
に「ネズミ」と、変化したとの説もありま
す。          <つづく>
 

<折り紙ネズミ> 嫁が君 その1 

ネズミ 折り紙
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      前回の問題 解答
 植物の分類上、裸子植物門・イチョウ
綱・イチョウ目には、現在イチョウ科が
ただ一つ属しています。
 

  
      今日の問題 
 「嫁ご」という異名で呼ばれている動物
は、何でしょう。
     

 
   夢を実現する学習塾  開 進 学 園
      ホームページ

「裸子植物の出現」 生きた化石 その二

 イチョウ類が出現するより前の古生代
は、シダ植物の時代でした。
 高さが数十メートルにもなるシダ植物
が、鬱蒼とした大森林を築いていました。
 その名残が石炭層となり、現代社会に
貴重な地下資源を提供しています。
 ただし、精子は水中を泳いで卵子に辿
り着く受精方法のため、生育できる地域
は限られていました。

 そこへ、新しい受精方法を編み出した
植物が出現します。
 イチョウ類をはじめとする、裸子植物
です。

 裸子植物は、体内で精子を泳がす構造
を創り出します。
 精子は、その中を泳いで、卵子へ至り
ます。
 この受精方法により、水辺から遠く離
れた地域まで、生息範囲を拡大します。
            <つづく>

 「イチョウ類の出現」 
    生きた化石 その一
 

イチョウ 敷き詰め
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      前回の問題 解答
 子から始まる十二支は、木星の運行を
基にして、つくられました。
 

  
      今日の問題 
 植物の分類上、裸子植物門・イチョウ
綱・イチョウ目には、科が現在いくつ属
しているでしょう。
     

 
   夢を実現する学習塾  開 進 学 園
      ホームページ

<皮膚を通じて> 「気」と「氣」 その8 健康気功教室

 皮膚は、空気と肉体を隔てているよう
に見えます。
 実は、空気と肉体を隔ててはいません。

 空気は、皮膚を絶えず出入りしていま
す。
 皮膚呼吸をしています。

 皮膚からの空気の出入りを止めると、
一大事です。
 たとえば、仮装で肌の色を黒くしよう
と、コールタールを全身に塗れば、命に
関わります。

 私達は、肉体の内部も外部も、空気の
中に存在しています。
 もちろん、ヒトだけではありません。
 陸上に住む動植物は、皆同様です。

 自分の体内にある空気は、次に別の動植
物の体内へ移動する場合があります。
 アリやイヌの体内へ、移動するかもしれ
ません。
 ウメやエンドウの体内へ移動するかもし
れません。
 それらの逆も、ありえます。<つづく>

    < 健康気功教室 >
と き  毎週木曜日 10時30分~12時
ところ  開進学園  二階 広間
連絡先  電話  043-273-6613
メール kokyu@kaishin.jp.net

<口や消化器官を通じて>
   「気」と「氣」 その7


<鼻を通じて>
   「気」と「氣」 その6

<つながる個体>
   「気」と「氣」 その5


<地の気配>
   「気」と「氣」 その4
 


<大地の変化>
   「気」と「氣」 その3


<天の気との交わり>
   「気」と「氣」 その2

<外国人を悩ます一字>
   「気」と「氣」 その1


kenkou kikou kyoushitsu

<折り紙ネズミ> 嫁が君 その1

 子年に因んだネズミの折り紙を、寄贈
していただきました。
 親ネズミと子ネズミ、合わせて六匹の
家族です。
 長いしっぽをピンと立て、新春を迎え
た慶びにあふれています。

 ネズミは、南極大陸を除き、世界各地
が居住範囲です。
 寒帯から熱帯まで、乾燥地から湿地ま
で、低地から高地まで、大自然から大都
会まで、地中から高層階まで、至る所に
適応しています。

 ネズミは、ヒトと同様に、否ヒトをは
るかに上回る、現地球で最も栄えている
動物かもしれません。   <つづく>

ネズミ 折り紙
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      前回の問題 解答
 ベーリング海峡は、スワード半島とチ
ュクチ半島の間で、約80km離れています。
 

  
      今日の問題 
 子から始まる十二支は、どの惑星の運
行を基にして、つくられたのでしょう。
  A 水星
  B 金星
  C 火星
  D 木星
  E 土星
     

 
   夢を実現する学習塾  開 進 学 園
      ホームページ

「マンモスとヒトの渡米」 スワード半島・アラスカ その三

 北アメリカ大陸の西端・スワード半島
と、ユーラシア大陸の東端・チュクチ半
島の間は、ベーリング海峡です。
 現在、ベーリング海峡を取り囲む海域
は、水深50m~200mの、大陸棚となって
います。

 過去に幾度となく訪れた氷河期に、海
水面は100m以上も低下し、ベーリング
海峡を取り囲む海域は、広大な大地にな
りました。
 北アメリカ大陸とユーラシア大陸を繋
ぐ、「ベーリング亜大陸」です。

 「ベーリング亜大陸」では、北アメリカ
大陸に生息する動植物と、ユーラシア大
陸に生息する動植物が、行き交っていま
した。
 350万年前ごろには、ウマやラクダが、
北アメリカ大陸からユーラシア大陸へ、
渡って行きました。
 14万年前ごろには、マンモスやバイソ
ンが、ユーラシア大陸から北アメリカ大
陸へ、渡って行きました。

 アフリカ大陸を出発し、ユーラシア大
陸を横断してきたヒトも、「ベーリング
亜大陸」を渡って、北アメリカ大陸へ向
かいました。      <つづく>
 

 「スワード半島」 
   スワード半島・アラスカ その二


 「プリンス・オブ・ウェールズ岬」 
   スワード半島・アラスカ その一


ノーム マンモス 牙 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
      前回の問題 解答
 木材の自給率は、2008年の24.4%から
2018年の36.6%へ、増加しています。
 

  
      今日の問題 
 ベーリング海峡は、スワード半島とチ
ュクチ半島の間で、何km離れているでし
ょう。
  A 約8km
  B 約80km
  C 約800km
  D 約8000km
  E 約80000km
     

 
   夢を実現する学習塾  開 進 学 園
      ホームページ