伊能忠敬と四人の妻 その2

 忠敬は、現在の九十九里町に生まれま
した。
 6歳の時に母親が亡くなり、婿だった
父親は兄と姉を伴って実家へ戻り、忠敬
は一人残されます。

 江戸時代は、長子が相続します。
 長子が女性であれば、婿を取って跡を
継ぎます。
 長子が亡くなれば、第二子が代を継ぐ
ので、婿は婚家を出なければなりません。

 4年後、忠敬は坂田城址の麓で寺子屋を
開いた父親のもとへ、引き取られます。

 その後、父親と同じように、忠敬も婿
入りしますが、39歳で妻を亡くします。
 ただし、忠敬は婚家の家業を盛り立て、
名主としても重責を担っていたため、婚
家(伊能家)を出なくて済みました。

 その後、二番目の妻は45歳の時に、三
番目の妻は50歳の時に、次々と亡くなり
ます。
 忠敬の結婚運は、悪かったようにも思
えますが・・・・。

  伊能忠敬と四人の妻 その1

inou tadataka
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
     前回の問題 解答
 宝永の前の大噴火は、864年に起き、
貞観の大噴火と呼ばれます。

      今日の問題 
 忠敬が婿入りした佐原の伊能家の家業
は、何でしょう。

  夢を実現する学習塾  開 進 学 園
      ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です