カテゴリー別アーカイブ: わくわく学習会

〈 イタリア半島とヨーロッパ /イベリア半島とヨーロッパ 〉12月のわくわく学習会

 11月のわくわく学習会のテーマは、「イベリア半島とヨーロッパ」でした。

 ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸の接点となるイベリア半島は、ヨーロッパ大陸からとアフリカ大陸からの双方の影響を受けます。
 その典型となるのは、ヨーロッパ大陸からのキリスト教と、アフリカ大陸からのイスラム教の対立です。

 711年にイスラム教勢力がイベリア半島へ侵入して以降、イスラム教勢力はイベリア半島の支配域を拡大していきます。
 イスラム教勢力がイベリア半島の大半を勢力下に置くと、イベリア半島北部のキリスト教勢力が反撃を始めます。
 「国土回復運動(レコンキスタ)」です。

 キリスト教勢力は、南下しながら支配域を拡大し、1479年にスペイン王国を成立させます。
 イベリア半島南端部に残ったイスラム教勢力の首都・グラナダが陥落した1492年は、スペイン王国の支援を受けたコロンブスがアメリカ大陸の東方に位置する島々に到達した年でもあります。
 
 12月のわくわく学習会は、前回のテーマ・「イベリア半島とヨーロッパ」に続き、イタリア半島とヨーロッパの関係を学びます。

   < 12月のわくわく学習会 >
と き  12月10日(土) 14時00分~15時00分
ところ  開進学園
テーマ  イタリア半島とヨーロッパ
参加費  100円
連絡先  電話 043-273-6613(16時から)

page001

 
 < わくわく学習会 最近のテーマ >
十一月イベリア半島とヨーロッパ   
十月  グレートブリテン島とヨーロッパ  
九月  ロシアの建国 
七月  ロシア帝国 
六月  森の中での自給自足 
五月 『共同幻想論』と国家の探究  第四回 
四月 『共同幻想論』と国家の探究  第三回 
三月 『共同幻想論』と国家の探究  第二回 
二月 『共同幻想論』と国家の探究  第一回 
一月 『資本論』と現代社会 第四回 

十二月 『資本論』と現代社会 第三回 
十一月 『資本論』と現代社会 第二回 
十月  『資本論』と現代社会 第一回 
九月  日常生活の中で筋力アップ 
七月  心霊体験 
六月  性の多様性と日本 
五月  草々の見分け方 
四月  草々の力を借りれば 
三月  植物の薬効 
二月  森林療法
一月  森林と健康

十二月 森林の恵み 
十一月 知性あふれる植物 
十月  植物との対話 
九月  道ばたの草花 
七月  群衆心理 
六月  山岳信仰と修験道 
二月  日本の山岳信仰 
一月  地域民衆文化としての能

十二月 近代日本の絵画
十一月 江戸時代中期後期の絵画
十月  安土桃山・江戸時代初期の絵画
九月  鎌倉・室町時代の絵画
七月  平安時代の絵画
六月  日本絵画の歩み
五月  大相撲の静と動 
四月  世方と角界 
三月  くずし字で読む古文 第六回 
二月  くずし字で読む古文 第五回 
一月  くずし字で読む古文 第四回

 
       前回の問題 解答
 地元・栃木市出身で『路傍の石』の作者は、山本有三です。 
  
 

 
        今日の問題 
 スペイン王国でイスラム教からキリスト教へ改宗させられた人々を、何と呼んだでしょう。
 
 
  
    夢を実現する学習塾  開 進 学 園
        ホームページ

〈 イタリア半島とヨーロッパ /イベリア半島とヨーロッパ 〉12月のわくわく学習会

 11月のわくわく学習会のテーマは、「イベリア半島とヨーロッパ」でした。

 ヨーロッパ大陸の南西端となるイベリア半島は、ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸の接点にして、大西洋と地中海の接点です。
 内陸部の大半はメセータと呼ばれる台地(標高500m~800m)で、いくつもの山脈によって分断されています。
 したがって、気候も、植生も、多様です。

 イベリア半島へは、イベロ人やケルト人が渡来したのに続いて、フェニキア人やギリシア人などの地中海諸民族が植民市を建設しました。
 「イベリア」という名称は、ギリシア人の呼称に由来します。

 分断された地域ごとに、言語も様々です。
 そして、それぞれの言語圏ごとに、国家も分立してきました。
 スペイン最盛期のフェリペ二世でさえ、「スペイン国王」とは名乗れませんでした。 
 フェリペ二世の正式名称は、「カスティーリャ・レオン・アラゴン・両シチリア・ポルトガル・ナバーラ・グラナダ・トレード・バレンシア・ガリシア・マジョルカ・セビーリャ・サルデーニャ・クルドバ・ムルシア・ハモンの国王」でした。
 
 12月のわくわく学習会は、前回のテーマ・「イベリア半島とヨーロッパ」に続き、イタリア半島とヨーロッパの関係を学びます。

   < 12月のわくわく学習会 >
と き  12月10日(土) 14時00分~15時00分
ところ  開進学園
テーマ  イタリア半島とヨーロッパ
参加費  100円
連絡先  電話 043-273-6613(16時から)

page001

 

       前回の問題 解答
 出流原弁天池の湧水量は、一日当たり約2400㎥と言われています。
 この一日当たり湧水量は、25mプールの水量約540㎥の4.4倍です。
  
 

 
        今日の問題 
 「イスパニア」という名称は、何人の呼称に由来するでしょう。

  
    夢を実現する学習塾  開 進 学 園
        ホームページ

〈 イベリア半島とヨーロッパ / グレートブリテン島とヨーロッパ 〉11月のわくわく学習会

 10月のわくわく学習会のテーマは、「グレートブリテン島とヨーロッパ」でした。

 8世紀から9世紀にかけて、イングランドはヴァイキングの襲撃を受けます。
 11世紀前半には、ヴァイキングのクヌートが、デンマーク王とノルウェー王とイングランド王を兼ね、北海帝国が成立します。

 11世紀後半には、フランスのセーヌ川河口一帯を支配していたヴァイキングのギョーム二世が、イングランドも支配します。
 イングランドは、フランス語を話す王侯貴族の下、フランス文化に染まっていきます。

 14世紀から15世紀にかけて続いた百年戦争の結果、イングランドからフランス勢力が一掃されます。
 その結果、支配層も、民衆も、フランス語ではなく、英語を話すようになります。
 
 11月のわくわく学習会は、前回のテーマ・「グレートブリテン島とヨーロッパ」に続き、「イベリア半島とヨーロッパの関係」を学びます。

   < 11月のわくわく学習会 >
と き  11月19日(土) 14時00分~15時00分
ところ  開進学園
テーマ  イベリア半島とヨーロッパ
参加費  100円
連絡先  電話 043-273-6613(16時から)

page001

 < わくわく学習会 最近のテーマ >
十月  グレートブリテン島とヨーロッパ  
九月  ロシアの建国 
七月  ロシア帝国 
六月  森の中での自給自足 
五月 『共同幻想論』と国家の探究  第四回 
四月 『共同幻想論』と国家の探究  第三回 
三月 『共同幻想論』と国家の探究  第二回 
二月 『共同幻想論』と国家の探究  第一回 
一月 『資本論』と現代社会 第四回 

十二月 『資本論』と現代社会 第三回 
十一月 『資本論』と現代社会 第二回 
十月  『資本論』と現代社会 第一回 
九月  日常生活の中で筋力アップ 
七月  心霊体験 
六月  性の多様性と日本 
五月  草々の見分け方 
四月  草々の力を借りれば 
三月  植物の薬効 
二月  森林療法
一月  森林と健康

十二月 森林の恵み 
十一月 知性あふれる植物 
十月  植物との対話 
九月  道ばたの草花 
七月  群衆心理 
六月  山岳信仰と修験道 
二月  日本の山岳信仰 
一月  地域民衆文化としての能

十二月 近代日本の絵画
十一月 江戸時代中期後期の絵画
十月  安土桃山・江戸時代初期の絵画
九月  鎌倉・室町時代の絵画
七月  平安時代の絵画
六月  日本絵画の歩み
五月  大相撲の静と動 
四月  世方と角界 
三月  くずし字で読む古文 第六回 
二月  くずし字で読む古文 第五回 
一月  くずし字で読む古文 第四回

 

       前回の問題 解答
 オーランド諸島の面積は、千葉県の約37%です。
 
 

 
        今日の問題 
 18世紀のイギリス国王ジョージ一世(ドイツ人)は、イギリスを何回訪れたでしょう。
 

 
    夢を実現する学習塾  開 進 学 園
        ホームページ

〈 イベリア半島とヨーロッパ / グレートブリテン島とヨーロッパ 〉11月のわくわく学習会

 10月のわくわく学習会のテーマは、「グレートブリテン島とヨーロッパ」でした。

 紀元前後のころ、グレートブリテン島ではケルト系ブリトン人が、30ほどの部族に分かれて生活していました。
 そこへ、ローマ帝国の大軍が押し寄せてきます。
 グレートブリテン島の大半は、ローマ帝国の支配下に置かれますが、伝統的な文化は受け継がれます。

 5世紀になってローマ帝国の勢力が去ると、アングル人・サクソン人・ジュート人等々が、グレートブリテン島へ進出してきます。
 そのうちアングル人はグレートブリテン島の東南部から中央部にかけての地域を支配し、その地域は「アングル人の土地」を意味する「イングランド」と呼ばれるようになります。
 
 11月のわくわく学習会は、前回のテーマ・「グレートブリテン島とヨーロッパ」に続き、「イベリア半島とヨーロッパの関係」を学びます。

   < 11月のわくわく学習会 >
と き  11月19日(土) 14時00分~15時00分
ところ  開進学園
テーマ  イベリア半島とヨーロッパ
参加費  100円
連絡先  電話 043-273-6613(14時から)

page001

       前回の問題 解答
 佐倉市民花火大会の会場の一つ「神門」は、「ごうど」と読みます。
 
 

 
        今日の問題 
 イギリスの正式な国名は、何でしょう。
 

 
    夢を実現する学習塾  開 進 学 園
        ホームページ

〈 グレートブリテン島とヨーロッパ /ロシアの建国 〉十月のわくわく学習会

 九月のわくわく学習会のテーマは、「ロシアの建国」でした。

 1000年を前にして、キリスト教が東ヨーロッパへ浸透してきます。
 西方教会(ローマ)と東方正教会(コンスタンティノープル)が、競い合って布教を強めた結果、スラブ族は両派に分裂します。
 キーウ・ルーシ(キエフ・ルーシ)も、崩壊します。

 キーウ・ルーシ(キエフ・ルーシ)に替わってスラブ族の多くを支配してのは、ノブゴロドです。
 そこに、モンゴル族が侵入してきます。

 モンゴル族による支配を脱したのは、リトアニアです。
 しかし、リトアニアは西方教会(ローマ)だったため、東方正教会(コンスタンティノープル)系のスラブ族が猛反発します。
 その先頭に立ったのは、モスクワ公国です。
 モスクワ公国は、河川交通網による経済力を背景にして版図を広げ、ロシア帝国を形成します。
 
 十月のわくわく学習会は、前回までのロシア・スラブに続き、グレートブリテン島に焦点を当てて学びます。

   < 十月のわくわく学習会 >
と き  10月15日(土) 14時00分~15時00分
ところ  開進学園
テーマ  グレートブリテン島とヨーロッパ
参加費  100円
連絡先  電話 043-273-6613(14時から)
page001
 < わくわく学習会 最近のテーマ >
九月  ロシアの建国 
七月  ロシア帝国 
六月  森の中での自給自足 
五月 『共同幻想論』と国家の探究  第四回 
四月 『共同幻想論』と国家の探究  第三回 
三月 『共同幻想論』と国家の探究  第二回 
二月 『共同幻想論』と国家の探究  第一回 
一月 『資本論』と現代社会 第四回 

十二月 『資本論』と現代社会 第三回 
十一月 『資本論』と現代社会 第二回 
十月  『資本論』と現代社会 第一回 
九月  日常生活の中で筋力アップ 
七月  心霊体験 
六月  性の多様性と日本 
五月  草々の見分け方 
四月  草々の力を借りれば 
三月  植物の薬効 
二月  森林療法
一月  森林と健康

十二月 森林の恵み 
十一月 知性あふれる植物 
十月  植物との対話 
九月  道ばたの草花 
七月  群衆心理 
六月  山岳信仰と修験道 
二月  日本の山岳信仰 
一月  地域民衆文化としての能

十二月 近代日本の絵画
十一月 江戸時代中期後期の絵画
十月  安土桃山・江戸時代初期の絵画
九月  鎌倉・室町時代の絵画
七月  平安時代の絵画
六月  日本絵画の歩み
五月  大相撲の静と動 
四月  世方と角界 
三月  くずし字で読む古文 第六回 
二月  くずし字で読む古文 第五回 
一月  くずし字で読む古文 第四回

 
 
       前回の問題 解答
  鹿島神宮・要石の傍に掲げられている松尾芭蕉の句碑の○○○に入る語句は、「大地震」です。
  ○○○(おおなゐ)に びくともせぬや 松の花 
 
 

 
        今日の問題 
 モスクワとアゾフ海・カスピ海とを繋いでいるのは、何川でしょう。
 

 
    夢を実現する学習塾  開 進 学 園
        ホームページ

〈 グレートブリテン島とヨーロッパ /ロシアの建国 〉十月のわくわく学習会

 九月のわくわく学習会のテーマは、「ロシアの建国」でした。

 スラブ諸族は、紀元前800年ごろにはドン川西岸からヴィスワ川東岸の間に点在し、その後居住範囲を拡大し続けます。

 紀元800年から1000年にかけて、ノルマン人(古代スカンディナヴィア人)が、ヨーロッパ各地に移住してきます。
 ノルマン人の一部は、スラブ諸族を支配下に置き、キーウ・ルーシ(キエフ・ルーシ)という部族連合体を成立させます。
 経済的な基盤となるのは、バルト海ーボルホフ川ードニエプル川ー黒海を繋ぐ水上交易でした。

 交易から得られる富と、新たに受け入れたキリスト教を背景にして、スラブ諸族はそれぞれに独立した政治体制を整えていきます。
 その一つが、ロシアです。
 
 十月のわくわく学習会は、前回までのロシア・スラブに続き、グレートブリテン島に焦点を当てて学びます。

   < 十月のわくわく学習会 >
と き  10月15日(土) 14時00分~15時00分
ところ  開進学園
テーマ  グレートブリテン島とヨーロッパ
参加費  100円
連絡先  電話 043-273-6613(14時から)

page001

 
       前回の問題 解答
 「集落の境界に設置すると、災厄や疫病を退散させて集落内へ入ってこさせない」と信じられている、「お鹿島さま」とも呼ばれるのは、「大助人形」です。
 
 

 
        今日の問題 
 カスピ海と黒海に挟まれたカフカス山脈周辺から、ドン川西岸~ヴィスワ川東岸へ移住してきたのは、何種族でしょう。
 

 
    夢を実現する学習塾  開 進 学 園
        ホームページ

〈 ロシアの建国 /ロシア帝国 〉九月のわくわく学習会

 七月のわくわく学習会のテーマは、「ロシア帝
国」でした。

 18世紀のロシアでは、ピュートル一世から始ま
って、9人もの皇帝が交代し、政治的に混乱しま
した。
 混乱を招いた原因は、ピュートル一世の制定し
た「帝位継承法」が関係していそうです。

 ロシアの君主の地位は、最年長の皇子に継承さ
れる慣習でした。
 「帝位継承法」によれば、君主が望む者を次期君
主に継承できます。
 ロシアと繋がりがなくとも、ロマノフ家と血縁
関係がなくとも、現君主の裁量一つで、次期君主
を決められるようにました。

 エカチェリーナは、北方戦争で捕虜になった
後、出自も不明ながら、ピュートル一世の愛人と
なり、ピュートル一世の死後、エカチェリーナ一
世として即位します。
 
 九月のわくわく学習会は、前回のロシア史概観
に続き、ロシアの建国に焦点を当てて学びます。

   < 九月のわくわく学習会 >
と き  9月17日(土) 14時00分~15時00分
ところ  開進学園
テーマ  ロシアの建国
参加費  100円
連絡先  電話 043-273-6613(14時から)

page001
 
 < わくわく学習会 最近のテーマ >
七月  ロシア帝国 
六月  森の中での自給自足 
五月 『共同幻想論』と国家の探究  第四回 
四月 『共同幻想論』と国家の探究  第三回 
三月 『共同幻想論』と国家の探究  第二回 
二月 『共同幻想論』と国家の探究  第一回 
一月 『資本論』と現代社会 第四回 

十二月 『資本論』と現代社会 第三回 
十一月 『資本論』と現代社会 第二回 
十月  『資本論』と現代社会 第一回 
九月  日常生活の中で筋力アップ 
七月  心霊体験 
六月  性の多様性と日本 
五月  草々の見分け方 
四月  草々の力を借りれば 
三月  植物の薬効 
二月  森林療法
一月  森林と健康

十二月 森林の恵み 
十一月 知性あふれる植物 
十月  植物との対話 
九月  道ばたの草花 
七月  群衆心理 
六月  山岳信仰と修験道 
二月  日本の山岳信仰 
一月  地域民衆文化としての能

十二月 近代日本の絵画
十一月 江戸時代中期後期の絵画
十月  安土桃山・江戸時代初期の絵画
九月  鎌倉・室町時代の絵画
七月  平安時代の絵画
六月  日本絵画の歩み
五月  大相撲の静と動 
四月  世方と角界 
三月  くずし字で読む古文 第六回 
二月  くずし字で読む古文 第五回 
一月  くずし字で読む古文 第四回

 
 
       前回の問題 解答
 九々は、古くは「9 × 9」から始まり「1 × 1」で終わ
りました。
  

 
        今日の問題 
 ピュートル一世が「帝位継承法」を制定した1722
年当時、江戸幕府の征夷大将軍だったのは誰でし
ょう。

 
    夢を実現する学習塾  開 進 学 園
        ホームページ
  

〈 ロシアの建国 /ロシア帝国 〉九月のわくわく学習会

 七月のわくわく学習会のテーマは、「ロシア帝
国」でした。

 ロシア・ウクライナ戦争は、勃発から半年を
過ぎても、一向に収束する気配が見えません。

 ロシアは、遡ること300年前の1700年から17
21年までの21年もの長きに渡り、スウェーデ
ンとの間で、バルト海域の覇権を巡る北方戦争
を起こしています。
 
 ロシアは、戦争の初期には敗退していたもの
の、最終的には逆転します。
 その結果、バルト海域の覇権を握るととも
に、奪取した沿海部の要塞跡に、新たな首都と
なるサンクト・ペテルブルクを建設します。
 時のピュートル一世は、皇帝となり、大帝と
も名乗るようになります。 
 
 九月のわくわく学習会は、前回のロシア史概
観に続き、ロシアの建国に焦点を当てて学びま
す。

   < 九月のわくわく学習会 >
と き  9月17日(土) 14時00分~15時00分
ところ  開進学園
テーマ  ロシアの建国
参加費  100円
連絡先  電話 043-273-6613(14時から)

page001

 
 
       前回の問題 解答
 スヴァールバル諸島(ロングイェールビーン)
の八月の平均最低気温は、2.0℃です。
  

 

        今日の問題 
 ロシアは、北方戦争初期の敗退により壊滅した
軍隊を再編するため、何を創設したでしょう。

 
    夢を実現する学習塾  開 進 学 園
        ホームページ

〈 ロシア帝国 /森の中での自給自足 〉七月のわくわく学習会

 六月のわくわく学習会のテーマは、「森の中で
の自給自足」でした。

 ヘンリー・D・ソローは、二年と二か月の間、
森の中で、たった一人自給自足の生活を送りま
した。

 近くに人がいない生活に不安を覚えました
が、すぐに解消します。
 降り出した雨の一粒一粒に、「親しみと友
情」を得たからです。

 「衣」は、体の活力を維持できれば、それだけ
で充分です。
 人から見られることを、気にしなくていいか
らです。

 「食」は、農業に大変な労力をつぎ込んでいる
人々と分け隔てなく、太陽が恵みをもたらして
くれます。

 「住」は、一間だけの小屋住まいが、いくつも
の部屋に分かれている家より、ありとあらゆる
暮らしの愉しみを満喫できます。

 総じて、生活を簡素にすればするほど、生活
は豊かになるようです。
 
 七月のわくわく学習会は、現ロシア連邦の礎と
なる、ロシア帝国について学びます。

   < 七月のわくわく学習会 >
と き  7月16日(土) 14時00分~15時00分
ところ  開進学園
テーマ  ロシア帝国
参加費  100円
連絡先  電話 043-273-6613(14時から)

page001
 
 
 < わくわく学習会 最近のテーマ >
六月  森の中での自給自足 
五月 『共同幻想論』と国家の探究  第四回 
四月 『共同幻想論』と国家の探究  第三回 
三月 『共同幻想論』と国家の探究  第二回 
二月 『共同幻想論』と国家の探究  第一回 
一月 『資本論』と現代社会 第四回 

十二月 『資本論』と現代社会 第三回 
十一月 『資本論』と現代社会 第二回 
十月  『資本論』と現代社会 第一回 
九月  日常生活の中で筋力アップ 
七月  心霊体験 
六月  性の多様性と日本 
五月  草々の見分け方 
四月  草々の力を借りれば 
三月  植物の薬効 
二月  森林療法
一月  森林と健康

十二月 森林の恵み 
十一月 知性あふれる植物 
十月  植物との対話 
九月  道ばたの草花 
七月  群衆心理 
六月  山岳信仰と修験道 
二月  日本の山岳信仰 
一月  地域民衆文化としての能

十二月 近代日本の絵画
十一月 江戸時代中期後期の絵画
十月  安土桃山・江戸時代初期の絵画
九月  鎌倉・室町時代の絵画
七月  平安時代の絵画
六月  日本絵画の歩み
五月  大相撲の静と動 
四月  世方と角界 
三月  くずし字で読む古文 第六回 
二月  くずし字で読む古文 第五回 
一月  くずし字で読む古文 第四回

  
 
       前回の問題 解答
 6月26日から7月10日までの二週間、千葉での
降水量が最大だったのは、6日の1mmでした。

  
 
        今日の問題 
 次の( )に入る語句は、それぞれ何でしょう。

 簡素に賢く暮らせば、地球で自分の身を養って
いくことはなんら( )ことではなく、( )と信じ
ており、経験からもそうと確信しました。
 『ウォールデン 森の生活』
   ヘンリー・D・ソロー著 今泉吉晴訳 小学館

  
 
    夢を実現する学習塾  開 進 学 園
        ホームページ

〈 ロシア帝国 /森の中での自給自足 〉七月のわくわく学習会

 六月のわくわく学習会のテーマは、「森の中で
の自給自足」でした。

 現在の私達は、川へ行かなくても、家の中で洗
濯できます。
 山へ行かなくても、燃料は事足ります。

 しかし、川へ洗濯をしに行かなくなったため
に、桃太郎と出会う機会を無くしてはいないで
しょうか。
 山へ柴刈りに行かなくなったために、かぐや
姫と出会う機会を無くしてはいないでしょうか。 

 「昔は不便だった、骨が折れた」と語られてきま
したが、森の中で一人暮らしを実践してみてまと
めたのが、次の著作です。
 『ウォールデン 森の生活』
  ヘンリー・D・ソロー著 今泉吉晴訳 小学館

 その実践例によれば、自らの手でなし得る自給
自足の生活がいかに楽しいかが、沸々と伝わって
きます。

 七月のわくわく学習会は、現ロシア連邦の礎と
なる、ロシア帝国について学びます。

   < 七月のわくわく学習会 >
と き  7月16日(土) 14時00分~15時00分
ところ  開進学園
テーマ  ロシア帝国
参加費  100円
連絡先  電話 043-273-6613(14時から)

page001

 
       前回の問題 解答
 「卵⇒幼虫⇒蛹⇒成虫」と変化するのは、完全変
態です。

  
 
        今日の問題 
 次の「 」に入る数字は、何でしょう。

 一年につき「 」週間ほど働けば、暮らしに必要
なあらゆる代価をまかなえることを、発見しまし
た。
 『ウォールデン 森の生活』
  ヘンリー・D・ソロー著 今泉吉晴訳 小学館

  
 
    夢を実現する学習塾  開 進 学 園
        ホームページ