春告げる 蕗の薹 ふきのとう

 落ち葉を掻き分けると、蕗の薹が話しかけてきます。
 「寒い冬の間は、落ち葉の布団の中でぬくぬく。
  もう春だから、起きようっと。」

 蕗の薹の花言葉は、「待望」。
 待ちこがれた春が来たことを、告げてくれます。
  
 蕗の薹には、胃や腸を整えたり、咳を止める、働きがあります。
 独特の苦みが、春先の身体に良い効果を与えてくれます。
   
 薹の漢字を分解すると、「艹」+「吉」+「冖」+「至」。
 吉をもたらす、花茎です。
       開進学園 ホームページ
    
 

春告げる 蕗の薹 ふきのとう」への2件のフィードバック

  1. 良薬は口に苦しですね。
    ふきのとうは学園の近くで
    撮影したのですか?

  2.  佐倉市の義父宅の庭で、蕗の薹を見つけました。
     周りは、木々や竹の林です。もうじき筍も、顔を出すでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です